【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】最上階のバーが全面改装完了 ~新しく「VIEW BAR」として8月26日(金)オープン~

~名称新たに「VIEW BAR(ビュー バー)」として8月26日(金)オープン~

神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、最上階のバーを全面改装し名称も新たに「VIEW BAR(ビュー バー)」として8月26日(金)にオープン致します。夜景都市 神戸を代表する頭らしい絶景が楽しめるおしゃれな大人の社交場の誕生です。「VIEW BAR」オリジナルのこだわりのカクテルやオーセンティックなドリンクを提供。生演奏による日替わりのステージで音楽も楽しめます。今回、山側のルーフトップバルコニーを改装し、オープンエアでもベイエリアの夜景をご覧いただけます。神戸の食を代表する神戸ビーフやパンにもこだわったフードもご提供いたします。ファッションの街 神戸にふさわしいフラッグシップバーとなるべく、斬新な空間に上質なラグジュアリー感を備えています。都会にいながらにして洗練されたリゾートできらめく夜景やナイトライフを楽しみたい方におすすめです。
夜景都市神戸を代表する神戸らしい絶景楽しめる神戸メリケンパークオリエンタルホテル
最上階のバー全面改装完了
新しくVIEW BAR」として826日()オープン

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区/総支配人:荒木潤一)は、ホテルのオープン当初よりご愛顧いただきました最上階の14階にあるバー「港’s(コウズ)」の全面改装を完了し、名称も新たに「VIEW BAR(ビュー バー)」として明後日8月26日(金)にオープンいたします。美味しいお酒と生演奏が奏でる、おしゃれな神戸の社交の場の誕生です。


【改装のポイント】
  1. 旬の果物を使ったフレッシュフルーツカクテルを始めほかにはない素材にこだわったオリジナルのカクテルや美味しいお酒などオーセンティックなドリンクを提供。ウィスキーも100種類以上、ワインリストも充実しています。スタンダードなカクテルはVIEW BARらしさでひとひねりして特別感があります。西日本を代表するオーセンティックバー『ル・サロン』の吉成幸男オーナーの監修メニューをご用意しています 
  2. 様々なジャンルの歌手と生演奏による日替わりのステージ。神戸のミュージシャンの登竜門であるライブハウス『チキンジョージ』によるプロデュースを始め、直接ホテルと有望な若手ミュージシャンとの契約も予定しています
  3. 山側のルーフトップバルコニーを改装。ボックス席16席とスタンディング席3卓を新たに設置。店内だけでなくオープンエアでも夜景都市神戸を象徴するこれぞ神戸というベイエリアの夜景を楽しんでいただけます
 

 


   「VIEW BAR」 店内 
 


   ループトップバルコニーのテラス席


【店舗デザインについて】
都会的でありながら港の中にいる絶景のロケーションを活かして神戸的なデザインとなっています。エントランスを入ると目の前にパノラマビューが広がり、入ったときの感動やワクワク感が続くように自然な視線が流れる動き方のできる平面構成です。最初の感動を席に着くまで歩きながら感じていただけるような曲線を生かしています。男性が奥様や恋人など素敵な女性を連れてきたくなるような男性目線で考えられています。

天井の曲線は調和を表し、光沢がある素材を使用することで夜景が反映します。床材などはエイジングによる色のバラつきがあえて新しいのに時間の流れを感じさせる大人のテイストを醸し出します。椅子はすべて形から起こしたオリジナルです。形や色など違うタイプを混ぜて配置することで、すわり心地の違いを訪れる度に楽しんでいただけます。生演奏のコーナーではメロディやサウンドが店内全体を包み込むような空気感を大切にしています。
バルコニーは外観の白を基調に清潔感とさわやかさを伝え、ソファやテーブルは白っぽいグレーでオープンエアのリゾートのイメージです。床は木質風タイルを使用しています。

【フードの特徴】
神戸の食と言えば “神戸ビーフ”と“パン”に代表されることから、『神戸ビーフパテ“VIEW ”バーガー』や『RIKIパン・ド・カンパーニュと自家製ハムのサンドイッチ』がおすすめのホットメニューの一品です。パンにこだわる料理長の熱い思いから、店舗以外に一切提供していない元町にある人気の「パン焼きどころRIKI」がVIEW BARのために焼いていただけることになりました。『神戸ビーフパテ“VIEW ”バーガー』はRIKIのパンも神戸ビーフのパテもとろけるような食感のおいしさです。マスタードとはちみつ入りバターが塗られたパンに、ピクルス、パテ、チーズ、トマトがはさんであります。RIKIのパンはふわふわしていて、パテの柔らかさにマッチしています。また、『RIKIパン・ド・カンパーニュと自家製ハムのサンドイッチ』は歯ごたえのあるパンと自家製ハムが食べ応えがありほかにはない美味しさです。

その他にも、フランスの『クリスタルキャビア(オシェトラ)コンディメントとフィンガーライム、RIKIのパンのスライス付き』や、『純血“IBERICO”ドライボード』、オーブンで焼いた背肉骨付きの『ラムラック“VIEW”プティサラダ付き』セットメニューなどもおすすめです。ポテトにつけるケチャップやタルタルを始めほとんどのメニューが自家製であり、例えば、ホームメイドフライチキンはオリジナルスパイスを使ったり、ソーセージはオーダーメイドであったり、ほかでは味わえないものです。




【VIEW BARの概要】

名称:   VIEW BAR(ビュー バー)
営業時間: 17:00-24:00 (L.O. 23:30)
        *フードの一部 L.O. 22:30
席数:   店内 82席(カウンター 14席/ホール 68席)
        *スモーキング 15席含む
      テラス席 16席+スタンディング3卓
定休日:  無休
生演奏:  金土日曜日(将来的にデイリーでの演奏を予定)
料金(税別):カバー・チャージ 1,000円
       ドリンク      800円~
       フード       800円~

       
ファッションの街神戸にふさわしいフラッグシップバーとなるべく斬新な空間に洗練された上質なラグジュアリー感を備えています。神戸のおしゃれな大人の男女が集い、若い人たちがあこがれるような場を目指しています。ご夫婦やカップル、グループで記念日のお祝いや思い出作り、都会にいながらにして洗練されたリゾートできらめく夜景やナイトライフを楽しみたい方におすすめです。


【神戸メリケンパークオリエンタルホテルについて】
阪神淡路大震災で被災し閉鎖された旧オリエンタルホテルを継承し、1995年に周囲270度を海に囲まれたロケーションに誕生したリゾートホテル。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館など誰もが一度は見たことのある神戸らしい風景を望み、全客室に設けられたバルコニーからはきらめく海や街の夜景など時間ごとに変わる景色を一望。広めのバルコニーをセカンドリビングとして楽しんでいただく「アウトドアリビング」ルームは、光と風に包まれて自由気ままに過ごせる『空の間life』が魅力です。潮風を浴びながら、まるで優雅な船旅のようなご滞在をお楽しみいただけます。日本初であり国内唯一のホテル内灯台は旧オリエンタルホテルより移設され現在も神戸港を照らしています


神戸メリケンパークオリエンタルホテルは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。



≪このリリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先≫
神戸メリケンパークオリエンタルホテル 広報担当: 柏﨑・野村
神戸市中央区波止場町5番6号
http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/
電話: 078-325-8102(広報直通)/FAX:078-393-1021
Email: y_kashiwazaki@kobe-orientalhotel.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホテルマネージメントジャパン >
  3. 【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】最上階のバーが全面改装完了 ~新しく「VIEW BAR」として8月26日(金)オープン~