​リトルプラネット、首都圏の一部店舗で10月1日から「半年パス」の販売をスタート

 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)を全国11か所に展開する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は10月1日(木)より、お台場・新三郷・松戸の3店舗限定で、お得な「半年パスポート」(以下、半年パス)の販売を開始いたしました。


■リトルプラネットの半年パス 3つのポイント
①半年間、何度遊んでも親子ペアで5,000円!
 家族の予定やお子さまの体調・気分に合わせて、好きなときにいつでも何度でもリトルプラネットをご利用できます。お子さま2名の場合は7,500円、3名の場合は10,000円となっており、家族構成にあわせて選ぶことができます。また、同伴者としておとなの方のみ追加で1名まで無料で一緒にご入場いただくことができます。

②入場後でも差額を払えば切り替え可能!
 リトルプラネットでは多数のデジタルアトラクションをご用意していますが、お子さまひとりひとりの個性によってその反応もさまざまです。そこで、”まずは一度体験してみてから半年パスの購入を検討したい”という方のために、ご退場時に差額をお支払いいただければ、その場で半年パスに切り替えることができるようにしました。

③グッズ購入やワークショップの料金がお得に!
 半年パスをお持ちの方は、リトルプラネット併設のギフトショップをいつでも10%オフでご利用できます。また、パーク内で定期的に実施している工作ワークショップに何度でも100円割引でご参加できます。(感染防止のためワークショップは現在不定期での実施となります) 

<半年パスの概要>
●料金(税込)
・おとな1名+子ども1名 5,000円
・おとな1名+子ども2名 7,500円
・おとな1名+子ども3名 10,000円
※子ども4名以上の場合は、恐れ入りますが追加でお子さまの入場チケットをお買い求めください。

●対象パーク
・リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザ(東京都江東区)
・リトルプラネット ららぽーと新三郷(埼玉県三郷市)
・リトルプラネット KITE MITE MATSUDO(千葉県松戸市)
※いずれも購入パークのみでご利用が可能です。

●利用対象日
各パークの全営業日
※半年パスの有効期限内に、パークや商業施設の都合で臨時休業や営業時間の変更が発生する場合があります。これによる返金や有効期限の延長は行いませんのであらかじめご了承ください。

●有効期限
購入日から半年後の前日まで(例:2020年10月1日購入の場合、2021年3月31日まで)

●購入場所・方法
対象パークの店頭にて購入可能
※Webサイトからは購入できません。
※購入時はおとなの方の身分証明書が必要です。

<ご注意事項>
・今後の販売状況に応じて、予告なく販売を休止させていただく場合があります。何卒ご了承ください。
・2人目のお子さまが2歳以下の場合は、半年パスに限らずいつでも無料でご入場できます。2歳のお子様が半年パスの有効期限内にお誕生日を迎えた場合、これ以降はご入場時に追加でチケットをご購入いただく必要があります。
・他のクーポン、割引との併用不可です。
・半年パスをご利用の際は、ご入場時におとなの方の身分証明書(保険証、免許証、マイナンバーカード等)を確認させていただきます。必ずご持参いただきますようお願いいたします。
・その他、ご不明な点は公式サイトよりご確認ください。URL:https://litpla.com/halfyear/

■半年パス導入の背景
 リトルプラネットではこれまで、時間制チケットおよび1日フリーパス(10月1日より販売再開)の2種のチケットを販売してまいりましたが、繰り返しご来場されるゲストの皆様より、より長期にわたり気軽にご利用できるパスポートチケットを希望する声を以前より多数いただいており、検討を続けてまいりました。

 こうした中、コロナ下において約4か月間にわたり独自の感染防止策(全員に一度ご退場いただく消毒・換気タイムの導入、フリーパスの販売休止、営業時間の大幅短縮、入場定員の制限など)を施して運営を行う中、各地の保護者の皆さまより、「1日に短時間だけでも子どもたちが思いっきり遊べる場所が欲しい」といったご要望を数多くいただいてまいりました。こうした声にお応えし、まずは首都圏3か所において、定額にて何度でもリトルプラネットをご利用いただける半年パスの試験導入を決定いたしました。
 今後は感染状況やお客様のご利用状況などを鑑みて、導入エリアの拡大を検討してまいります。 


【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか名古屋・大阪・福岡など全国11箇所に常設パークを展開しています。
現在、運営方法を一部変更して営業しています。詳細は公式サイト(https://litpla.com/)をご覧ください。


-----------------------------------------------
【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者 :代表取締役CEO 後藤 貴史
住所 :東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立 :2016年9月
事業内容 :テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL :http://placeholder.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレースホルダ >
  3. ​リトルプラネット、首都圏の一部店舗で10月1日から「半年パス」の販売をスタート