マックスマーラ 2021年プレフォールコレクションを発表

マックスマーラは12月14日(現地時間)、2021年プレフォールコレクションを発表いたしました。

エリザベス・"リー"・ミラー:何にもカテゴライズされることのない輝く才能。その知性、創造性、美しさ、意欲、毅然とした決断力は、激動の人生の中のさまざまな分岐点で、彼女の地位を揺るぎないものにしました。

マン・レイ、マックス・エルンスト、マグリット、コクトー、ピカソ。数々のアーティストに影響を与えた先駆的な芸術家であり、写真家であり、ジャーナリストであると同時に、モデル、そしてミューズとしての顔を持つリー・ミラー。
光と影のコントラストに彩られた彼女の人生は、あらゆる場面が写真という現代的な媒体によって捉えられています。そのザラッとした白黒の画像にインスピレーションを受けて、マックスマーラは「グレー」という色を新しい視点で見直しました。軍服に身を包んだミラーの写真をイメージし、コレクションの中心テーマである「コンバットテーラード」が生まれました。使命を背負った女性に向けて、マックスマーラが新たに提案する「サルトリアーレ」コレクションはシャープな仕立てのスーツ、スマートなグリザイユ、そして実用的なベロウズポケット付きのグレンチェックをそろえています。大きめのボックス型のジャケットには、カーゴパンツや膝上丈のスカートを合わせました。
エドワード・スタイケン、ジョージ・ホイニンゲン=ヒューネが撮影したリー・ミラーの写真は、「モダンガール」の象徴として、ファッション界の頂点に立った少女の姿を映し出しています。これらの写真をヒントに、大きなリボンとギャザーを寄せた袖がドラマチックなオーガンザとシルクのガザールをデザインしました。
ドットは、ミラーが好んだパターンの一つでした。今回のコレクションでは、グレーとホワイト、そしてトーンオントーン配色のドット柄をチョイス。生地の上で、大きなドットからさらに大きなドットへと広がります。
以前から、マックスマーラにとって、ミラーはミューズの象徴であり、リスペクトの対象でした。スティーヴン・マイゼルが撮影した1999年のキャンペーン写真のムードボードでは、キャロリン・マーフィーがミラー風の雰囲気で登場しています。クールで自信たっぷりでグラマラス。彼女はサイドを紐で結ぶデザインの白いスーツを着こなしています。このスーツをアップデートしたバージョンが、肩にかけたアイコニックな101801コートと組み合わせてラインナップに登場しています。
アーティストのジェシー・マンは、ミラーのような「複雑で完全に立体的な女性像」の女性のロールモデルが増えるべきだと語っています。マックスマーラは、世界に挑戦するための「武器」をそろえたコレクションを展開し、
女性たしています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マックスマーラ ジャパン >
  3. マックスマーラ 2021年プレフォールコレクションを発表