飲食企業『株式会社ファイブグループ』が国内111店舗で地域の子ども食堂を支援する『茶リティープロジェクト』を開始

お客様と共に地域貢献を推進するサスティナブルで新しい飲食店の在り方を。

”「楽しい」でつながる世界をつくる”をミッションに掲げる飲食カンパニー『株式会社ファイブグループ』(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史 以下ファイブグループ)はミッションを体現するプロジェクトとして、2021年5月5日子どもの日より国内111店舗でチャリティーメニューを順次導入開始し、店舗展開地域の「子ども食堂」への支援を中心としたお客様と共に地域と店舗をつなぐ『茶リティープロジェクト』を本格的にスタートいたします。

 

『茶』リティープロジェクト概要

 

▼背景と目的
ファイブグループは「”楽しい”でつながる世界をつくる」という経営理念のもと、その一歩を各店舗の出店地域でつくっていくことを宣言しています。
この宣言に基づき、2020年は藤沢にて子ども食堂の開催、さいたま・平塚・横浜にて子ども食堂へのお弁当提供および活動参加、新宿・池袋にて生活困窮者の方へのお弁当提供を実施してまいりました。
この輪をさらに広げ、各店舗がより地域と深くつながり「楽しい」を生み出していけるように、今回は地域のお客様と”共に”地域貢献活動を拡大するべく、全店舗でチャリティーメニューを導入することとなりました。

 

 

 



▼実施内容
ファイブグループの全店舗にてチャリティーメニュー『茶リティー』を導入。
ファイブグループの運営する各店内にて以下のようなご案内。お客様には美味しいお茶ハイ・オリジナルの黒烏龍茶をお得に楽しんでいただきつつ、一杯あたり10~50円(※店舗によって設定が異なります)を出店地域の子ども食堂支援活動への寄付としてお預かりいたします。
寄付金をもとに、社内のアルバイトさんも含めた有志で実際に自社の店舗で子ども食堂を開いたり、すでに定期開催されている地域の子ども食堂さんに出張支援を実施いたします。
集まった金額と子ども食堂支援活動の様子は随時各店内でも共有し、お客様が「地域と楽しいでつながる」実感を得られることを目指します。

《先駆けとなった店舗のレポートはこちら》
『串とあて巻き 大悟』藤沢店
https://note.com/5ivegroup/n/n00d1a9cbd04d

 



▼スケジュール
2021年5月5日(水)こどもの日より、国内約111店舗で順次開始

▼実施ブランド


【自社ブランド】
・居酒屋いくなら俺んち来い
・居酒屋いくなら俺んち来る?~宴会部~
・行きたくなる酒場 浜ちゃん
・旨串とりとん
・俺たちのとりとん
・燻し家もっくん
・ととりとんくん
・とととりとん
・焼き鳥 さかもと
・串とあて巻き 大悟
・酒呑んで飯食って蛙之介
・ガブ飲み処 鬼ぞりゴリラ
・cafe&dining Pecori
・Pecori
・牛かつもと村
・とんかつもと村
・スパゲッティーのパンチョ
・キッチンパンチョ
・ローストビーフ専門店 ローストビーフ大野
・洋食 大野亭
・手作り食堂 大野亭
・ステーキロッヂ
・ビーフストロガノフ専門店 ガノフ屋
・らぁ麺 さわ田

【フランチャイズブランド】※店舗により形式が変更になる場合があります
・串カツ田中
(秋津/大船/千葉/多摩センター/所沢/秋葉原昭和通り/浜松モール街/吉祥寺/上石神井公園/調布/京成大久保/朝霞台/代々木)
・肉汁餃子のダンダダン
(大宮/本厚木)
・半兵ヱ
(吉祥寺)
・串屋横丁
(吉祥寺)
・Gongcha
(横浜・赤羽・二子玉川)
・立ち食い焼肉 治郎丸
(秋葉原)

▼主な対象地域
【東京】
・武蔵野エリア
・新宿エリア
・渋谷エリア
・世田谷エリア
・国分寺エリア
・練馬エリア
・府中エリア
・千代田エリア
・調布エリア
・町田エリア
・墨田エリア
・多摩エリア
・立川エリア
・豊島エリア
・台東エリア
・大田エリア
・代々木エリア
・港エリア
・中央エリア
・北エリア

【千葉】
・千葉エリア
・習志野エリア
・朝霞エリア
・船橋エリア
・柏エリア
・市川エリア

【神奈川】
・川崎エリア
・鎌倉エリア
・藤沢エリア
・厚木エリア
・平塚エリア
・相模原エリア

【埼玉】
・さいたまエリア
・所沢エリア

【静岡】
・浜松エリア

【大阪】
・大阪エリア

【福岡】
・福岡エリア

 

5iveGROUPの地域貢献ポリシー

 

私たちの存在意義である「”楽しい”でつながる」ことを土台とし、ブランドや店舗を通じて生まれる人と人の”つながり”を地域貢献の本質としています。

更に会社としても、店舗を超えた”つながり”の機会をつくりお客さん、スタッフ、地域の関わりの幅を広げることで、働くスタッフに対しても「自分がこの地域で、このお店で、ファイブで働く意味」を深め、働きがいの向上につなげていきます。
 




――――――――――――――――――――――――――――――
21世紀を代表する飲食カンパニーへ
――――――――――――――――――――――――――――――
2020年2月、ファイブグループは経営理念を一新し、“21世紀を代表する飲食カンパニーになる”というビジョンを掲げました。大前提として社員・アルバイトを含む全員の健康を守り、安心して楽しさをつくり、お客さまの“また来たい”を生み出す。そして、全員で飲食業界のイメージを変えるくらい“働きがい”のある職場を作る。それが、私たちの目指す“21世紀を代表する飲食カンパニー”の姿です。
 


■社名
株式会社ファイブグループ
■設立
2003年6月30日
■本社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル7F
■代表取締役社長
坂本 憲史
■従業員数
1882人(正社員324名・アルバイト1558名)
■事業内容
飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営・店舗プロデュース事業
■受賞
GPTW「働きがいのある会社ランキング」6年連続受賞
経済産業省「健康経営優良法人」4年連続認定
社内報アワード2020受賞
■公式HP
http://five-group.co.jp/
■ファイブグループを伝えるオウンドメディア
https://note.five-group.co.jp/
■公式アカウント
Twitter:https://twitter.com/5ivegroup
Instagram:https://www.instagram.com/5ivegroup_official/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCiCrUngRmaeDDNfo5a4lZaw

2003年に東京吉祥寺にて創業。「楽しさ」の体験を軸とした圧倒的なコミュニケーションの接客スタイルで、店内にトイレもない地下24坪の居酒屋出店1店舗目で地上まで行列が出来る支持をうける。
2020年、社会に「楽しい」という感情でもっと貢献していきたいという想いの元、経営理念を”「楽しい」でつながる世界をつくる”に一新。働きがいのある環境を自らつくり、お客様に真っすぐに向き合い、食とコミュニケーションを通じて「楽しい」を発信し、拡げていく。そんな人と人、感情と感情を結んでいけるカンパニーとして国内外115店舗(2021年2月時点)の居酒屋、定食事業を展開中。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファイブグループ >
  3. 飲食企業『株式会社ファイブグループ』が国内111店舗で地域の子ども食堂を支援する『茶リティープロジェクト』を開始