アカマイ、Asavie社の買収を発表 5Gセキュリティ戦略が大きく前進

テレワークの急増で求められるリモートデバイスの保護を強化

​ ※本リリースは2020年10月27日 (現地時間) に米国マサチューセッツ州で発表されたプレスリリースの翻訳版です。

インテリジェントなエッジプラットフォームで安全なデジタル体験を提供する Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM)は、モバイルデバイスおよびインターネット接続デバイスのセキュリティ、パフォーマンス、アクセスポリシーをグローバルプラットフォームで管理するAsavieの買収を発表しました。Asavie のモバイル、IoT、セキュリティソリューションは、キャリアパートナーを対象とした Akamai の Security and Personalization Services(「SPS」)製品ラインナップに追加されます。キャリアパートナーはこのソリューションを組み込んで、加入者に提供します。

Asavie は、モバイルワーカー向けに、ビジネスリソースへのセキュアでスムーズなアクセスを提供しています。同社ソリューションは、セルフサービス型でプライベートネットワークベースの自動化されたサービスです。クライアントソフトウェアのインストールや管理を必要とすることなく、モバイルデバイスやインターネット接続デバイスからアプリケーションやデータへのセキュアなアクセスを確保します。このクライアントレスアーキテクチャは、ヘルスケア、金融サービス、教育など、規制が多い業界に特に適しています。このような業界の多くは、COVID-19 パンデミック対策として、どこであれ従業員が働く場所をセキュアなオフィスと捉える「Office Anywhere」環境に移行しており、迅速に導入可能でスケーラブルなクラウドマネージド型ソリューションを活用しています。

Akamai Technologies の Chief Executive Officer 兼共同設立者である Dr. Tom Leighton は「Asavie のソリューションがポートフォリオに加わることで、Akamai のキャリアパートナーは、IoT やモバイルデバイスのセキュリティおよび管理サービスにおける大企業、中堅企業の需要に対応できるようになると確信しています」と述べています。「特にAsavie ソリューションの優位性は、セルラーや 5G 経由で接続する IoT デバイスが増加する中で、スケーラブルにそれらを保護できることが実証されている点です。」

また、Asavie の Chief Executive Officer の Ralph Shaw 氏は、「COVID-19 は、従業員の働き方や事業の運営方法に長期的な影響を与えると予測しています。従業員が働く場所がオフィスとなる 5G 時代、ネットワークセキュリティには進化が求められます」と述べています。「Asavie の一連のソフトウェア定義ソリューションは、企業がビジネスリソースへのアクセスを提供できるようにすると同時に、モバイルのデバイス、ユーザー、アプリケーションを標的とするサイバー脅威が進化する状況下でビジネスを継続的に保護できる設計となっています」

Asavie は、アイルランドを拠点とする民間企業です。大規模な企業向けプライベートネットワークを自動化および管理するソリューションは、トップクラスのグローバル通信キャリアによって提供されています。全額現金で行われた今回の取引は、Akamai の 2020 年の決算に重大な影響を与えることはなく、設定済みの 2020 年の営業利益率目標に影響を与えることもないと予想されます。

###

本リリースは、1995 年私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に基づいた、この買収によって予想される Akamai の利益についてのステートメントなど、将来の事業計画および機会に関する Akamai 経営陣による未来の予測、計画、見通しを含んでいます。Akamai が設定済みの 2020 年の利益率目標に決算が影響を及ぼすこと、Asavie のテクノロジーや人員を統合できないこと、期待される販売目標を達成できないこと、期待されるテクノロジー統合のメリットを実現できないこと、Akamai の年次報告書 Form 10-K や四半期報告書 Form 10-Q などの SEC に関する定期文書に記載されているその他の要因を含むが、これらに限定されないさまざまな重要要因により、これらの将来の見通しに関する記述によって示された情報と Akamai の実際の結果が大幅に異なる可能性があります。

 ###

Akamaiについて
Akamaiは世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamaiのインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドがAkamaiを利用しています。Akamaiは、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成されるAkamaiのソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365日/24時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがAkamaiを信頼する理由について、www.akamai.com、blogs.akamai.comおよびTwitterの@Akamaiでご紹介しています。全事業所の連絡先情報は、www.akamai.com/locationsをご覧ください。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について:
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、ウェブサイト/モバイルアプリの最適化、快適なユーザー体験、堅牢なセキュリティを実現する各種ソリューションを提供しており、日本国内では約650社が当社サービスを利用しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アカマイ・テクノロジーズ合同会社 >
  3. アカマイ、Asavie社の買収を発表 5Gセキュリティ戦略が大きく前進