八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が、新宿御苑 屋外フェスに登場!

八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が、新宿御苑にて開催される「GTFグリーンチャレンジデー」に登場いたします。

株式会社 八芳園(代表者:長谷晴義、本社:東京都港区白金台、以下八芳園)が、家具の街・福岡県大川市の職人の方々と開発した組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が、2019年10月5日(土)・6日(日)、新宿御苑にて開催される「GTFグリーンチャレンジデー」に登場いたします。
新宿御苑にて、2019年10月5日(土)・6日(日)「つなげよう、支えよう 森里川海」をテーマに、遊んで学んで自然とふれあう「GTFグリーンチャレンジデー」が開催されます。
その中で開催する「GTF令和みんなの茶会」にて、八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が登場いたします。


■職人の技が光る組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」
いまや八芳園のイベントではかかせない存在となっている八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」は、歴史と伝統を誇る、家具生産高日本一の家具の街・福岡県大川市の職人たちとの共同開発によって生まれました。
昨年4月、シンガポールで開催された「SAKURA JAPAN」では、八芳園を飛び出し、日本を飛び出し、海外の多くのお客様を魅了いたしました。
そんな普段は一般公開されることのない「無常庵-MUJYOAN-」が、この度の新宿御苑「GTFグリーンチャレンジデー」内にて開催される「GTF令和みんなの茶会」にて、2日間限定で登場いたします。


■八芳園と大川市の繋がり
八芳園は、組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」をはじめ、大川市に受け継がれる木工技術・組子技術の職人の技とともに、八芳園で使用する家具や器、ご提案する文化体験などを共同開発してまいりました。
2017年6月には、八芳園と福岡県大川市は包括的連携協定を結び、大川市で480年受け継がれる木工技術・職人の技と、八芳園のOMOTENASHI精神・イベントプロデュース力を連携させ、日本文化の継承と発信・さらなる双方の地域活性化、海外の方々への質の高い日本文化体験の提供などを目指しています。


■日本の美を、世界へ。
職人の技に触れ、日本の伝統に触れ、そして人に触れる、八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」。
「OMOTENASHIを世界へ」を掲げる八芳園は、様々な出会いや取り組みの中で、日本の伝統文化・伝統技術の魅力を世界へ発信してまいります。
組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が登場する10月5日(土)・6日(日)「GTFグリーンチャレンジデー」でも、一期一会の出会いと体験をお届けいたします。
 

 

【GTFグリーンチャレンジデー】

【八芳園について】
八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境つくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを 海外のお客様には日本の文化を」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストラン等の企画運営を展開。都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、 お客様へ至福の時を提供しています。
〈八芳園公式ホームページ​〉https://www.happo-en.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八芳園 >
  3. 八芳園の組み立て式茶室「無常庵-MUJYOAN-」が、新宿御苑 屋外フェスに登場!