5月20日は「世界みつばちデー」 2020年までに5,000万匹のみつばちを救おう

みつばちの危機は、私たちの危機 2019年4月24日〜5月20日までキャンペーン実施

みつばちは世界の主要農作物の75%以上の受粉を担うと言われていますがその数は近年急激に減少しています。ニールズヤード レメディーズでは、昨年に引き続き2019年4月24日より「SAVE  THE  BEES ― 2020年までに5,000万匹のみつばちを救おう」キャンペーンを実施します。みつばちが人間とどうかかわっているのか?いなくなることで生活はどう変わるのか?などの問題をより多くのお客様に知っていただくため、店舗、ウェブサイト、SNSを通じてお伝えしていきます。

ナチュラルアポセカリーとして創業以来、オーガニック原料にこだわった製品をつくるニールズヤードは、2011年 ビーラブリーハンドクリームの発売時より “ HELP  SAVE  THE  BEES ”キャンペーンを実施、売上の一部をみつばちの生態系を守るチャリティ団体へ寄付しています。その総額は2017年までに8万ポンドを超え、昨年2018年10月の実施時には “ Bees for Development ”( イギリス )をメインパートナーとし、世界中のニールズヤードの売上の一部をこの団体に寄付。実績として受粉媒介生物の減少により収穫量の減ったガーナのカシューナッツ農園へ、みつばちの巣箱375個の設置とBee Keeper(養蜂家)のトレーニングに使われました。

今年は「World Bee Day(世界みつばちデー)」の5月20日までキャンペーンを実施し、多くの方に呼びかけをしていきます。

 「SAVE  THE  BEES ー 2020年までに5,000万匹のみつばちを救おう」にご賛同いただき、この問題を多くの方々に知っていただきたくお願い申し上げます。

 ■  みつばちの受粉がないと農作物に大きな影響が出る(写真提供©Axel Kirchhof / Greenpeace)

ハチがいるとハチがいると

 

ハチがいないとハチがいないと

 











2018年までに1,875万匹を増やすことができました。
2019−2020年で3,500万匹を目標に5,000万匹達成に向けキャンペーンを実施していきます


■ これまでまでの歩み -イギリスおよびグローバルの活動-
2011年 Help Save the Bees 「ビーラブリーキャンペーン」スタート
- ビーラブリーハンドクリームを発売、売上の一部の13,000ポンドを寄付
- 環境保護活動が認められ 「International Green Award 2011]受賞
2012年 「ビーラブリー嘆願書」活動を開始
 - みつばち減少の一因、農薬「ネオニコチノイド」の法規制へ向けた嘆願書を提出
 - ビーラブリーシリーズを発売、売上の一部と共に補助金給付のための基金設立
2013年 12万を超える嘆願書を首相官邸に提出
2014年 ロンドン養蜂家協会、Plantlife等4団体への累計寄付額が50,000ポンドに
2015年 キャンペーンコミュニティ「38 Degrees」の嘆願書活動に賛同・参加し、みつばちの命を奪う殺虫剤の使用禁止を嘆願
2016年 ロンドン養蜂家協会と共に、1,000株の苗をみつばちのために植樹
2017年 「ビーラブリーオールマイティバーム(Bee Lovely All Over Balm)」発売
-  バーム1個の売上で500匹のみつばちを救おう!キャンペーンを実施
-  Bees for Development、Plantlifeへの寄付が80,000ポンドに
2018年 イギリスをはじめEU諸国の一部が「ネオニコチノイド」農薬使用禁止を法制化  
→ 日本ではこの農薬は使用しています












■ これまでまでの歩み -日本における活動-
2013年 4/24-5/31 「 SAVE  THE  BEES ービーラブリーキャンペーン」日本スタート
- ビーラブリーシリーズ リップバーム・ボディローション・ハンドクリーム・ ハンドウォッシュの発売 
- 「ハニーウォークフォトコンテスト」を開催、身近な場所でみつばちを探して、撮った写真をSNSに投稿しよう!
-  NPO法人みつばち百花主催「花粉源・蜜源植物を増やす支援活動」へ苗木を寄付
2014年 4/25-5/31
 - 「BEEスマイルフォトコンテスト」を開催、各店舗に設置した「MYエコ宣言ボードを使った写真をSNSに投稿しよう!
-  NPO法人みつばち百花主催「花粉源・蜜源植物を増やす支援活動」へ苗木を寄付
2015年 4/15-5/10
 - 「店内にいるみつばちを探せ」店内に隠れたみつばちのアイコンを見つけられた方へお花の種をプレゼント
 -  NPO法人みつばち百花主催「花粉源・蜜源植物を増やす支援活動」へ苗木を寄付
2016年 4/27-5/25
 -  ハーブティ&国産はちみつセットを限定販売
2018年 10/1 1個の売上で500匹のみつばちを救うビーラブリー オールマイティバーム日本発売
10/1-10/31「SAVE  THE  BEES ー 2020年までに5,000万匹のみつばちを救おう」実施




















5月20日は「世界みつばちデー」みつばちの危機は、私たちの危機
<ビーラブリー オールマイティバーム>
2019年4月24日〜5月20日まで 10%還元実施*1

50g/ 価格:4,800円 + 税   ビーラブリーシリーズ製品の売上の3%がみつばちを救う活動に寄付されます。50g/ 価格:4,800円 + 税   ビーラブリーシリーズ製品の売上の3%がみつばちを救う活動に寄付されます。

みつばちは世界の主要な農作物の75%以上の受粉を担うと言われていますが、その数は近年急激に減少しています。これは地球と人間にとって深刻な問題です。ナチュラルアポセカリーとして創業以来、オーガニック原料にこだわった製品をつくるニールズヤード レメディーズは、2011年ビーラブリーハンドクリームの発売時より “ HELP  SAVE  THE  BEES ”キャンペーンを実施、売上の一部をみつばちの生態系を守るチャリティ団体に寄付しています。その総額は2017年までに8万ポンドを超えました。ビーラブリーシリーズを代表するオールマイティバームは、1個の売上で500匹のみつばちを救います*。ニールズヤードでは2020年までに 5,000万匹 のみつばちを救いたいと考えています。ビーラブリーのボディケアでこの活動を支えていただきたいと願っています。
*1 一部店舗は還元方法が異なります。

■ 特徴 ■
・栄養に富むニュージーランド産のオーガニックビーズワックスに、元気を与えてくれるオレンジの香りを配合し た99%オーガニック成分のバームです。
・南米産のカカオ豆をローストし圧搾したココアバターが、体温で溶けて皮膚になじみ、絹のようななめらかな肌 に導きます。
・飽和脂肪(トリグリセリド)と脂肪酸(カプリン酸・カプリル酸・ラウリン酸)を豊富に含むココナッツオイル が、肌の水分量を保ち、ハリのある肌に仕上げます。
・3歳以上の子どもから敏感肌を含むすべての肌タイプの方のボディ・ハンドケアにお使いいただけます。
・オーガニック化粧品の世界統一基準であるコスモスオーガニック認定製品です。


ビーズワックス
蜂蜜を蓄えるハニカムの壁をつくるためのみつばちの分泌物。蜂蜜を保護するように、肌を保護する助けをします。伝統的に、保湿、クレンジング、軟膏として使われてきました。
 


Fragrance/オレンジ
甘くフルーティな香りが、心を元気にし、気持ちを高めてくれます。


【全成分】  ヒマシ油*、ヒマワリ種子油*、トウキンセンカ花エキス*、ヤシ油*、ミツロウ*、カカオ脂*、オレンジ果皮油*、トコフェロール(*オーガニック成分)  

オフィシャルサイト 
https://www.nealsyard.co.jp/
公式FACEBOOK 
https://www.facebook.com/NEALSYARD.JP
公式Instagram 
https://www.instagram.com/nealsyard_JP/
公式Twitter 
https://twitter.com/NEALSYARD_JP
LINE@ID:nearlsyard

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニールズヤード レメディーズ >
  3. 5月20日は「世界みつばちデー」 2020年までに5,000万匹のみつばちを救おう