10秒で始められるAI学習のアイデミー、公式教科書第2弾 『現場で使える!Python深層学習入門』 を発売

- 7月18日より公式教科書記念プレゼントキャンペーン第2弾を実施!–

AIに強い人と組織を構築するための支援を行う株式会社アイデミー (本社:東京都文京区、代表取締役CEO 石川聡彦、以下当社) はAIのオンライン学習サービス 「Aidemy」 公式教科書の第2弾 『現場で使える!Python深層学習入門』 を発売いたしました。本書は2018年10月に発売しました 『Pythonで動かして学ぶ!あたらしい深層学習の教科書』 の実践編となり、技術顧問である木村 優志が執筆しております。Aidemyのオンラインコンテンツと合わせて学習に利用することで、さらに理解を深めることが可能です。

【書籍の概要 - 「はじめに」より】
近年、AI関連の中で深層学習が注目されています。深層学習の分野でとくにニーズが高いのが「画像処理」です。応用範囲も広く、多くのサービスがリリースされています。また、海外の論文などを見ても、画像認識関連の論文が毎年多数発表されています。
本書は、研究や仕事で深層学習を行うエンジニアの方に向けて、膨大な情報の中から、必要最低限のPythonの基礎知識と、深層学習モデルの開発手法、そしてWebアプリケーションへの利用手法までを扱った書籍です。
本書は特に以下のような方を意識して執筆しています。

・ Pythonの基礎知識はないが深層学習を学びたい
・ 深層学習モデルを利用したWebアプリケーションの開発手法を知りたい

このような方に向けて、あまり数式は多用せず、関連するプログラムを交えながら、わかりやすく解説しています。
とくに最終章で扱う「NyanCheck」という猫画像を読み込んで猫の種類を識別するアプリケーションは、転移学習の仕組みも利用したもので、実際のアプリケーション開発において非常に参考になると思います。
本書が、多くのエンジニアの方の開発の一助になれば幸いです。
(2019年6月吉日  株式会社アイデミー 木村 優志)

【公式教科書プレゼントキャンペーン第2弾について】
書籍の発売に際し、Twitterにて公式教科書プレゼントキャンペーン第1弾を実施したところ、当選点数に対し約76倍もの応募がありました。ユーザーの学習に対する意欲と反響の大きさにお応えし、本日、2019年7月18日より7月25日まで、「公式教科書発売キャンペーン第2弾」を実施します。

(キャンペーン応募方法)
STEP1  TwitterでAidemy公式アカウント(@aidemy_net)をフォロー
            アイデミー公式Twitter:https://twitter.com/aidemy_net
STEP2  キャンペーンツイート(「キャンペーン第2弾」と記載のあるもの)をリツイート

当選された方には、7月26日にAidemy公式アカウントよりTwitterダイレクトメッセージにてご連絡いたします。
なお、非公開設定(鍵付き)アカウントをご利用の場合、抽選の対象外とさせていただきます。
たくさんの皆様のご応募お待ちしております。

【書籍情報】

書籍名 現場で使える!Python深層学習入門
Pythonの基本から深層学習の実践的手法まで
著者 株式会社アイデミー 木村 優志
出版社 翔泳社
ページ数 383ページ
定価 3,200円(税抜)
ISBN 978-4-7981-5097-0
販売サイト https://www.amazon.co.jp/dp/4798150975

 

【目次】

PROLOGUE:開発環境の準備
第1部 Python入門編
第1章 演算・変数・型
第2章 if文
第3章 リスト型
第4章 辞書型
第5章 While文
第6章 for文
第7章 関数とメソッド
第8章 オブジェクトとクラス
第2部 深層学習編
第9章 NumPyと配列
第10章 PandasとDataFrame
第11章 単純パーセプトロン
第12章 ディープラーニング入門
第13章 転移学習とNyanCheckの開発

【Aidemyの概要】
Aidemyは正式公開から3ヶ月で会員登録ユーザー数1万人以上、コード実行回数100万回以上を記録し、現在の会員登録数は3万5千人を超える日本最大級の先端技術導入のためのクラウドソリューションです。
https://aidemy.net/
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

 

▲Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題▲Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題

▲Aidemyの演習画面の例:クイズに答えながら学習する問題▲Aidemyの演習画面の例:クイズに答えながら学習する問題

【Aidemyの教材の特徴】
1.業界トップシェア技術を採用 – Python/numpy/pandas/scikit-learn/tensorflowなどの技術が学べます。
2.理論より実践重視 – 難しい数学の知識や理論もできるだけ直感的に理解できるような教材です。
3.自動採点システム – 書いたプログラムは仮想環境上で自動的に採点されます。

 

▲Aidemyの教材:受講ルートページ▲Aidemyの教材:受講ルートページ

▲Aidemyの教材:受講コースページ▲Aidemyの教材:受講コースページ

【株式会社アイデミーについて】
株式会社アイデミー(旧社名 Goods株式会社)は「AIを始めとする先端技術と産業領域の融合に取り組む人と組織を支援する」をミッションとする、2014年創業のベンチャー企業です。大学での機械学習応用系の研究、クライアント企業のアプリケーション制作・データ解析を経て、2017年12月に「AIなどの先端技術を習得するためのサービスAidemy」をリリースしました。Aidemyはサービス開始3ヶ月で会員数1万名超、コード実行回数100万回を突破した日本最大級の先端技術導入のためのクラウドソリューションです。また、早稲田大学リーディング理工学博士プログラムでのAI入門特別実践セミナーも担当し、代表取締役石川聡彦の著書「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」がKADOKAWAより2018年2月に発売され、Amazonの「人工知能」分野でベストセラー1位になりました。こうした事業を通じて、「世界100万人規模の先端IT人材の不足」という社会課題の解決に貢献して参ります。

▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦▲株式会社アイデミー 代表取締役CEO 石川 聡彦

【株式会社アイデミー概要】
会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ302号室
代表者:代表取締役CEO 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.net/
株主:経営陣, Skyland Ventures, UTEC, エンジェル投資家 他
事業内容:AIに強い組織体制を構築するためのクラウドソリューション「Aidemy」の提供

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイデミー >
  3. 10秒で始められるAI学習のアイデミー、公式教科書第2弾 『現場で使える!Python深層学習入門』 を発売