プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社Builds
会社概要

過去最多の東大合格者を輩出!「スタディコーチ」が導入した意識改革とは? 〜東大式学習ノウハウと「難関大セミナー」の実態に迫る〜

株式会社Builds

株式会社Builds(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:橋本 竜一、以下「Builds」)が運営する「スタディコーチ」は、東大式個別指導塾として、オンラインを中心にコーチング型の学習塾を展開しています。

総勢300名以上の東大コーチが在籍し、中学受験から大学受験まで幅広い世代に最高峰の学習計画ノウハウを提供しています。2022年度より始動したオフライン校舎事業も、直営・FC校と続々と開校し、わずか1年半で10校舎まで展開しています。また、教育事業の一環として学校講演会を定期的に開催し、学習ノウハウを様々な場所で提供しています。

今回、史上最多の東大合格者を輩出した神奈川大学付属高等学校(以下、「神大附属高校」)での講演会を実例に、参加者・学校側のインタビューを通じて、学校講演会の実態とその効果について詳しくご紹介します。


■学校史上最多の東大合格者を輩出!

神奈川県の中高一貫校として知られる「神大附属高校」ですが、群雄割拠の神奈川進学校の中では、それほど上位には位置していませんでした。しかしながら、スタディコーチが「神大附属高校」への講演会を開始した2021年頃より、進学実績は右肩上がりになり、昨年度はなんと、学校史上最多の4名の東大合格者を輩出するまでに至りました。


■「難関大セミナー」の実態

受験への意識改革

スタディコーチが実施する「難関大セミナー」では、最難関大学を目指す上での大切な意識づけを提供しています。多くの受験生には、受験への動きだしの遅さや、取得する受験情報が少ないという傾向があります。そうした傾向が、最難関大学への壁を作り、自分の限界を決めてしまっていると考え、我々は「意識改革」を重要視しました。

低学年から東大を意識させ、受験までの道筋を明確化することで、日々の取り組みの改善を図りました。また、「情報と環境が整えば誰でも最難関大学を目指すことができる」という言葉をテーマに、中堅校にありがちな自信の無さを払拭しています。こうした「意識改革」は、学校全体の視座を高め、より高みを目指す環境を作り出しました。

学習計画の重要性

スタディコーチが誇る最高峰の学習指導ノウハウをもとに、大学受験合格から逆算して計画を立てる重要性を浸透させることを目的としています。「勉強量×質の最大化=学力向上」という方程式を立て、部活などが忙しくて時間が少ない学生でも、効率よく勉強することで大学合格に繋がることを強く訴えかけています。また、スタディコーチに在籍する東大生から情報蓄積した「東大勉強大全」を引き合いに出しながら、実際に東大に合格する受験生の勉強法を提供しています。

【東大勉強大全の申込はこちら】

公式LINEからお申し込みいただけます。友達追加は以下のリンクから追加ください。

https://lin.ee/4VEkxPr

進学校の常識

実際に最難関大学を目指す多くのライバルたちが、どんなことをしているのかを把握することで、受験への向き合い方を改善します。進学校出身のスタッフを招き、ほぼ全員が東大を目指す高校での常識を植え付けました。全校生徒の意識の高さや、必要な受験情報が下級生のうちからすべて手に入るといった、進学校ならではの当たりまえを知ることで、今すぐにやるべきことが明瞭になり、現状に妥協しない環境を提供しました。


■参加者インタビュー

T・Hさん(2023年卒)

《経歴》
高校3年時に「難関大セミナー」を受講し、現役時は惜しくも東京大学に不合格となるも、1年間の浪人期間を経て、日本最高峰の理科Ⅲ類の合格点を上回る点数で理科Ⅱ類に合格。現在は、スタディコーチの指導スタッフの一人として、受験生たちへの学習指導を行っています。

《コメント》

  • 講演会で一番勉強になった話
    筑駒や開成などの最上位進学校が、どれくらい勉強進んでいるのかがわかった。同じ大学を志すライバルとして、いつまでに何ができるようになれば良いのか分かったことで、高い水準で逆算して学習を考えることができた。

  • 講演会を受け意識がどう変化した?
    進学校の人たちに追いつけるように勉強頑張れた。計画を立ててそれを実行し、必要があれば修正するということを徹底した。


■学校側インタビュー

進路指導部教諭 N先生

《コメント》

講演会を導入したきっかけ
そもそもは東大合格者が0になってしまった2019年、巻き返しを図るべく何らかの刺激を与えたいと思ったことがきっかけ。卒業生の橋本さんとは、それまでも私的に神大附属の今後や進路の在り方についてお話はしていたので、(ちょうどそのときにわたしも進路部次長という立場となり)満を持してオフィシャルに、という流れ。

講演会を受講後、生徒たちにはどんな変化が

  • 中高を同じ空間で過ごし、東大受験を乗り切った代表の話は生徒にとっての一つのロールモデルとして機能します。「わたしもやってやろう!」という動機付けに。

  • 「東大を当たり前に志望し、当たり前に合格していく有名校」を卒業した子たちのお話や経験は、自分がこれから闘って(そして勝たねばならない)いくライバルたちの日常を知るきっかけとなり、より高い目線で目標に向かっていくことを可能とします。「井の中の蛙大海を知らず」という状況を生まなくなるし、むしろ井の中に居ながら、東大受験という世間の当たり前を知ることが出来るので、自律・自立的な学習を可能とするかと思います。

  • 講演会後に、隙間時間を大切にして、英単語帳を持ち歩く生徒(しかも高1)が現れています。

講演会を導入することのメリット

  • 文字に起こせば同じ情報だとしても、「東大受験をやりきった先輩」や名門校を卒業した現役学生の口から語られると、生徒にとって大きな影響力を伴って機能するコトバとなります。

  • 生徒の横について何もかもを教え込んでいく、というスタイルではなく、受験生のペースメーカー的に、何をどの時期にしていくべきかといった情報をいただき、それをもとに生徒自身が考えていく、というスタイルは受験勉強だけに活きるわけではありません。情報を基に、今自分が何をすべきか考え、取り組み、講演者やコーチからの助言を得て修正しまた取り組みを進める、こういったフローを早い内から身につけることは有用な人材を社会に輩出するという点においても有意義なことと考えます。


■スタディコーチサービス概要

「スタディコーチ」は、最難関大学である東京大学に合格した講師陣による、学習計画管理や学習ノウハウの指導など、徹底したコーチング指導を提供するサービスです。

授業をするのではなく、東大生が自信の受験経験をもとに、生徒一人ひとりにあった完全オーダーメイドの学習計画を作成いたします。

まず、現在の学習状況や使用している参考書などのヒアリングを行い、志望校から逆算した年間学習計画を作成します。そこから毎週の面談で週間学習計画表を作成し、フィードバックを行うことで、最大限効率を上げながらモチベーションを維持して継続することができます。

また、オンライン指導であることにより、講師との相性の不一致はなく、300名以上在籍する東大生コーチの中から理想のコーチとマッチングすることが可能です。


■スタディコーチの講演会をご希望の学校関係者向け

下記メールアドレスまでご連絡ください。

studycoach@builds.ventures


無料体験授業について

  • 勉強頑張りたいんだけど何をやればいいの...今の勉強続けていいのかわからなくて不安...

  • モチベーションが続かない...誰か自分を管理してくれる人がいたら頑張れるのに...

このようなお悩みがある場合には是非一度、無料体験にお越しください!

こちらのリンクから「無料体験に申し込む」でお問合せください。

https://studycoach.co.jp/contact/


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社Builds

9フォロワー

RSS
URL
http://builds-inc.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都 新宿区西新宿7丁目18−19 新宿税理士ビル第2別館佐竹ビル 佐竹ビル 222号室
電話番号
03-6721-0231
代表者名
橋本竜一
上場
未上場
資本金
7975万円
設立
2017年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード