手間なく贈れて気持ちが伝わるデジタルギフト『QUOカードPay(クオ・カード ペイ)』12月1日(水)より「マツキヨココカラ&カンパニー」の10屋号でご利用いただけるようになります!

 全国共通のプリペイドカード「QUOカード」を発行している株式会社クオカード(本社:東京都中央区、代表取締役社長: 近田 剛)が展開するスマートフォンで使えるデジタルギフト『QUOカードPay(クオ・カード ペイ)』は、12月1日(水)より、株式会社マツキヨココカラ&カンパニー(本社:東京都文京区、代表取締役社長:松本 清雄)が展開する「マツモトキヨシ」など以下の対象屋号でご利用可能になります。「QUOカードPay」は日常のあらゆるシーンでご利用いただけるデジタルギフトを目指し、今後も加盟店拡大に努めてまいります。

■対象屋号

マツモトキヨシ、matsukiyo LAB、petit madoca、どらっぐぱぱす、くすりのラブ、ヘルスバンク、シメノドラッグ、ファミリードラッグ、ミドリ薬品、ダルマ薬局
※一部店舗を除く
※上記以外のマツキヨココカラ&カンパニーの屋号では、QUOカードPayはご利用いただけません。

■株式会社マツキヨココカラ&カンパニーについて
社名:株式会社マツキヨココカラ&カンパニー
所在地:東京都文京区湯島1丁目8番2号MK御茶ノ水ビル7階
代表者:代表取締役社長 松本 清雄
ホームページ:https://www.matsukiyococokara.com/

■『QUOカードPay』の特長

スマホ画面表示イメージスマホ画面表示イメージ

 

 

『QUOカードPay』ロゴマーク『QUOカードPay』ロゴマーク











面倒な情報登録一切なし!「もらう」「ひらく」「みせる」の3ステップで利用可能
 『QUOカードPay』は、面倒な銀行の口座登録やクレジットカード情報、名前やメールアドレスなどの登録なし、専用アプリのダウンロードも不要、受け取ってすぐに利用でき、不足分は現金と併用で利用できます。
(券売機や無人レジでは、現金等との併用でのお支払いは出来ません。)

最短即時発行!手間も送料もなし!オリジナル画面の作成で贈り手の気持ちが伝わるデジタルギフト
 最短即時で納品ができ、発行されたURLをメールや各種SNSなどで贈るだけなので、手間も送料もかかりません。残高が表示されるだけでなく、店頭で利用するたびにカード画像が表示されるため、ブランドとの接点を生み出す新たなコミュニケーションツールになります。

【株式会社クオカードについて】
 コンビニエンスストアやドラッグストア、書店、カフェなど全国の身近なお店で利用でき、一般消費者の認知度92.1%※ を誇る「もらって嬉しい・贈って喜ばれる」ギフトカード「QUOカード」の発行会社です。「QUOカード」は、1987年の創業以来、発行された枚数は累計約10億枚。企業によるキャンペーンなどのインセンティブや挨拶品、株主優待品での利用のほか、地方自治体やNPO法人、学校法人等による各種助成を目的とした利用も増えています。2019年3月にスタートした「アプリ不要ですぐに使える・気持ちが伝わる」デジタルギフト「QUOカードPay」も、コンビニエンスストアやドラッグストア、書店をはじめ、ファッション、家電量販店、ファストフード、スーパーマーケットなど幅広いジャンルに加盟店が広がるとともに、さまざまな業態における各種キャンペーンのインセンティブ、ポイント交換、福利厚生など多くの用途で採用されています。最近では、ソーシャルメディアキャンペーンやアプリの新規会員獲得などに効果的なインセンティブとしての利用例も増えています。 
 クオカードは新たなサービスの提供により利用シーンの拡充と利便性を向上させ、お客様の多種多様なギフト需要に対応していきます。
※全国10万人を対象に当社調べ

【株式会社クオカード公式サイト】https://go.quocard.com/pr/

【QUOカードPay(クオ・カード ペイ)サービスサイト】https://go.quocard.com/pay/pr/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クオカード >
  3. 手間なく贈れて気持ちが伝わるデジタルギフト『QUOカードPay(クオ・カード ペイ)』12月1日(水)より「マツキヨココカラ&カンパニー」の10屋号でご利用いただけるようになります!