【CES 2022】日本のスタートアップが世界に挑戦!過去最大の52社が日本パビリオンに集結!

~1月5日から世界最大のテックイベントが2年ぶりにリアル開催~

日本貿易振興機構(JETRO) は、世界最大のテクノロジー見本市CES 2022(米国・ラスベガス、2022年1月5日-8日)において、日本のスタートアップ52社の出展をサポートします。JETROは日本のイノベーションやスタートアップを世界に広くPRする場として2019年から毎年CESに J-Startup/JAPANパビリオンを設置。今回は過去最多の社数が参加し、最新の技術や製品を展示します。

CES 2022パビリオンイメージCES 2022パビリオンイメージ

■前回リアル開催と比較し出展社数が倍増、パビリオンも2カ所に増設

CES 2022は、2年ぶりのリアル開催となります。コロナの影響を受けプロダクトを海外でリアル展示する機会が減っている中、世界中からビジネスパーソンが集まる本イベントで、J-Startupを中心とした日本のスタートアップが革新的なハードウェアを披露します。
JETRO は、毎年Eureka Parkにパビリオンを設置していましたが、今回初の試みとしてEureka Parkに加え、Venetian 2Fにもパビリオンを設置。2つのエリアでパビリオンを設けます。前回のリアル開催(CES2020)の出展社数28社と比較し、今回は52社と過去最多、ほぼ2倍の規模となり国内外から注目を集めそうです。JETROは出展社に対し、メディアカバレッジや商談に繋げていくための支援メニューを提供し、日本を代表するスタートアップが海外市場進出の糸口を見つけられるよう強力に後押しします。

 

■J-Startup/JAPANパビリオン出展概要
会期:2022年1月5日(水)~8日(土)の4日間
場所:米国・ラスベガス
出展エリア:Venetian 1F Eureka Park / Venetian 2F 国際パビリオン
対象:グローバルビジネスを視野に入れているスタートアップ企業、中堅・中小企業
出展企業数:
Eureka Park: 40社
Venetian 2F: 12社
出展社リスト:https://www5.jetro.go.jp/newsletter/iib/2021/ces2022list.pdf


■過去最多の6社がイノベーション・アワードを受賞
今回は、 J-Startup/JAPANパビリオン出展企業から過去最多の6社が、イノベーションアワードを受賞しました。イノベーションアワードとは、CESの会期を前に特に優れたプロダクトを扱っている企業に対し主催者CTAから贈られる賞であり、受賞者にはイベント会場で注目されるイノベーションアワード・ショーケースのエリアでプロダクトを展示する機会が与えられます。
  
■イノベーションアワード受賞企業(あいうえお順)
・株式会社エアラボ - 吸引式ハンドドライヤー「CIRCULA」
受賞カテゴリー:Health & Wellness
https://airlabo.net/product/
・株式会社クォンタムオペレーション - 非侵襲血糖値取得センサー
受賞カテゴリー:Health & Wellness
https://quantum-op.co.jp/
・株式会社Piezo Sonic - 自律配送ロボット「Delivery AMR:Mighty-D3」
受賞カテゴリー:Drones & Unmanned Systems
https://piezo-sonic.co.jp/products
・フェアリーデバイセズ株式会社 - LTE搭載ウェアラブルカメラ「LINKLET™」
受賞カテゴリー:Digital Imaging & Photography, Streaming, Wearable Technologies※3部門同時受賞
https://linklet.ai/
・mui Lab株式会社 - 手で操作が可能な木製のIoTデバイス「muiボード」
受賞カテゴリー:Smart Home※CES2019に続き2度目の受賞
https://muilab.com/services/
・ライトタッチテクノロジー株式会社 - 採血のいらない非侵襲血糖値センサー
受賞カテゴリー:Health & Wellness
http://www.light-tt.co.jp/

 

CES 2020 Unveiledの様子CES 2020 Unveiledの様子

■会期中に開催される2つのメディアイベントには計22社が参加
会期中に開催されるメディアイベントである、「Unveiled(14社)」と「Showstoppers(20社)」にも一部の出展社が参加します。「Unveiled」は、会期の2日前(1月3日夜)に開催されるプレス関係者向けのCES公式メディアイベントであり、前夜祭的な位置付けです。CES2020では、3時間半のイベントに1,500人以上のプレス関係者が集まりました。会期を前に注目プロダクツとしてのメディア露出や速報性が期待できます。「Showstoppers」は会期初日(1月5日夜)に開催されるメディア向けサイドイベントです。「Unveiled」と比べ、メディアの方々により深く理解いただくために長い時間をかけてプロダクトの詳細について説明ができる場になります(メディアとしても深掘りをしてくる)。これらのイベントに参加する22社は、メディアと直接話をすることで、自社のPR、海外メディアへの掲載・転載といったメディアカバレッジの最大化を目指します。

【CESについて】
1967年から続くCESは世界最大級のテクノロジー見本市で、毎年1月に米国・ラスベガスで開催されます。前回のリアルで開催されたCES 2020には世界約160ヵ国から約18万人が訪れ、約4,600社の出展企業により20,000以上の新製品・サービスが登場しました。かつては家電製品主体の展示会でしたが、現在は自動運転などの新たな分野やスタートアップ等も参入し、世界最大のテクノロジーの祭典として位置づけられています。 
CESオフィシャルサイト:https://www.ces.tech/

【J-Startupについて】
日本のイノベーション政策の一環として、2018年に経済産業省主導で立ち上がったスタートアップ企業の育成支援プログラム。J-Startupはトップベンチャーキャピタリストや大手企業のイノベーション担当者などから構成される推薦委員が企業を選抜。官民による手厚い支援を提供し、成功モデルを創出します。世界で戦い、勝てる企業を日本から創出することで、世界に新しい価値を提供します。
J-Startupオフィシャルサイト:https://www.j-startup.go.jp/

【ジェトロ・スタートアップ支援課について】
世界で活躍するスタートアップ創出のために、政府や関係機関と連携し、スタートアップのグローバル展開を支援するジェトロ イノベーション・知的財産部内の組織。世界各地のスタートアップ・エコシステムと直結した展示会等のイベントへの出展支援や、ブートキャンプ等のハンズオン型プログラムの企画・運営、現地アクセラレータ/VCとのメンタリング・マッチング機会等を提供。具体的な活動内容や募集中のイベント等については以下のリンクより確認可能。
URL: https://www.jetro.go.jp/themetop/innovation/
Facebook: https://www.facebook.com/jetroinnovation
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジェトロ・スタートアップ支援課 >
  3. 【CES 2022】日本のスタートアップが世界に挑戦!過去最大の52社が日本パビリオンに集結!