ソラコム、キーエンス社製PLC KV-8000を遠隔監視できるIoT化の手順書を公開

SORACOMのセルラー通信活用で、インターネット越しの安全な通信を確保し管理

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、以下ソラコム)は、製造業の製造装置に取り付けられるPLC(Programmable Logic Controller) を、IoT化し遠隔制御を実現する手順を記載した「IoT DIYレシピ」を2022年1月27日より公開します。

​キーエンス社製PLC KV-800​キーエンス社製PLC KV-800

SORACOMは、IoT向けの長距離無線通信(セルラー、LPWA)と、IoTシステム構築をサポートするプラットフォームです。ソラコムは「IoTの民主化」を掲げ、IoT活用の技術のハードルを下げるべく、プラットフォームの機能を使いやすく拡充するとともに、セルフラーニングのための開発ドキュメントの整備や、セミナー開催などの情報発信にも積極的に取り組んでいます。

「IoT DIYレシピ」は、無料で公開しているIoTの開発手順書です。すでに、Raspberry PiやArduino互換デバイスなど、手軽に入手できるデバイスを使った50種類以上のレシピを公開しています。

この度、キーエンス社製のPLC KV-8000シリーズをIoT化し、手元のパソコンから安全なリモートアクセスを実現、産業機器を遠隔制御するためのIoTレシピを新たに公開しました。

本レシピでは、LTEルーターを用いてセルラー通信でSORACOMプラットフォームにプライベート接続を行い、管理ソフトKV STUDIO経由でPLC  KV-8000 シリーズの CPU ユニットを管理します。

この仕組みの利点は、 セルラー通信を利用することで現地での固定回線敷設が不要である点、インターネットからの不正アクセスを防ぐ安全なプライベートネットワーク経由で PLC にアクセスできる点です。

お客様は本レシピにより、現地出張で対応していた PLCの保守をリモートメンテナンスに切り替え、タイムリーな顧客サポートの実現やサポート工数・費用の削減にお役立ていただけます。

本レシピは無料で公開され、活用をご検討の方はウェブサイトからご覧いただけます。

ソラコムは、引き続き「IoTの民主化」を掲げ、企業のDXをサポートしてまいります。
 
  • IoTで、PLCを安全に遠隔メンテナンス:KEYENCE KV-8000

このレシピでは産業機器を制御するための PLC(Programmable Logic Controller) に手元のパソコンから安全なリモートアクセスを実現し、産業機器の遠隔制御を実現します。
https://soracom.jp/recipes_index/19060/
 
  • SORACOM IoT DIYレシピ

 

 

用途毎に必要な機器と手順をステップ毎に解説した、無料のIoT手順書です。ラズパイ以外にも、Arduino互換のマイコンとセンサーのキットや、センサー搭載通信デバイスなど、1台から入手できる使いやすいIoTデバイスを使ったレシピを無料で公開しています。学習にお役立てください。
https://soracom.jp/iot-recipes/
 
  • ソラコムについて
SORACOMを通じてIoT通信とインターネットに「つなぐ」システム構築に必要なサービスを提供しています。SORACOMの利用で、少ない初期費用でIoT活用のアイデアをスピーディに実現でき、20,000超の様々な業界・規模のお客さまがビジネスの進化に利活用しています。

ソラコムコーポレイトサイト https://soracom.com

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソラコム >
  3. ソラコム、キーエンス社製PLC KV-8000を遠隔監視できるIoT化の手順書を公開