Web3.0等の先端IT技術を活用したサービス開発に向けて当社アドバイザーに東京大学大学院情報学環 高木 聡一郎教授が就任 

不動産テックの日本情報クリエイト株式会社(本社:宮崎県都城市、代表取締役社長:米津 健一、以下「日本情報クリエイト」)は、Web3.0等の先端IT技術を活用したサービス開発に向けて、データ戦略アドバイザーに東京大学大学院情報学環教授 高木 聡一郎氏が就任したことを発表致します。
高木氏はこれまでも、情報経済学、デジタル経済論の専門家として、IT産業のビジネスモデルや、ITの普及・発展に伴う社会への影響を、主に経済学の観点から分析し、情報技術、組織、経済という3つの要素の間の相互作用に着目した新しい経済システムの姿を探求しております。日本情報クリエイトは高木氏からアドバイスを受けることで、不動産業界の真のDXを追求し、Web3.0等の先端IT技術を活用したソリューション提供を目指し、不動産業界の生産性向上及びこれまで以上の発展に尽力してまいります。
 
  •  略歴:高木 聡一郎氏

東京大学大学院情報学環教授。東京大学芸術創造連携研究機構(アートセンター)フェロー、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)主幹研究員を兼務。これまでに、国際大学GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ代表、ハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェロー、慶應義塾大学SFC研究所訪問所員などを歴任。主な著書に「デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則」(翔泳社)、「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」(翔泳社)、「Reweaving the Economy: How IT Affects the Borders of Country and Organization」(東京大学出版会)、「学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには」(インプレスR&D)など。2015年に社会情報学会より「新進研究賞」、2019年にKDDI財団よりKDDI Foundation Awardを受賞。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。
 
  • 日本情報クリエイトについて
創業27年、不動産テック企業として業界に特化したDX商品・サービスを提供し続けています。全国に29ヶ所のサポート拠点を持ち、各地の不動産会社へ向けてITを活用した業務支援による働き方改革を推進しています。

会社名   :日本情報クリエイト株式会社
所在地     :宮崎県都城市上町13街区18号
代表者     :代表取締役社長 米津 健一
資本金   :722,608,200円
URL      :https://www.n-create.co.jp/
 
  • 問い合わせ先
日本情報クリエイト株式会社
TEL:0120-965-458
受付時間:9:30~12:00・13:00~18:00(土日・祝及び弊社休業日を除く)
https://www.n-create.co.jp/contact/toiawase/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本情報クリエイト株式会社 >
  3. Web3.0等の先端IT技術を活用したサービス開発に向けて当社アドバイザーに東京大学大学院情報学環 高木 聡一郎教授が就任