東京ヴェルディ、オフィス・自宅等に置くだけでプライベート空間ができる、株式会社KIJIN提供の木製ワークブース『WOOBO(ウーボ)』を導入 

東京ヴェルディは、クラブのコーポレートパートナーで、木を活用した空間デザイン企画、オフィスを木のある居心地の良い空間に早変わりできる「オフィス“木質化”リノベーション」を手掛ける株式会社KIJIN(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:石川玄哉)より、オフィス・自宅等に置くだけでプライベート空間ができる木製ワークブース『WOOBO(ウーボ)』をご提供いただきました。


【導入背景】
新型コロナウイルスの影響で、働き方が変わっていく中、東京ヴェルディのクラブハウスはオンライン会議に適した作りになっておらず、また、会議室の増設も難しいため、この変化への対応が課題となっていました。

株式会社KIJINの木製ワークブース『WOOBO(ウーボ)』は組み立て式で設置がしやすく、場所に限りがある中でもオンライン会議用のスペースの導入が容易なため、今回の導入に至りました。

導入後は、オンライン会議が行いやすくなったことはもちろん、個室で作業できる集中スペースのように活用できるなど、クラブスタッフからとても好評を得ています。


株式会社KIJIN代表取締役社長 石川玄哉 様 コメント
「私自身も仕事をする中で、オンライン会議をしたり、一人で集中作業をしたり、時には少し休んだり、周りの目を気にせずいられる場所の必要性を感じているところから、本製品の開発が始まりました。

様々な要素、様々な素材を考えているうちに、仕事がはかどるためにも、周りに秘密なことをする際にも、安心感ややすらぎのある空間が良いことが分かりました。

その空間づくりのための、程よい素材感、サイズ、照明、余白感を目指した結果として、『仕事はかどる、秘密もできる、オフィスの木箱。WOOBO(ウーボ)』が完成しました。このオフィスの木箱で、東京ヴェルディスタッフの皆様のパフォーマンスが向上して、チームがより良い結果を出せるように、お役に立てたら幸いです」

『WOOBO(ウーボ)』とは
ビジネスワークブースでありながら、ワクワクブース。
落ち着いて仕事もはかどりながら、ついつい仕事以外もしてしまいたくなる余白を持つ空間。
一人占めしたいけど、この快適さはみんなと共有して楽しみたい。
子どもの頃のワクワクを思い出すような、大人の秘密基地。それが、『WOOBO(ウーボ)』です。
URL:  http://kijinwood.jp/woobo

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京ヴェルディ >
  3. 東京ヴェルディ、オフィス・自宅等に置くだけでプライベート空間ができる、株式会社KIJIN提供の木製ワークブース『WOOBO(ウーボ)』を導入