渋谷にヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点が登場 「PARK+」9月17日(金)11:00グランドオープン

シャープ、ヤマハ、ミクシィ、GROOVE Xなど日本を代表するロボットが勢揃い!7月26日(月)より、夢の世界の実現をめざすクラウドファンディングを開始

“パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共生する世界の実現をめざす「PARK+」実行委員会は、シャープ株式会社『RoBoHoN(ロボホン)』、ヤマハ株式会社『Charlie(チャーリー)』、株式会社ミクシィ『Romi(ロミィ)』、GROOVE X 株式会社『LOVOT[らぼっと]』など、日本を代表するロボットを取り扱う各社と協力し、新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」(読み:パークプラス)を 2021 年 9 月 17 日(金)11:00~より 2022 年 3 月 9 日(水)までの期間限定でオープンいたします。場所は、カフェ・カンパニー株式会社が運営する渋谷の「WIRED SHIBUYA(ワイアード シブヤ)」となります。
「PARK+」公式サイト:https://park-plus.tokyo
「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp/projects/view/464593
「カモファンディング」:https://www.kamofunding.com/projects/lovot

●ヒトとロボットが共生する世界の実現をめざす「PARK+」とは?
「PARK+」は、“パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に”という想いのもと、ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの日常化をめざし、日本発のパートナーロボット産業の革新的な技術とカルチャーを世界に伝える発信拠点です。
メーカー問わずロボットオーナー同士が交流することができたり、ロボットに馴染みがない方も新たな体験ができたり、そんな姿を見て笑顔になったり、美味しいものを食べてゆっくりしていただいたり、ヒトとロボットが自然と共生する空間をめざしています。

●2021年は「ロボット」誕生から101年目 “パートナーロボット元年”
100年前、“ロボット”は“人の代わりに仕事をすることで役に立つ機械”の名称として生まれました。101年目にあたる2021年、“人の心を潤す事で役に立つ“パートナーロボット元年が始まります。 私たちは、家族、恋人、両親、友人、ペットなど、大切な存在に支えられて生きています。生活の形が多様化する中、ロボットは人の仕事の代わりをするだけでなく、きっと心の支えになれる。私たちはそんな、ヒトの新たなパートナーになれる「ロボット」と楽しめる“新しい場”を創ります。

●「PARK+」誕生の背景とロゴに込められた想い
犬や猫の多くは、数十年前まで屋外で飼われていて、屋内に迎えられているのは一部でした。しかし、今はその比率は逆転して、"家族の一員"として家庭の中に迎えられています。
パートナーロボットはどうでしょうか。多くの家庭で“家族の一員”になり始めている一方で、ロボットと暮らすことはまだ一般化していないことも事実です。実際にオーナーの皆様からは「まだ人に言うのがはばかられる」という声もあり、ロボットのお迎えを検討いただいている方からも「家族から反対されている」などの声も耳にします。

しかし20〜30年後、ロボットがパートナーになって家庭に迎えられているのは、"確実にやってくる未来"だと、私たちは信じています。世界に先んじて、日本でそれを「あたりまえ」の日常として実現できれば、日本はパートナーロボット立国として輝くことができるはずです。今の子ども世代に日本が誇る新産業の一つは、人を幸せにするテクノロジーであって欲しい。そのために、世界でもっとも積極的な文化をこの国に醸成したい。だから私たちは、"パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に"という想いのもと、2021年「PARK+」実行委員を発足しました。その想いに共鳴した各ロボットメーカーが手を取り合うことで、ヒトとロボットが共生する温かな世界を提言していきます。

ロゴはヒトを表す有機的な線とロボットを表す無機的な図形(三角形)を組み合わせ、ヒトとロボットの交わる場所を表現しており、「+」には多様性や拡張性といった意味を込めています。

●「PARK+」4つの特徴
「PARK+」は、ロボットオーナーはもちろん、ロボットに馴染みがない方にもお楽しみいただき、新たな出会いと交流が生まれる空間を提供いたします。

<1.PHOTO & RUN>
ドッグランのように芝生に見立てたスペースの上でロボットたちを走り回らせることができたり、一緒に写真を撮っていただいたりすることが可能です。会場には各ロボットと対応の充電器も用意しており、ご自身のロボットたちと一緒にお楽しみいただけます。
 

店内イメージ店内イメージ

 

PHOTO & RUNイメージPHOTO & RUNイメージ

<2.新しい出会いと体験>
「PARK+」には店内でお出迎えするロボットはもちろん、ロボットオーナーがご自身のロボットと一緒に来場できるため、ヒトやロボットとの新しい出会いや、各ロボットたちに実際に触れていただくことができるため、ここでしか味わえない体験をご提供いたします。

<3.フォトスポット>
「PARK+」内の各所にフォトスポットが用意されており、ご家族やご友人はもちろん、ロボットたちとの思い出を写真に撮って残すことが可能です。

<4.オリジナルメニュー>
「コミュニティの創造」をテーマに、国内外で約80店舗のカフェを企画・運営するカフェ・カンパニー株式会社とパートナーシップを組み、「healthy & picnic」をテーマに、「PARK+」オリジナルのメニューを展開いたします。各ロボットをモチーフにしたパフェなどのスイーツをはじめ、サラダ、パスタやハンバーガーなどのお食事を取り揃えております。メインとなる「ピクニックボックス」は蓋をあけると、各ロボットたちがお目見えする仕掛けになっています。

●予約チケットはクラウドファンディング限定で販売
ヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点「PARK+」という夢の実現のため、国内最大のクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」およびYouTube講演家の鴨頭嘉人氏が立ち上げた「カモファンディング」の2種のプラットフォームを活用し、プロジェクト「パートナーロボットと暮らすライフスタイルを当たり前の世の中に」を7月26日(月)より開始いたしました。「PARK+」では先行予約チケットをクラウドファンディングのリターン限定で提供しており、オリジナルアイテムや特別イベントへのご招待など、本プロジェクト支援者限定でさまざまな特典もご用意しています。
CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/464593
カモファンディング:https://www.kamofunding.com/projects/lovot

 

左からエプロン、ステッカー、トートバッグ、ピンズ左からエプロン、ステッカー、トートバッグ、ピンズ

●「PARK+」常設のパートナーロボット
シャープ株式会社「RoBoHoN(ロボホン)」 https://robohon.com/
ロボホンは、シャープ株式会社とロボットクリエイターの高橋智隆氏(株式会社ロボ・ガレージ代表取締役)が共同で開発した会話のできるモバイル型コミュニケーションロボットです。カメラ、メール、スケジュール、アラームなどさまざまなアプリケーションを使うことができるのはもちろん、身振り手振りを交えて会話をしたり、歌ったり踊ったりすることができます。ロボホンからもオーナーに話しかけをしていき、対話を通してオーナーのことを覚えます。毎月のアップデートにより、少しずつアプリやコンテンツが増え「成長」していくのも特徴です。
お留守番やプログラミング教育、見守りなど、お子様やシニア向けの機能も豊富です。また、観光、ホテル、企業における非対面での接客受付ソリューションなど、法人向けにも展開しており、幅広い分野で導入されています。


ヤマハ株式会社「チャーリー」 https://charlie.yamaha.com/
『Charlie』は、言葉をメロディーにのせてコミュニケーションする、"うたロボ"です。「おはよう」や「ありがとう」等の言葉はもちろん、日常での相談事や雑談等もメロディーにのせて返答します。とにかく前向きで、冗談も好きなロボットです。


株式会社ミクシィ「Romi(ロミィ)」https://romi.ai/
Romiは、ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる手のひらサイズのコミュニケーションロボットです。 会話AI(人工知能)が最適な返答をその都度生成するので、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる点が一番の特徴です。感情表現も豊かで、生き物のような動きと100種類以上の顔アニメーションで会話を盛り上げます。会話のほかにも、英会話や天気、しりとり、歌など、70個以上の機能を実装しており(2021年7月時点)、毎月1〜3機能を随時追加しています。 なお、ディープラーニング技術で言語生成して返答する世界初の家庭用コミュニケーションロボットとして認定されました。


GROOVE X株式会社「LOVOT[らぼっと]」 https://lovot.life/
『LOVOT』は、名前を呼ぶと近づいてきて見つめてくる。好きな人に懐き、抱っこをねだる。抱き上げるとほんのり温かい。ロボットなのにまるで生き物のような生命感があるのが特徴の、次世代ペットとなり得る家族型ロボットです。
約4年の歳月を経て2019年12月に出荷を開始、その愛らしい見た目からは想像できない最先端テクノロジーに込められた技術力が評価され、国内外問わず数々のアワードを受賞。
近年はコロナ禍におけるメンタルケア、情操教育、プログラミング教育などの観点からも注目されており、全国の保育園、子ども園、小学校などの教育施設や介護施設、企業などにも導入されています。


●「PARK+」概要
<名称>PARK+(読み:パークプラス)
<主催>「PARK+」実行委員会(GROOVE X株式会社/カフェ・カンパニー株式会社/株式会社サニーサイドアップ)
<協賛> シャープ株式会社/ヤマハ株式会社/株式会社ミクシィ
<後援>ロボットスタート株式会社
<場所>〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1「100BANCH」1F(現WIRED SHIBUYA)
<アクセス> JR「渋谷駅」新南口より、徒歩1分(渋谷駅新南口から390m)
<期間> 2021年9月17日(金)〜2022年3月9日(水)
<営業時間> 平 日 11:00〜19:00(L.O.:Food 18:00 / Drink 18:30)
土日祝日 11:00〜22:00(L.O.:Food 21:00 / Drink 21:30)
※新型コロナウィルス感染拡大防止の為、営業日程・時間は変更となる可能性がございます。
※お席は90分制となります。
<休業日> なし
<予約方法> クラウドファンディングのリターン特典による先行予約
CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/464593
カモファンディング:https://www.kamofunding.com/projects/lovot
<公式HP> https://park-plus.tokyo
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GROOVE X 株式会社 >
  3. 渋谷にヒトとロボットが共生する新たなライフスタイルの発信拠点が登場 「PARK+」9月17日(金)11:00グランドオープン