ファミリア銀座本店 CUBiE 夏休みスペシャルイベント開催レポート テキスタイルデザイナー 鈴木マサルとみんなでつくる水族館! familiar AQUARIUM by Masaru Suzuki

会期:2018 年7 月11 日(水)〜8 月29 日 (水) 会場:ファミリア銀座本店 1F イベントスペース 「CUBiE」

ベビー子ども服ブランドのファミリア銀座本店1F「CUBiE」にて、夏休みスペシャルイベント「familiar AQUARIUM by Masaru Suzuki - テキスタイルデザイナー 鈴木マサルとみんなでつくる水族館!」が、いよいよ7月11 日(水)よりスタート致しました。

テキスタイルをベースに、絶妙な色使いと大胆な構図がもたらす、ユーモア溢れる不思議な世界観をプリントで表現する鈴木マサル氏。本展では空間全体に透け感のある布をレイヤー状に大胆に吊るし水の中を表現。レイヤーの先には、鈴木氏自身がハンドペイントしたさかなのオブジェが泳ぐ、まるで大きな水槽を覗くような水族館さながらの空間が完成しました。会期中は無料で参加できるワークショップを毎日開催。ご来場される皆さん(子どもも大人も)には、鈴木氏がシルエットを描いた紙のおさかなに絵の具やクレヨンを使って自由にペイントし、会場の中に貼付けていただきます。皆さんがつくったおさかなは、夏休みの間「CUBiE」を泳ぎまわります。「familiar AQUARIUM by Masaru Suzuk」は、ご来場される皆さんと一緒につくりあげる水族館です。
空想した世界がコンピューターの力でリアルに視覚化できてしまう時代だからこそ、自分の手を動かして創り出す現実味を体感し「ワクワク」「ドキドキ」することや、それぞれに想像し自由に表現すること、みんなで何かつくること、積極的に参加することなど、本展を通じぜひご体験下さい。
暑い日が続く7月〜8月。銀座へお越しの際は、お気軽にお立ち寄りいただき、日々変化する空間をお楽しみ下さい。
  • イベントに寄せて
昨年ファミリアとコラボレーションした展覧会、familiar ZOO はベーシックに作品を見せる展示でしたが、今回のfamiliarAQUARIUM は参加型で、イベント色の強い展示になっています。
会場に来た子ども達が魚型の紙に自由にドローイングし、それをどんどん壁面に貼りつける事で、会場がまるで子どもが日々成長するように毎日変化して行きます。私自身も会期終盤に会場がどのようになっているのか、とても楽しみにしています。ファミリアという会社は子供服だけではなく、幼児教育にも力を入れているそうです。お絵描きが情操教育に良いとか本当なのか?とか、そもそもこのデジタルな現代で絵を描くというアナログな行為は子どもにとってどうなのか?とか、その辺りの事は正直私には良く分からないのですが、キレイな色を見た時の高揚感、絵を描く行為の気持ち良さはちょっとだけど知っているつもり。今回は少しでもそれを伝えられたらと思っています。
多くの子ども達に参加してもらうために、会場に展示してあるものは全て、私自身でドローイングしたもので生々しく構成しています。そういう手の痕跡につられて、沢山の子どもが絵を描いて、参加してくれたらと思っています。
会場が絵を描くという行為で人を巻き込んで、楽しく、活気溢れる場になることを願っています。
                                        2018年6月 鈴木マサル










 









 

 

鈴木マサル(テキスタイルデザイナー)


2004年からファブリックブランドOTTAIPNU を主催。色鮮やかなプリントテキスタイルを中心に、タオルやハンカチ、傘など、生地本来が持つ魅力にあふれたコレクションを展開しています。自身のブランド以外にも、マリメッコ、ユニクロ、カンペール等、国内外の多くのブランドからテキスタイルプロダクトを発表。また、テキスタイル以外にも様々なプロジェクトに参画し、ファニチャー、プロダクト、アパレル、空間など様々なシーンに向け、パターンデザインや自身のテキスタイルを軸にしたデザインを提供しています。
2014年からスタートした富山の魅力を模様で表現した「富山もよう」が第35回新聞広告賞を受賞。
2016年4月にイタリア・ミラノで開催された展覧会「Imagine New Days」(主催 アイシン精機株式会社)に参画し、Milano Design Award 2016 “BEST ENGAGEMENT by IED” を受賞。2016年8月に書籍「鈴木マサルのテキスタイル」(誠文堂新光社刊)を上梓。2017年12月に三菱地所アルティアムにて展覧会「鈴木マサルのテキスタイル 目に見えるものすべて色柄」を開催。現在、東京造形大学教授、有限会社ウンピアット取締役。
http://masarusuzuki.com
 
  • Exhibition Outiline

タイトル:familiar AQUARIUM by Masaru Suzuki

会場      :ファミリア銀座本店 1F イベントスペース 「CUBiE」

              東京都中央区銀座8-8-8 銀座888 ビル
会期      :2018 年 7 月 11 日(水) - 8 月29 日(水)
              11:00 ~ 19:30
              ※最終日8 月29 日(水) は18:00 まで
主催      :株式会社ファミリア

協力      :福永紙工株式会社 株式会社サクラクレパス

会場構成 :設計事務所ima
DM デザイン:坂元夏樹

公式HP :https://www.familiar.co.jp

Facebook:https://www.facebook.com/familiar1950/

Instagram:https://www.instagram.com/familiar_official/

hash tag #familiarAQUARIUM #ファミリアアクアリウム
 
  • WORK SHOP
みんなでつくる水族館!さかなに色を塗って、貼って、泳がせよう!


鈴木マサル氏が描いたおさかなに、
絵の具やクレヨンで自由にペイントできます。
つくったさかなを会場に貼りつけられます。
会期中、どんどん仲間が増えていく様子もお楽しみに!
開催日時:会期中毎日 11:00 〜19:00
※8月29 日(水)は17 :30 まで 参加無料
※混雑時はお待ちいただくこともあります。


さかなのポストカードで暑中見舞いを出そう!
鈴木マサル氏デザインのさかなのポストカードに言葉を添えて、大切な方へ暑中見舞いを出してみませんか?
店内で投函いただけます。
開催日時:会期中毎日 参加費:ポストカード代¥300(税抜)

英語・中国語によるワークショップ
英語・中国語を話せるファミリアスタッフによる、海外の方に向けたワークショップも開催しています。
予約制ワークショップのほか、当日ご参加いただけるワークショップもご用意しております。
詳細は下記よりご覧下さい。
https://www.familiar.co.jp/english/news/index.html

※会期中、CUBiE にて、は水族館をイメージしたブルーのソーダ(清涼飲料)を¥200(税抜)で販売しております。
 
  • Original Items
本展のオフィシャルグッズとして、鈴木マサルデザインによるT シャツとマルチクロスを販売致します。
鈴木マサル氏が描いた、アーティスティックなおさかながプリントされたT シャツは、夏に涼しげな印象で男の子にも女の子にもおすすめです。マルチクロスは、通常のハンカチより一回り大きなサイズ(50 × 50 ㎝)なので、お弁当を包んだり、バンダナとしてファッションのアクセントにと、子どもも大人もご使用いただけます。

 

 

 





T シャツ サイズ:100 ~ 120 cm
¥3,500-(税抜)
 






マルチクロス サイズ:50 × 50 cm 2 色
¥1,800-(税抜)
 
  • 「CUBiE(キュービー)」について
何かを発見する時、得意気になる時、自分を表現できた時、子どもはとてもステキな表情を見せてくれます。子どもが笑うと、家族もお友達も笑う。子どもたちの笑顔が増えた時、笑顔と共に、子供たちの可能性は無限にひろがってゆきます。ファミリア銀座本店1F イベントスペース「CUBiE(キュービー)」は、「体験」と「感動」を通じて子どもの可能性をクリエイトする場として開設されました。ファミリアは、洋服をはじめとする、子どもの頃に身に付けるものはもちろんのこと、初めて目にするアート、体験することのすべてが子どもの未来につながると考えています。2014 年に開設して以来、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏、書家の中塚翠濤氏、陶芸家の鹿児島睦氏、テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏など、さまざまなジャンルで国際的に活躍するアーティストとのコラボレーションによる企画展示やワークショップイベントを通して、子どもたちの可能性に触れる「本物」を発信しています。




ニコライ・バーグマン × ファミリア
ニコライ氏の花の世界に彩られた、いつもとは少し違った
アーティスティックなファミちゃんが皆様をお迎えしました。


 



『familiar ZOO by masaru suzuki』
ロングセラーアイテムであるデニムバッグのものづくりを
ベースに鈴木マサル氏がデザインしたバッグを一同に展示販
売。動物園さながらの親子で楽しめる空間になりました。



 




『コトバノオモチャ箱』~ PLAY ENJOY SMILE ~
書家の中塚翠濤氏と3 度目のコラボレーション企画。書のア
ニメーションや、万華鏡の中に入り込んだような体感ができ
る空間展示と共に、中塚氏による書のワークショップを開催。


 
  • ファミリアが考える教育とアート
ファミリアのスタートは1950 年、戦後まだ生活にゆとりのなかった時代。坂野惇子をはじめとした4 人の女性たちが、欧米のすぐれた育児法を採り入れることによって、当時の古い日本式育児習慣を大改革しようと、神戸に小さなベビーショップを開いて以来、これまでたくさんの製品を生み出してまいりました。ファミリア製品のコンセプトは「愛情品質」。これは、「自分の子どもに着せるつもりで、ものづくりをしましょう。」という意味。ファミリアの製品は、そんなちょっとした「こだわり」と「愛情」を込めて、子どもたちやご家族にお届けしています。
創業時からのものづくりへの思いを引き継ぎ、私たちは子ども服にとどまらず「子どもの可能性をクリエイトする」を企業理念として掲げ、さまざまな方面から子どもの成長にアプローチをしています。その一つとして、教育への取り組みをすすめております。2015 年より保育事業を開始し、独自の教育法「ファミリアメソッド」を通じて、子どもの才能を、未来を生き抜く力へと育てていくため「familiarPRESCHOOL」を東京・白金台をはじめ東京と兵庫に4 施設開園しました。
また、2017 年6 月にオープンしたファミリア横浜元町店の店内には「familiar KIDS LABO」を開設。プレママのための「マタニティクラス」、ママ&ベビーのための「親子クラス」、就学前のお子様のための「幼児クラス」と、それぞれのステージに合わせたカリキュラムを用意。専門講師とスタッフによる、お子様ひとりひとりの成長に対応する体験型マナビラボを開講しております。
ファミリアは、今後も、子どもの才能を引き出し、磨くための環境づくりを行ってまいります。

※ファミリアメソッドとは
ファミリアの理念である「子どもの可能性をクリエイトする」を0 歳児から就学前の子どもの発達発育に沿ってオリジナルに開発した乳幼児教育メソッドです。 モンテッソーリの考え方をベースに、国際人として欠かせない英語の習得、クリエイティブな感性を刺激する音楽やアートなど多彩なプログラムを取り入れたレッジョ・エミリア・アプローチを核に子どもの「創造活動」を広げ、「自尊心と意欲を深める」教育を行います。
 

 







 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファミリア >
  3. ファミリア銀座本店 CUBiE 夏休みスペシャルイベント開催レポート テキスタイルデザイナー 鈴木マサルとみんなでつくる水族館! familiar AQUARIUM by Masaru Suzuki