パナソニックのマンションHAシステムとビットキーのデジタルキーが連携 マンションのオートロック解錠サービスを開始

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、以下ビットキー)とパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、以下パナソニック)エナジーシステム事業部は、パナソニックが提供するマンションHAシステムとビットキーの「bitkey platform」を連携させたマンションのオートロック解錠サービス(以下、本サービス)の提供を目的に、業務提携契約を締結したことをお知らせします。なお本サービスは2022年8月1日に開始予定です。

本サービスと様々な事業者との関係図(概念図)本サービスと様々な事業者との関係図(概念図)

■協業の背景
近年、EC市場規模の拡大に伴い宅配荷物量が増加し、受取人不在時の再配達率の高さが社会問題となっています。その解決策として宅配ボックスの設置や置き配など、不在時の受け取り方の多様性が増す一方で、オートロック式集合住宅の割合が高まるにつれて、配達員が専有部玄関前に置き配できない新たな課題が生まれています。

また、新型コロナウイルス感染症拡大やライフスタイルの変化により、ネットスーパーや宅食といった宅配需要が急増し、サービス提供・配達のための人材不足が深刻化しています。

こうした中で、あらゆるものをシームレスにつなぐコネクトプラットフォームやセキュリティ性の高い認証技術を保有するビットキーと、マンションインターホンメーカーのリーディングカンパニーのパナソニックは、両社の強みを生かし、前述の課題を解決することを目的として、今回の協業に至りました。

■本サービスについて
本サービスは、配送事業者やネットスーパー、家事代行サービスなどの事業者が、パナソニックのマンションHAシステムが導入されたマンションにて、ロビーインターホンの操作によりオートロックを一時的に解錠し、荷物やサービスを提供できるものです。bitkey platformとマンションHAシステムが連携することで、配達員や家事代行スタッフの保有している権限に応じて、一時的に利用可能なデジタルキーの発行が可能となります。
利用者それぞれに以下メリットがあります。
事業者        :本サービスの技術活用で、配送/サービス提供効率が向上します。
            再配達率低下によるCO2排出量の削減や、配達員への負荷を減らします
居住者        :不在時でも玄関前置き配などを利用できます
            日中の不在や、Web会議中で応対できないなど多様なライフスタイルに対応します
マンション管理/保有者:本サービスの採用で高いセキュリティの元、置き配対応物件が実現します。
            宅配ボックス不足の課題解決や居住者満足度の向上にもつながります。

ビットキーとパナソニックはこの取り組みを通じて、マンション居住者の利便性向上を実現するとともに、マンションでサービス提供を行う事業者の業務効率化を通じて、持続可能な物流・サービスインフラづくりに貢献いたします。
 

 

マンションHAシステムClouge Iシリーズ(左:ロビー用 右:住戸用)マンションHAシステムClouge Iシリーズ(左:ロビー用 右:住戸用)

■マンションHAシステムについて

 

マンションHAシステムとは、マンションの設備機器を管理するシステムです。パナソニックのマンションHAシステムはロビーおよび住戸用のインターホンによるセキュリティ機能に加え、自動応答機能など、コミュニケーション時に役立つ特長があります。

※HAはHome Automation(ホーム・オートメーション)の略


■本サービスに対応する事業者について
本サービスは配達や家事代行などの事業者と連携することで、マンション居住者へサービス提供が可能となります。対応する事業者は順次発表いたします。

■bitkey platformについて
認証・認可、ID連携、分散システム、暗号化技術などを研究し、独自に組み合わせて応用・開発した“世界中のあらゆるものを柔軟につなぐ”ID連携・認証、権利処理のデジタルコネクトプラットフォームです。旧来の、IDを1つに“統合”する考えとは異なり、各事業者の提供するサービスそれぞれのIDは残したまま、ID-Hubを提供することで、さまざまなサービスを“つなぐ”ことができる新しい概念をもっています。bitkey platfromと連携する代表的な製品として、ビットキー提供するスマートロックbitlock シリーズや暮らしのコネクトプラットフォームhomehubなどがあります。

■homehubについて
人それぞれ快適な暮らしを送るために、暮らしとサービス/モノの間に存在する「分断」をなくし、新しいライフスタイルを実現させるためのコネクトプラットフォームです。ビットキーが提供するサービスやモノに限らず、他社の提供するサービスやモノとも連携が可能です。また、IoT家電や、置き配・家事代行サービスなど自宅で利用するサービスだけでなく、地域の共有施設や街においても、モノやサービスを連携させることで、暮らしにおいて一貫した体験を得ることができます。

■株式会社ビットキーについて
デジタルコネクトプラットフォーム「bitkey platform」をもとに、世界中のあらゆるものを柔軟につなぐことを⽬指すスタートアップです。Home、Work、Experienceの3つ事業領域において、「homehub」「workhub」「experiencehub」の3つのコネクトプラットフォームを提供しており、連携可能な自社開発のスマートロックは2019年12月にスマートロック国内累計販売台数調査*でNo.1を獲得しています。*株式会社日本マーケティングリサーチ機構調べ

社名  : 株式会社ビットキー
本社  : 東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン9F
代表者 : 代表取締役CEO 江尻祐樹(えじり・ゆうき)
     代表取締役COO 福澤匡規(ふくざわ・まさき)
     代表取締役CCO 寳槻昌則(ほうつき・まさのり)
創業  : 2018年8月1日
資本金 : 12,036,920,300円(2021年9月30日現在 資本準備金を含む)
事業概要: デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発
     Home/Workspace/Experience領域のコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
     上記プラットフォームと連携するプロダクトおよびサービスの開発・販売・運用
     ※「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. パナソニックのマンションHAシステムとビットキーのデジタルキーが連携 マンションのオートロック解錠サービスを開始