情報が整理しやすいライフログ手帳、「ジブン手帳」2021版を発売

1日1ページタイプの新フォーマット「ジブン手帳DAYs mini」が登場

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、情報の置き場が整理されたフォーマットで書きこみやすく見返しやすいと人気のライフログ手帳「ジブン手帳」シリーズに、新フォーマットとなる1日1ページタイプなどを加えた2021年版を、9月上旬から順次発売します。
大手広告代理店のクリエイター・佐久間英彰氏がページ制作を監修した「ジブン手帳」は、一年で終わりではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書き綴る「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3分冊からなる新しいスタイルの手帳です。2013年版から当社で販売を開始し、毎年大変好評をいただいています。

2021年版では、より多くの情報を書きこみたいというユーザーに向けて、1日1ページタイプの新フォーマットを採用した「ジブン手帳DAYs mini」がラインアップに加わります。ビジネスもプライベートもしっかり書ける24時間軸など従来の特長も引き継ぎつつ、左右に異なる内容を整理しながら書き分けられる独自の「T型タイムライン」を採用しました。持ち運びに便利な半年ごとの分冊タイプで、中紙にはコクヨオリジナルの手帳用紙「THIN PAPER」を使用しています。

ラインアップは定番のスタンダードタイプの他、ビジネスシーンに適した「ジブン手帳Biz」、落ち着いたパステルカラーが好評のペールカラーカバータイプ、表紙一体型でミニマル仕様の「ジブン手帳Lite mini」など、あわせて33品番です。また、「ジブン手帳」がさらに使いやすくなる周辺文具シリーズ「ジブン手帳Goods」からは、ナチュラルな色合いの専用カバーが新たに登場します。手帳本体と合わせて使うことで、ペンやふせんなどの小物類も同時に持ち運びやすくなります。
 

「ジブン手帳DAYs  mini」「ジブン手帳DAYs mini」

〇発売予定:2020年9月上旬より順次
〇メーカー希望小売価格(消費税抜):ジブン手帳 2,200円~3,200円、ジブン手帳Goods 480円~2,500円
〇商品詳細ページ http://kokuyo.jp/pr/jibun/


1日1ページタイプの「ジブン手帳DAYs mini」が新登場

1. 左右に異なる内容を書きこめる「T型タイムライン」
従来のウィークリータイプよりもたっぷり書き込みたい人に向けた1日1ページタイプのジブン手帳が新登場。以前から好評の24時間軸はそのままに、 「仕事とプライベート」「予定と実績」「スケジュールとタスク」「自分と家族」など、中央にある24時間軸に対して左右に異なる内容を書き分けられます。アイデア次第で様々な使い方が可能なフォーマットです。

2. 持ち運びに便利な分冊タイプ
1年を前半(1~6月)と後半(7~12月)の半年分ずつにわけた分冊仕様です。分冊された半年分の厚みは従来の「DIARY」とほぼ同じなので、持ち運びにも適しています。


3. シーンを選ばず使いやすい4色のカラーバリエーション
ブルー、グレー、レッド、イエローと、ビジネスでもプライベートでも使いやすい4色をそろえました。PVC製の透明カバーの内側に、色特殊紙を挿入しています。

ナチュラルな色合いの専用手帳カバーが新登場
ペンやふせん、テンプレートなど、手帳と一緒に使いたい小物類の持ち運びに便利な「ジブン手帳」「ジブン手帳mini」の専用手帳カバーです。手触りの良い素材を用いた、ナチュラルな3色展開です。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コクヨ株式会社 >
  3. 情報が整理しやすいライフログ手帳、「ジブン手帳」2021版を発売