KnowBe4が、KnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを適時翻訳して、FacebookとTwitterで日本語要約を配信

サイバーセキュリティの最新情報を日本語で配信し、日本市場で情報共有

東京(2022年5月13日発)– 世界のセキュリティ意識向上トレーニング市場をリードするKnowBe4(本社:米国フロリダ州タンパベイ、創立者兼CEO:Stu Sjouwerman (ストゥ・シャワーマン))は、同社のセキュリティ意識向上トレーニング・ブログhttps://blog.knowbe4.com/ およびニュースレターを使って、サイバーセキュリティに関連する最新情報を英文で発信しています。このブログでは、サイバーセキュリティのさまざまなトピックを取り上げ、配信しています。この中には、日本の企業や団体にとって、サイバー攻撃と戦くために有意義な情報が満載されています。日本企業を標的とするサイバー攻撃が急増する中、同社の日本法人である「KnowBe4 Japan合同会社」では、世界で発生しているサイバー攻撃に関連する新たな手口などの最新情報についての多数の問い合わせを受けています。この度、このような問い合わせ案件に応えるために、KnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを適時翻訳して、Facebook https://www.facebook.com/knowbe4.JP および Twitter https://twitter.com/KnowBe4Japan で日本語要約を配信していきます。

KnowBe4 Japanの営業を統括する日本法人営業統括本部長ガブリエル・タンは、今回の日本語でのFacebookとTwitterでKnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログの要約を配信について、次のようにコメントしています。

「KnowBe4では、ほぼ毎日、セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを英文で配信しています。この中には、日本のお客様にとって、タイムリーなトピックを取り上げて、サイバーセキュリティの最新情報を日本語で配信し、日本市場で情報共有できることは、日本のサイバーセキュリティ担当者にとって有意義なものになると考えております。」

<KnowBe4について>
KnowBe4(NASDAQ: KNBE)は、セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーション・分析を組み合わせた世界最大の統合型プラットフォームのプロバイダーです。KnowBe4は、IT/データセキュリティ・エキスパートであるStu Sjouwerman(ストゥ・シャワーマン)によって2010 年8 ⽉に米国フロリダ州タンパベイで設立され、セキュリティの「人的要素:ヒューマンエラーの克服」にフォーカスして、ランサムウェア、CEO攻撃/詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)を始めとする巧妙化するソーシャルエンジニアリング手口などの社員ひとり一人のセキュリティに対する認識を高めることで、「人」を狙うセキュリティ脅威から個人、組織、団体を防御することを支援しています。世界で最も著名なサイバーセキュリティ・スペシャリストであるKevin Mitnick(ケビン・ミトニック)がCHO(Chief Hacking Officer)を務めています。同氏のハッカーの視点に立った知見をベースにKnowBe4のトレーニングプログラムは組み立てられています。2022年4月現在、5万社を超える企業や団体がKnowBe4を採用して、防御の最終ラインとして「人」による防御壁を構築しています。KnowBe4についてさらに知りたい方は、www.knowbe4.jp をアクセスしてください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノウ・ビフォー >
  3. KnowBe4が、KnowBe4セキュリティ意識向上トレーニング・ブログを適時翻訳して、FacebookとTwitterで日本語要約を配信