三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」選考発表会、11月30日(月)夜に開催決定!!

渋谷・東京カルチャーカルチャーにて、今年も大人気エンタメイベント「国語辞典ナイト」とコラボ開催!

辞書の三省堂が、辞書を編む人の英知を結集し、2020年に特に広まった言葉を選んで後世に遺します。選考発表会は11月30日(月)の夜に、大好評の国語辞典最強エンターテインメント「国語辞典ナイト」とコラボして開催します(リアルイベント+有料配信チケット・要お申し込み)。第一部(前半)では、2020年を代表する言葉ベスト10を選考委員が実際に書いた語釈(国語辞典としての言葉の解説)を付けて発表します。第二部(後半)では「国語辞典ナイト」のメンバーが登場!「今年の新語2020」や、9年ぶりに全面改訂した『新明解国語辞典』などをネタに、爆笑スライドや面白企画の数々を繰り広げ、みなさまを盛り上げます。本選考発表会にはメディア関係者の方のご取材を承ります。
【URL】https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/shingo/2020/selection.html


【三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」とは】
この2020年を代表する言葉(日本語)で、一過性でない、今後の辞書に掲載されてもおかしくないもの(*)を、辞書のプロフェッショナルである選考委員が公平・公正な観点から厳正に選考します。ベスト10に選ばれた言葉には、選考委員が実際に書いた語釈(国語辞典としての言葉の解説)を付けて発表します。
(*)実際の辞書に採録されるかどうかは、それぞれの辞書における編集会議によって決定されます。

選ばれるのは、あくまで「今年特に広まったと感じられる新語」であり、必ずしも「今年生まれた言葉」ではありません。その中から、特定のジャンルやコミュニティーに偏らないよう、使用者層や使用域の広がりと使用頻度の高さを考慮しつつ、来年以降も使われてゆくであろう言葉をバランスよく認定します。

〈参考〉三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語」過去の選考結果と選評
https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/shingo/2020/archive/index.html


【三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」選考発表会 meets 国語辞典ナイト】
11/30(月)夜に渋谷・東京カルチャーカルチャーで選考発表会の開催が決定! 今年も大好評の国語辞典最強エンターテインメント「国語辞典ナイト」とコラボします!

第一部(前半)は、2020年を代表する言葉ベスト10を選考委員が実際に書いた語釈(国語辞典としての言葉の解説)を付けて発表します。辞書のプロが厳選した「今年の新語」ならではの切り口をお楽しみください。

第二部(後半)は、「国語辞典ナイト」のメンバーが登場! そこに、9年ぶりに全面改訂した『新明解国語辞典』編集部が参戦!! 日本一売れている国語辞典の編集裏話を掘り起こすほか、爆笑スライドや面白企画の数々を繰り広げ、みなさまを盛り上げます。

選考発表会は一般の方にご観覧いただけます(リアルイベント+有料配信チケット・要お申し込み)。

また、選考発表会は、メディア関係者の方のご取材を承ります。

ここでしか聞けない国語辞典の話題が満載の活字エンタメトークイベントです。ぜひふるってお集まりください。

*会場での新型コロナウィルス感染拡大防止対策について
http://tokyocultureculture.com/notice/30225


【日時】
2020年11月30日(月)START19:00  END※21:00※予定時刻


【出演予定(敬称略)】
小野正弘(『三省堂現代新国語辞典』編集委員、「今年の新語2020」選考委員)
飯間浩明(『三省堂国語辞典』編集委員、「今年の新語2020」選考委員)
瀧本多加志(三省堂出版局長、「今年の新語2020」選考委員)
山本康一(三省堂『大辞林』編集長、「今年の新語2020」選考委員)

西村まさゆき(デイリーポータルZ・ライター、国語辞典・漢和辞典収集家)
見坊行徳(『三省堂国語辞典』初代編集主幹・見坊豪紀先生ご令孫、国語辞典マニア)
稲川智樹(現役校閲ボーイ、国語辞典マニア)
古賀及子(デイリーポータルZ)


【参加費】
リアルイベントチケット代 2,500円(税込/当日要1オーダー)
有料配信チケット代 1,980円(税込)
*前売チャージ券はピーティックスにて11月2日(月)から発売します。
*有料配信もあり! 詳細は決まり次第、下記イベントページで発表します。


【イベントページ・参加申し込み(外部サイトへリンクします)】
http://tokyocultureculture.com/event/general/31117


【会場】
東京カルチャーカルチャー


【住所】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階


【交通】
東京メトロ「渋谷駅」B1(旧13番)出口正面
JR各線・東急各線・京王線「渋谷駅」より明治通りを原宿方面に徒歩4分


【関連サイト(外部サイトへリンクします)】
今年よく見た・聞いた言葉を決める「今年の新語2019」選考発表会 生中継
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv323136819

今年の新語2017大賞「忖度」の理由、そして2018年の新語は?(デイリーポータルZ)
https://dailyportalz.jp/kiji/171222201539

三省堂「今年の新語2016」はなぜ「ほぼほぼ」に決まったのか?(デイリーポータルZ)
https://dailyportalz.jp/kiji/161214198301

KYは使われ始めて10年目?~三省堂「今年の新語2016」とは?(デイリーポータルZ)
https://dailyportalz.jp/kiji/161110198029


【三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」一般公募のご案内】
三省堂では2020年に「よく見た」「よく聞いた」言葉を一般公募しております。引き続き、11月11日(水)まで一般公募を受け付けております。
ご応募いただいた方の中から抽選で50名様に、「図書カードNEXTネットギフト」1,000円分をプレゼントします。
詳しくは、下記の「今年の新語2020」特設サイトをご覧ください。
https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/shingo/2020/index.html


【三省堂について】
会社名:株式会社三省堂
本社所在地:〒101-8371 東京都千代田区神田三崎町2丁目22番14号
創業:1881年(明治14年)4月8日
代表取締役社長:北口克彦
従業員数:150人(2020年9月現在)
資本金:7,000万円
事業内容:辞書、事典、学習図書、一般図書、電子出版物、小学校・中学校・高等学校教科書の出版・販売、情報提供サービス
URL: https://www.sanseido.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社三省堂 営業企画部営業企画課
Tel:03-3230-9562
E-mail:www-info@sanseido-publ.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三省堂 >
  3. 三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」選考発表会、11月30日(月)夜に開催決定!!