「令和2年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈について

2020年7月17日

 このたびの「令和2年7月豪雨」でお亡くなりになられた方々に対しまして、心からお悔み申しあげますとともに、被災された方々には謹んでお見舞い申しあげます。

 アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)では、このたびの豪雨により被災された皆様の支援や被災地の復興にお役立ていただくため、1,000万円の義援金を日本赤十字社に寄贈いたします。

 また、災害救助法が適用された地域のご契約者様について、特別取扱いを実施しております。詳しくは弊社ホームページ(https://www.aflac.co.jp/info/saigai/)にてご確認ください。

 一日も早い復旧と復興を心よりお祈り申しあげます。


                                                 以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アフラック生命保険株式会社 >
  3. 「令和2年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈について