当社グループのJCQバイリンガル幼児園 国際バカロレア 初等教育プログラム(PYP)候補校に認定

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)は、当社グループである現代幼児基礎教育開発株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:柴田巌)の運営するJCQバイリンガル幼児園(以下JCQ)が、2015年9月1日をもって、国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)の候補校に認定されたことをお知らせいたします。

21世紀を担うこどもたちにとって必要な素養を多様なプログラムを通して提供しているJCQでは、既にバイリンガル教育や探究型学習を重視しています。現在目指しているPYPの導入は、こどもたちにとって、さらに広い視野で物事をとらえ、自ら主体的に考えて自己表現する力の習得を支援すると考えています。


本邦においては、単独の幼児教育機関でPYPの認定を受けている園は無く[1]、候補校認定されている単独園もわずかな数しかありません。JCQは、グローバル人材教育を柱とした大学・大学院を運営するBBTや、同じグループで既にPYP、DPの認定校となっているアオバジャパン・インターナショナルスクール(以下、アオバ)と共に、PYPの本格導入を通じ未来のグローバルリーダーの育成に向けて今後も尽力していく所存です。

[1]国際バカロレアの認定校(文部科学省HP) http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307999.htm


◆国際バカロレアとは *文部科学省HPより引用
国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラム。国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年、チャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置。現在、認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施。

国際的な視野を持った人材を育成するため、生徒の年齢に応じて、以下の教育プログラムを提供。
平成27年8月3日現在、世界140以上の国・地域、4,297校(日本国内:35校)において実施。

1.プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP) 【1,304校 (国内:19校)】
3歳~12歳を対象として、精神と身体の両方を発達させることを重視したプログラム。どのような言語でも提供可能。1997年設置。
2.ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP) 【1,199校 (国内:9校)】
11歳~16歳を対象として、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム。どのような言語でも提供可能。1994年設置。
3.ディプロマ・プログラム(DP) 【2,893校 (国内:26校)】
16歳~19歳を対象としたプログラムであり、所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として、英語、フランス語又はスペイン語で実施。 1969年設置。
4.キャリア関連プログラム(CP) 【68校(国内:-校)】
16~19歳を対象として生涯のキャリア形成に役立つスキルの習得を重視した、キャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は英語、フランス語又はスペイン語で実施。2012年設置。


【JCQについて】
グローバルな視座を持ち、思いやりがあり、協力的で、そして学ぶことに深い喜びを感じ、リスクを恐れず新しいことに挑戦し世の中を変えていくことのできる人材の育成をミッションとして設立。バイリンガル教育を重視しており、学齢に応じた英語のレッスンを実施。日本のみならず様々な国の文化に触れることで広い視野を育める環境を提供しているほか、こども達が自発的に取り組み、表現する力を育む「探究型学習」にも力を入れている。また、こどもたちの可能性を開花するために体操、リトミック、空手など専門性の高いプログラムも取り入れている。 http://www.jcq.jp/

JCQバイリンガル幼児園は、国際バカロレア(IB)「初等教育プログラム」(PYP)の候補校(※)です。
本校はIBワールドスクール(IB認定校)としての認定に向けた申請段階にあります。このIBワールドスクールとは、「質の高い、チャレンジに満ちた国際教育に信念をもって取り組むことにコミットする」という理念を共有する学校です。JCQバイリンガル幼児園も、このような教育に取り組むことが、生徒にとって重要なことであると信じています。
※IBの「初等教育プログラム」(PYP)、「中等教育プログラム」(MYP)、「ディプロマプログラム」(DP)の3つのプログラム(および「IBキャリア関連サーティフィケイト」)を実施することができるのは、国際バカロレア機構に認定された学校のみです。候補校であることは、IBワールドスクールとして認定されることを保障するものではありません。
IBおよびIBのプログラムの詳細については、ウェブサイト(http://www.ibo.org)をご覧ください。

【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。東証マザーズ上場10周年、BBT大学大学院開学10周年、経営学部設置5周年にあたる2015年は、設立当初より全く新しい教育の形を提案し続けてきた姿勢をさらに発展させ、独自のIT技術を駆使した最先端の教育の提供を目指す。
在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。 http://www.bbt757.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビジネス・ブレークスルー >
  3. 当社グループのJCQバイリンガル幼児園 国際バカロレア 初等教育プログラム(PYP)候補校に認定