【17 Live】 新型コロナウイルスの影響で中止や延期になったイベント等の主催者様を対象に、ライブ配信サポートをする専用窓口を開設

-ライブ配信を通じて、できる限りのことを -

日本No.1*ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を運営する株式会社17 Media Japan(東京都港区、代表取締役:小野 裕史、URL:https://17media.jp)は、新型コロナウイルスの影響でイベント等の中止または延期、施設の休園を決めた主催者様や施設主様を対象に、ライブ配信に関するサポート窓口を開設しましたことをお知らせいたします。
本日現時点におきましても、政府より発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」や、「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等の中止、延期又は規模縮小等の対応を要請」を受け、多くのイベントが中止または延期となっているほか、アミューズメント施設等の休園が決まっています。

ライブ配信は、ライブ配信を行う“ライバー”とそれを視聴するオーディエンスが直接対面することなくコミュニケーションを取ることが可能なサービスです。今後、さらに拡大が見込まれるイベントの中止・延期や施設の休園等といった影響に対して、当社のメインサービスであるライブ配信事業やそれに伴うノウハウやサービスを提供することで、参加する方やイベント主催者様、施設主様が受ける負担を少しでも抑えていきたいという思いから、サポート専門窓口を開設し、本日2月28日より稼働を開始いたしました。

当社がサポートできることは、ごく一部の内容ではございますが、新型コロナウイルスで苦難や危機に直面している方々の一助になりましたら幸いです。

※なおサポート専門窓口は期間限定での設置となり、今後につきましては新型コロナウイルスの影響や社会情勢等を鑑みて決定いたします。

■サポート窓口:
E-mail: jp_support_center@17.media
まずはE-mailにてお問い合わせください。

■サポート内容の一例        
・「17 Live」配信アカウントの開設、配信方法のレクチャー、配信内容に関するコンサルティング
・当社「17 Live」で活躍するイチナナライバーの出演協力
・ライブ配信スペースの提供や機材のレンタル
 ※全てのご依頼者様に同様のサポートは出来かねる場合もございますので、ご了承ください。

■想定されるサポート企業例 (ライブ配信に適していると思われる内容例)
・アーティストのライブ、コンサート
・サッカーや野球、その他のスポーツイベント
・演劇、舞台、お笑いライブ
・アート系展示会やパフォーマンスイベント
・遊園地、アミューズメント施設、動物園、水族館等で開催されるショーやイベント
・サークル、団体等の集客を伴うイベントや講座
・塾や予備校、セミナー、採用説明会、ヨガやフィットネス等の一人および少人数対多数の屋内イベント

■「17 Live」について
“Empower Artist, Entertain the World.〜才能を輝かせ、世界をワクワクさせる〜”をミッションに掲げる「17 Live」は、ライブ配信を通じてあらゆる表現者の才能を輝かせ、これまでにない新しいエンターテインメントを生み出している日本No.1*ライブ配信プラットフォームです。イチナナライバーには一般ユーザーはもちろん、世界で活躍する俳優、歌手、タレント、モデル等著名人も積極的に参加しており、現在は世界4,200万に上る登録者を達成しています。 *自社調べ(2019年11月時点)
「17 Live」 日本版公式HP:https://www.17media.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社17 Media Japan >
  3. 【17 Live】 新型コロナウイルスの影響で中止や延期になったイベント等の主催者様を対象に、ライブ配信サポートをする専用窓口を開設