演歌歌手・木村徹二、父・鳥羽一郎について「よくリモコンなくして怒ってますよ」ラジオで親子共演

1月30日(月)くにまる食堂(文化放送)放送レポートを公開

親子共演!歌手の鳥羽一郎さんと、その次男で去年の11月に演歌歌手としてソロデビューを果たした木村徹二さんが1月30日のくにまる食堂にご来店。父・鳥羽一郎がいる家庭とはどんな様子なのか伺った。

邦丸「鳥羽さんは、息子さんが同じ演歌の道に進むのはどう思っていたんですか?」


鳥羽「弟の場合はですね、子供の頃から「こぶし」が、なんかこう心地いんですね。子供なりに歌うんだけども、なぜかころっと、こぶしが 回るのを聞いて「ああ、いいこぶし持ってるなあ」と。こぶしなんてものは、練習して回るようなものじゃないから、教えられないっていうか、持って生まれたものなのかもしれないですね。」

邦丸「家ではお父さん、歌わないでしょ?」

木村「歌わないです。僕はちっちゃい頃から音楽はすごい好きだったんですね。特に父の曲がすごい好きで、それこそ学校に行く時も聞いてましたし寝る時とかも聞いてたので、自然にこぶしの回し方というか、歌い方みたいなものは、ちょっとずつ勉強したのかなと。勉強してるつもりはもちろんないですけど。」

邦丸「ドラえもんなんか歌ってもこぶしが回っちゃう?」

木村「♪あったまテッカテ~カ♪」

邦丸(笑)

鳥羽「ちょっと回り過ぎなんだよ(笑)でもそれが彼のいいとこなのかなって思います。」

邦丸「鳥羽一郎さんの話って、山本譲二さんが飲むたびに教えてくれたのは、銀座のクラブで出されたおしぼりを引きちぎったっていうんだけど、聞いた事あります?」

木村「よく聞いてますけど、ゴリラじゃないんですから(笑)」

野村「お父さんが静かに怒りに燃えてるときに、何かを引きちぎったりはしない?」

木村「さすがに母に怒られてしまうので、それはやらないですけれども、なんていうんですかね?怒った時のどうしようもない怒りの当て方みたいなのはよく見ます。「くそっ!」みたいな。」

邦丸「それは何に対して怒ってるの?」

木村「いや本当に細かいことです。眼鏡がどこ行ったか分かんないとか言いながら(笑)」

邦丸「鳥羽一郎の怒りの炎が見えるわけだ。」

木村「そうなるとみんな避難するんですよね。今触んないようにしとこうと。リモコンがないとか、ほんとそんなことですけどね。」

邦丸「リモコン無いだけで怒りの炎が出る?」

木村「リモコンなんか一番すぐ出ますよ。『どこやったんだ!』とか言って。」

鳥羽「それじゃあ危ない人じゃないかよ (笑)」

こぶしが効いたドラえもんは是非radikoのタイムフリー機能でご確認下さい。
https://radiko.jp/share/?sid=QRR&t=20230130110000

■会社概要
東京のラジオ局 文化放送を運営しています。2022年で開局70周年を迎え、250以上の番組を制作しています。FM91.6 & AM1134で放送中。

株式会社文化放送
〒105-8002 東京都港区浜松町1-31
https://www.joqr.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
広報担当 浅野 TEL:03-5860-1070 MAIL:asano@joqr.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文化放送 >
  3. 演歌歌手・木村徹二、父・鳥羽一郎について「よくリモコンなくして怒ってますよ」ラジオで親子共演