テコテックとの資本業務提携に関するお知らせ〜みんかぶTradeWellの共同開発~

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)と、株式会社テコテック(以下「テコテック」、本社:東京都港区、代表取締役社長:釣崎 宏)は、個人投資家向けコンテンツサービスの提供等を目的とする業務提携に合意するとともに、ミンカブがテコテックに資本参加する形で資本提携を実施いたしましたので、お知らせいたします。本提携の一環として、ミンカブが開発中の個人向け課金サービス「みんかぶプレミアム」の、主要機能の一つである個人の資産管理及び取引履歴管理・分析等の機能を実装する情報ツール「みんかぶ TradeWell」を、テコテックと共同開発することになりましたので、あわせてお知らせいたします。

ミンカブは、「みんなの株式」等、AIとクラウドインプットを活用した独自性の高い複数の投資家向け金融情報メディアを日本最大級の規模で展開しています。更に情報系Fintechソリューションベンダーとして、安定した技術力と豊富な検証データを背景に、様々な金融商品の分野において、金融機関向けに投資家に資するシステムの構築及び情報サービスの提供を行っています。 

テコテックは、FXのシグナル配信システムの開発をきっかけとして、最近では暗号資産取引所の開発・運営など、金融・証券分野におけるシステムを多数開発しています。更に、個人投資家をサポートするための「投資の見える化」Fintechサービスで、証券口座の取引履歴・資産状況を一括で管理するアカウントアグリゲーションサービスとして多くのユーザーを獲得した「マイトレード」(2020年1月サービス終了)の開発・提供実績もあります。 

両社は、今後、ミンカブが保有する豊富なマーケット情報と独自のAIに、テコテックが保有する個人の金融機関の取引履歴情報の取得技術を中心としたアプリケーション開発技術を融合させた「みんかぶTradeWell」を共同で開発することにより、サービス名称の通り、投資家にとって“より良い取引環境”の構築を目指してまいります。

《みんかぶプレミアムの概要》
ミンカブでは、「みんなの株式」「みんかぶFX」等をはじめ、外国為替や投資信託、暗号資産(仮想通貨)など、投資家向けネットメディアを国内最大規模で展開し、月間800万人を超えるユニークユーザーを獲得しています。これら‟みんかぶシリーズメディア”の付加サービスとして、新たに開発するシリーズ横断型の課金サービス「みんかぶプレミアム」は、当初2020年3月中のサービス開始を予定しておりましたが、より高品質なサービスの実現を目指したテコテックとの共同開発化に伴う開発スケジュールの変更により、新たに2020年度上期末のサービス開始を目指します。
 

「みんかぶプレミアム」は、米Amazon社が提供する「Amazon Prime」と同様に機能追加や対象サービスの拡大は行われるものの、その価格は定額を維持することで、継続的に利用者のメリットを拡大していくモデルを採用予定で、「みんなの株式」や「みんかぶFX」等、みんかぶシリーズの各メディアが料金そのままで、独自の課金サービスを随時展開していく予定です。一例として「みんかぶTradeWell」のほか、「みんなの株式」でも定額料金の範疇で、既に多くの方にご好評いただいているKabutan(https://kabutan.jp/)の課金版「Kabutan Premium」と同様に、リアルタイム株価や広告非表示、各種課金ユーザー専用機能・コンテンツを提供予定です。
 

このように「みんかぶプレミアム」では、月間800万人が利用する当社メディアサービスの無料版で提供されている機能と組み合わせ、ネット取引を行う投資家にとって最良の情報ツールとなることを目指します。

《みんかぶTradeWellの概要》
「みんかぶTradeWell」は、「みんかぶプレミアム」第1弾の新サービスとして、ユーザーが複数の証券会社での取引を一括で管理し、振り返ることができる機能を搭載予定です。将来的には、FX会社や仮想通貨取引所における口座の管理などを含め、総合的に資産管理と取引履歴を分析することにより、取引だけに偏らない資産運用するためのプラットフォームとして、分かりやすく、簡単にご利用頂けるようにしたサービスを目指します。

2019年に話題となりました、老後2,000万円問題をきっかけに、これまで以上に個人が自身の資産運用や管理を問われる時代になりつつあり、今後、更にニーズが拡大していくことが予想される一方で、個人は時間的な制約のある中で、膨大なマーケットデータを収集し、運用することを強いられていることも事実です。

上記の環境下において、ミンカブはテコテックと議論を重ね、豊富なマーケット情報や個人投資家ユーザー層を有するミンカブと、「マイトレード」のサービスでいち早く証券会社横断型の取引管理サービスを構築したノウハウを持つテコテックが連携することで、個人により良い取引環境を提供する資産管理・取引履歴管理・分析サービスが提供できると考えました。

【特徴】
①資産推移管理機能
複数の口座情報を一元管理し、保有資産・含み損益をわかりやすくビジュアル化し提供します。

②トレード評価機能
過去の取引を分析し、今後の取引に役立てられる機能を提供します。
 

③ポートフォリオ管理機能
現在のポートフォリオを把握できる機能の提供に加え、将来的には当社独自のAIを利用したポートフォリオの組み換えの提案機能を提供します。
 

④ポイント機能
連携する証券口座や取引回数に応じて、利用者には新たに導入予定の独自の「みんかぶポイント」が付与されます。獲得したみんかぶポイントは、「みんかぶプレミアム」の月額利用料や、今後展開を予定している当社サービス内での有料コンテンツと交換が可能となります。

※本プレスリリースでの画面イメージは開発中のものであり変更する可能性がございます。

■株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドについて(https://minkabu.co.jp/
ミンカブは、日本最大級の投資家向け情報メディア「みんなの株式」を中心に、株式をはじめ、 仮想通貨や外国為替、商品先物、投資信託、保険、不動産など様々な金融商品を対象とした投資情報を提供しています。また、ユーザーの投稿や閲覧のデータを集約して利用するクラウドインプットの仕組みとビッグデータを解析し瞬時にコンテンツを生成するAIを活用しながら、一般投資家のみならず金融機関向けにもソリューションパッケージとして情報の提供を行っています。
金融情報カバレッジの拡充・中期的グループ成長体制の構築を目指し、2019年12月にREIT情報ベンダーProp Tech plus株式会社を連結子会社化いたしました。

社名       : 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
所在地      : 東京都千代田区神田神保町3丁目29番1号
設立       : 2006年7月7日
代表取締役社長  : 瓜生 憲
事業内容     : メディア事業、ソリューション事業

■ミンカブグループの運営するメディア一覧
みんなの株式:https://minkabu.jp/
みんかぶFX:https://fx.minkabu.jp/
みんなの仮想通貨:https://cc.minkabu.jp/
みんかぶコモディティ:https://cx.minkabu.jp/
みんかぶ投信:https://itf.minkabu.jp/
みんかぶ保険:https://ins.minkabu.jp/
みんかぶ不動産:https://re.minkabu.jp/
Kabutan:https://kabutan.jp/
証券会社比較.tokyo:https://xn--6oqu9e885apimm6t1rg.tokyo/
FX比較.tokyo:https://xn--fx-fk1eu00k.tokyo/
Japan REIT.COM※2:http://www.japan-reit.com/
JAPAN PRIVATE REIT.COM※2:https://www.japan-private-reit.com/
※2:Prop Tech plus株式会社による運営。

■株式会社テコテックについて(https://tecotec.co.jp/
テコテックは「知恵と創造により社会に貢献する」というミッションのもと、ブロックチェーン技術提供や決済認証システム開発、コンテンツ開発を中心としたソフトウェアハウスとして様々なソリューションアプリケーションを提供しております。
受託開発だけではなく、暗号資産取引所の開発・運営や投資管理サービスの開発・運営など、自社サービスにも注力し、これからもコンピュータ技術を駆使し、小さな力で大きな力を産む「梃子(テコ)」を絶えず提供し、未来を作り出すLeverage Creative Companyであり続けます。 

社名       : 株式会社テコテック
所在地      : 東京都港区赤坂7-1-16 オーク赤坂ビル7階
設立       : 2007年12月28日
代表取締役社長  : 釣崎 宏
事業内容     : 証券・決済システム開発事業、コンテンツ開発事業、販売促進事業

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
TEL:03-6867-1570
E-MAIL:press@minkabu.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. ミンカブ >
  3. テコテックとの資本業務提携に関するお知らせ〜みんかぶTradeWellの共同開発~