NTT川崎ビルと保育園の2箇所で「分散栽培」、今年も屋上緑化に取り組みます

苗植えを楽しむ園児たちとNTT東日本社員がオンラインで交流

東日本電信電話株式会社 川崎支店(支店長:立野恭伸、以下「NTT東日本 川崎支店」)では、2010年からNTT川崎ビル(住所:川崎市川崎区宮前町8-6)の屋上緑化活動に取り組んでいます。
川崎で成長を続ける次世代を担う保育園児とともに、土に触れ、緑を育て、豊かな自然を未来に「つなぐ」活動も、今年で13年目を迎えます。
例年、NTT川崎ビルの屋上に保育園児を招待し、NTT東日本社員と一緒に苗植会を行っておりましたが、2年前から新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、NTT川崎ビルと保育園の2箇所で「分散栽培」を行っています。

今年も5月25日(水)に保育園<*>に土と苗(さつまいも、ゴーヤ)、ひまわりの種など一式を渡し、オンラインで交流を行い、栽培をお願いしました。
<*>あすいく保育園(住所:神奈川県川崎市川崎区日進町22-14)

■実施模様

■参加した園児の感想等

20名の園児が参加し、先生の言うことを聞きながら、一生懸命、苗植えをしてくれました。
「おいしいおイモがたくさんとれるように、頑張って植えました!」
「毎日、水やりを頑張る!」
「この葉っぱがおイモになるんだね、大きく育つのが楽しみ!」

■NTT東日本 立野川崎支店長のコメント

「あすいく保育園の皆さんと、今年も一緒に苗植ができてうれしく思います。
コロナ禍の影響で今年度も分散栽培となって残念ではありますが、こういう形でも一緒に交流でき、園児の皆さん の元気な姿を見ることができ、地域のみなさまとのつながりを実感いたしました。
秋の収穫祭では大きく成長したサツマイモを一緒に収穫できることを切に願います。」

■SDGsとの関わり

 

(1)目標11:住み続けられるまちづくりを


・屋上緑化による保育園との交流を通じて、地域のコミュニケーション活性化を促し、「だれも取り残さない・だれもが参加できる形の持続可能なまちづくり」に貢献していきます。

(2)目標13:気候変動に具体的対策を


・屋上緑化を促進することで、二酸化炭素抑制等の環境負担軽減に貢献していきます。

 

■今後に向けて

NTTグループは、これまでもICTを活用した製品やサービスを通じて社会的課題の解決を図り、持続可能な社会の実現に貢献してきました。そこで、NTTグループは2016年9月に国連の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」に対する賛同を表明しました。同時に、グループ各社ではSDGsの17の目標と自社の事業の関連づけを行い、目標達成に向けて取り組んでいます。<*2>
<*2>https://group.ntt/jp/csr/sdgs/

NTT東日本川崎支店は、第4回目応募(2021年12月20日締め切り)において、「かわさきSDGsゴールドパートナー」へ認証されました。<*3>
NTTグループ全体としての取り組みに加えて、「人と人の結びつきの場の提供、つながりの充実・強化、街の活性化」に貢献する「地域をつなぐ取り組み」にも積極的に取り組み、健康経営をさらに推進していくことで、川崎市、かわさきSDGsパートナー企業・ゴールドパートナー企業とともに、「誰一人取り残さない」持続可能な未来を目指して、SDGsを推進してまいります。
<*3>https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20220407_001.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東日本電信電話株式会社 >
  3. NTT川崎ビルと保育園の2箇所で「分散栽培」、今年も屋上緑化に取り組みます