CData Drivers for PostgreSQL に接続プロパティでのSSH 接続機能を強化

~AWS、Azure、GCP などのクラウドRDB データのBI、ETL、カスタムアプリからのデータ連携が容易に~

2021年5月19日、リアルタイムデータ連携のための標準ドライバーおよびデータ連携ソリューションのリーディングプロバイダーであるCData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、CData Drivers for PostgreSQL のSSH 接続機能によりAWS RDS やGCP Cloud SQL、Azure Database for PostgreSQL などクラウドRDB へのドライバー単体でのSSH 接続を実現しました。

<外部からRDB へのアクセスにゲートウェイやSSH クライアントが不要に>
現在、AWS、Azure やGCP 上でPostgreSQL、MySQL、SQL Server をマネージドサービスとして使用するケースが増加しています。これらのRDB は、同一仮想サーバー(VPS)内にのみアクセス許可があることが一般的です。オンプレミスや外部からこれらのRDB に接続するためには、RDB 環境にSSH サーバーを構築して、セキュアに接続します。しかし多くのオープンソースなどのドライバー(ODBC/JDBC/ADO .NET)は、SSH 接続機能がなく、ユーザーは別途ゲートウェイを構築するか、PuTTY などのSSH クライアントを利用・管理する必要がありました。


CData Drivers for PostgreSQL、MySQL、SQL Server がSSH 接続機能に対応したことで、クラウドRDB に対し、外部からドライバー設定のみでセキュアなアクセスが可能になります。ODBC であればDSN 設定画面のプロパティにSSH サーバーに接続するプロパティを入力、JDBC やADO .NET であれば、接続文字列内でSSH 接続情報を入力するだけです。これにより、クラウドRDB に対するオンプレミスサーバー、デスクトップ、別環境のクラウドサービスからのデータ活用が容易になります。BI、ETL、Excel やAccess、カスタムアプリケーションからの接続に是非ご利用ください。


代表的な例としてRDS、Azure、Google Cloud SQL などのクラウドRDB を挙げていますが、オンプレミスのPostgreSQL、MySQL、SQL Server についても同様に外部からのセキュアなデータアクセスを実現可能です。 

<CData Drivers for PostgreSQL でのSSH 接続はドライバーやCData Sync で利用可能>
本機能は、ODBC/JDBC/ADO .NET のドライバーに加え、Excel Add-In、SSIS、Power BI、Tableau、Mule などのカスタムコネクタ、CData Sync、CData Connect で使用可能です。  


<SSH 接続機能は、PostgreSQL 以外にも多くのデータベースで利用可能>
CData Drivers では、以下のようなデータベースでSSH 接続機能が利用可能です: 


<CData Software について> 
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。 

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。 

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 疋田 光希
E-mail: press@cdata.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. CData >
  3. CData Drivers for PostgreSQL に接続プロパティでのSSH 接続機能を強化