ダイナックホールディングスがサイエンス社の新商品、厨房向けファインバブル製品「ミラブルプロダイナー」を全飲食店舗へ導入

「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」ダイナックホールディングスはサイエンス社の新商品である厨房向けファインバブル製品「ミラブルプロダイナー」を全飲食店舗へ導入~サスティナビリティ経営推進に向け、サイエンス社と共同実証実験を経て~
株式会社ダイナックホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤恭裕)は、株式会社サイエンス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:水上康洋)との共同実証実験を経て開発された厨房向けファインバブル製品「ミラブルプロダイナー」を、運営する全飲食店舗への導入を予定しています。
 
  • ミラブルプロダイナーとは
ミラブルプロダイナーには2種類あり、シンクタイプは厨房シンクの水栓に幅広く取り付けられる工法に対応するファインバブル発生カランヘッドで、様々なタイプの厨房で利用可能な製品、一方のデッキタイプは、ホースによる床洗浄等への利用が可能なシャワーヘッドです。

 

ミラブルプロダイナーシンク
ウルトラファインバブルミストと泡沫水流の切り替え、アダプターにより、フレキ管や水栓ノズルに対してネジ取付(標準G1/2)が可能。
 

ミラブルプロダイナーデッキ
ウルトラファインバブルミストとファインバブルストレートの切り替えが可能。
 
  • サイエンス社との取り組み背景
当社のサステナビリティ経営推進に向け、「ウルトラファインバブル技術を飲食店厨房で活用できないか」とサイエンス社よりご提案いただいたことをきっかけに、両社にて共同の取り組みが始まり、2022年春より最長となる店舗で約半年間、当社3店舗へ開発商品を試験導入、商品の使い勝手、洗浄能力、節水についての検証を実施してきました。実際に開発商品を店舗にて使用した従業員のアンケート結果から、洗浄力に関して高い評価を得たことに加え、節水効果のデータを取得しました。さらに、サイエンス社の提供する洗浄力に関しての各種検証結果を総合的に考慮し、全店導入を決定しました。
 
  • サステナビリティ経営推進室長 綾野喜之コメント
サステナビリティの観点から、サイエンス社のSDGsへの取り組みに賛同し、導入を判断しました。
今回の実証実験によって、節水性能を確認したことに加え、従業員アンケート結果から、少ない水量でグラスや食器の洗浄状態が向上したことがわかりました。又、従業員からは、「什器に輝きがでて綺麗になった(特にシルバー類)」「油汚れが容易によく落ちる」「油のぬめりが以前より短時間での洗浄でなくなりました」等の声がありました。今後はフライヤー内部の洗浄をはじめとした厨房機器全般、バー機器全般の洗浄状態の向上に期待するとともに、厨房側溝やグリーストラップの状態変化等も注視していきたいと思っています。

【従業員アンケートの結果】各アンケート項目に対して、50%以上の回答が「すごく思う」「そう思う」【従業員アンケートの結果】各アンケート項目に対して、50%以上の回答が「すごく思う」「そう思う」

 

 

  • サステナビリティ方針
ダイナックグループは、企業理念「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」に基づき、お客様・従業員そしてすべてのステークホルダーに寄り添い、豊かで楽しいコミュニケーションを「食」を通じて実現します。そして、食文化の発展、新しい価値と感動を創造し、持続可能な社会を実現することを目指します。


■会社概要
社名:株式会社ダイナックホールディングス
所在地:〒135-8631 東京都港区台場2-3-3 サントリーワールドヘッドクォターズ内
代表取締役社長:伊藤恭裕
事業内容:グループ全体の経営戦略の策定・推進、及びコーポレート機能
【グループ会社】
<株式会社ダイナック>
事業内容:多業態飲食店の経営、パーティー・ケータリングサービスの運営・進行、文化施設内レストラン・ドリンクコーナーの受託運営
<株式会社ダイナックパートナーズ>
事業内容:ゴルフ場、レジャー施設等のレストラン受託運営、道の駅・サービスエリアの運営

WEBサイト:https://www.dynac.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイナックホールディングス >
  3. ダイナックホールディングスがサイエンス社の新商品、厨房向けファインバブル製品「ミラブルプロダイナー」を全飲食店舗へ導入