住民参加型実証実験にコミュニケーションロボット「BOCCO」が採用

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区)のコミュニケーションロボット「BOCCO」が、KDDI総合研究所とふじみ野市のICTを活用した住民参加型実証実験に採用されました。


実証実験の詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.kddi-research.jp/newsrelease/2019/073001.html


コミュニケーションロボット「BOCCO」とは

 

 

BOCCOは、家族間のコミュニケーションを助けるロボットです。留守番中の子どもや離れて暮らす高齢の家族を見守ることができます。

インターネット経由でスマホと音声メッセージのやりとりができ、「BOCCO」側から送った声の文字化、スマホから送った文字メッセージの「BOCCO」による読み上げができます。

さらに、宅内に設置されたセンサの情報とBOCCOが連動し、外出先からドアや鍵の開閉、部屋の温湿度や照度をスマホに通知することができます。これにより、家族の様子を外出中でも知ることができ、忙しい毎日の中でも家族との何気ないコミュニケーションを楽しむことができます。

また、天気予報などの知りたい情報をBOCCOアプリ内の「BOCCOチャンネル」機能を使って、BOCCOがしゃべってお知らせしてくれたり、指定時間にリマインド通知をしてくれたり、ゴミ出し日のお知らせや目覚まし時計代わりにも役立ちます。
 



製品情報
製品名:BOCCO(ボッコ)
価 格:税抜29,000円
付属品:ACアダプター/振動センサ/両面シール/センサーストラップ/単4電池2本(振動センサ用)/取り扱い説明書 ※使用にはWiFi環境が必要です。

主な受賞歴
2015年度グッドデザイン賞受賞
2016年度キッズデザイン賞受賞
2017年度Amazon 知育・学習玩具大賞 ロボット部門賞

▼BOCCO公式ページ
http://www.bocco.me/


ユカイ工学株式会社
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。自社製品の製造、販売ノウハウを元に、ロボットやIoT製品のコンセプトデザイン、試作、量産、販路開拓までを一気通貫でサポートしています。

主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi3.0」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」、音声コミュニケーション開発キット「codama」などがあります。また、より身近に人に寄り添う“究極にエモい”(エモーショナルな)ロボットへ進化する次世代機「BOCCO emo」は2020年初旬のサービス開始を目指し、開発を進めております。


企業情報
ユカイ工学株式会社(Yukai Engineering Inc.)
創業:2007年
代表取締役:青木俊介
本社:東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101
TEL:03-6380-4710
URL:www.ux-xu.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユカイ工学株式会社 >
  3. 住民参加型実証実験にコミュニケーションロボット「BOCCO」が採用