先進国が投棄した廃材でアートを制作。サスティナブルな社会を目指す美術家 長坂真護氏による作品展を開催

EXHIBITION: NAGASAKA MAGO

バーニーズ ニューヨーク銀座本店では、日本を含む先進国が投棄した電子機器の廃材でアートを作り続ける美術家 長坂真護氏によるアート作品を展示・販売いたします。

世界最大級の電子機器の墓場といわれるガーナのスラム街アグボグブロシーに集積した廃材を自身の作品へ昇華し、 アートの力で資本主義の真実を世界へ発信。
「サスティナブルキャピタリズム(持続可能な資本主義)」を提唱し、作品の売上をガーナのスラム街の人々の教育や文化、経済、環境改善へ還元する活動が世界中で高く評価されています。

展示会としては銀座本店が初公開となる、電子廃棄物や衣料廃棄物を用いた作品やバーニーズ ニューヨークからインスピレーションを得て制作された新作を中心にご紹介いたします。

 

また、氏が手がける世界平和への願いを込めたさまざまな作品をご覧いただけます。


EXHIBITION: NAGASAKA MAGO
■開催期間
2022年5月20日(金)- 2022年5月29日(日)バーニーズ ニューヨーク銀座本店 B1
https://www.barneys.co.jp/stores/ginza/
※お客様とスタッフの健康を最優先に、安全には十分配慮して開催いたします。
※イベント内容は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

■お問合せ先
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター
TEL 0120-137-007(受付時間 11:00 – 20:00/1月1日を除く)

バーニーズ ニューヨークオフィシャルサイト:
https://www.barneys.co.jp/events/calendar.html

■長坂真護(ながさか まご)
1984年生まれ。2017年6月、ガーナのスラム街アグボグブロシーを訪れ、以降、廃材を使用したアートを制作。2019年8月、アグボグブロシー5回目の訪問時に53日間滞在。スラム街での活動の軌跡をエミー賞授賞監督カーン・コンウィザー氏が追い、ドキュメンタリー映画”Still A Black Star”を制作し、アメリカのNEWPORT BEACH FILM FESTIVALで「観客賞部門 最優秀環境映画賞」を受賞。現在、公開に向けて準備中。

バーニーズ ニューヨーク銀座本店バーニーズ ニューヨーク銀座本店

■BARNEYS NEW YORK
バーニーズ ニューヨークは 1923 年、マンハッタンにバーニー・プレスマンによって設立され、世界有数のスペシャリティストアとして知られています。現在日本では銀座本店・六本木店・横浜店・神戸店・福岡店・西武渋谷店のほか、アウトレット店舗も含め合計11店舗とオンラインストアを展開。取扱いアイテムはメンズ、ウィメンズのウェアやアクセサリー、シューズを主体にテーブルウェアやステーショナリーまで幅広い品揃えです。
またバーニーズ ニューヨークのオリジナルブランドと、ヨーロッパや米国、日本などのデザイナーブランドにより構成されています。店舗やディスプレイ、接客サービス、コミュニケーションが一体となって、他にはない新鮮な発見とくつろいだ心地よい時間を提供し、大人の男女が一緒にショッピングを楽しめる空間を提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バーニーズ ジャパン >
  3. 先進国が投棄した廃材でアートを制作。サスティナブルな社会を目指す美術家 長坂真護氏による作品展を開催