ウィルスや浮遊菌を強力分解します!「クリーンアップルーム」光触媒を利用して除菌・脱臭する客室が登場!! 「ホテルWBF淀屋橋南」2020年2月20日(木)販売開始!

国内に27のホテル(グループ合計37ホテル)を展開するWBFホテル&リゾーツ株式会社(本社:大阪市北区豊崎)は、昨今の禁煙率の高まりと「臭い」に敏感なお客様に快適な空間を提供する「クリーンアップ・ルーム」の販売を開始致します。この「クリーンアップ・ルーム」は光触媒を利用した除菌・脱臭機を新たに導入した客室で、室内の浮遊菌、カビ菌、ウィルス、インフルエンザなどへの予防対策効果が見られ、「安全」かつ「安心」に泊まれるホテルを標榜とするWBFホテル&リゾーツ株式会社の思惑と合致するため、カルテック社の型式KL-W01を導入することが決定しました。先行して「ホテルWBF淀屋橋南」での導入を皮切りに、お客様の反応を鑑みながら、今後は設置するホテルを随時拡大させてゆく予定。 
  • 光触媒ってなに?
光触媒とは太陽やLEDなどの光が当たると、表面に強力な酸化力が発生し、接触してくる有機物質や細菌などを除去する(酸化分解)ことができる環境浄化材料です。この光触媒反応を促進させる技術を光触技術と言います。
  • 光触媒技術はニオイ/除菌/ウィルス対策に適しています

  • カルテックの光触媒テクノロジー
優れた光触媒材料の開発力とその反応効率を限界までアップさせる製品開発力により、これまでの光触媒製品と比べ、性能が優れています。(下図参照)

カルテックでは、光触媒材料メーカーと結晶構造の改質からその担持技術まで、これまでにない優れた光触媒材料の共同開発をすすめております。そこで開発できた光触媒の能力を最大限に発揮させるための、要素技術開発を軸とした独自の製品開発を日々研究した結果、独自の特許技術「サイドフロー構造」開発に成功しました。吸着フィルターなしでも圧倒的な除菌力・脱臭力が実現でき、薄型製品の開発が可能となりました。
※1 世界に類をみない技術で、同等の技術が存在しないこと(弊社調べ)
※2 吸着フィルターを搭載しない、壁掛けタイプの除菌脱臭機は業界初(当社調べ)
  • カルテック光触媒技術のエビデンスデータ

  • 光触媒除菌脱臭機は空気清浄機よりウィルス対策に優れています

 

カルテック除菌/脱臭機
空気清浄機とはココが違う!(下図参照)
ウィルスや浮遊菌は活性炭フィルターやHEPAフィルターでは分解(死滅)できません。

・一般的な空気清浄機

 

・光触媒除菌/脱臭機

名称:ホテルWBF淀屋橋南
住所:大阪府大阪市中央区平野町3-1-6
電話:06-6203-4690
建物高さ:地上9階建て
客室:全96室
アクセス:地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅から徒歩5分
設置機種:型式KL-W01

※薄さ88mmなので、空間を邪魔しません

  • ホテルWBFグループについて

2004年より沖縄、2009年より北海道で運営を開始した「ホテルラッソグループ」を前身とし、2016年より「ホテルWBF」へ順次リブランドのうえ、全国展開(北海道・関東・関西・九州・沖縄)している ホテルチェーンです。ロゴは著名なグラフィックデザイナー・長友啓典氏がデザインしたもので、王冠 マークは、その地域で1番のホテルでありたい、という願いが込められており、手書き風のロゴは親しみ やすさと温もりを表しています。
2020年1月現在、主力の「ホテルWBF」ブランドのほかに、天然温泉付リゾートホテル「琉球温泉瀬長 島ホテル」(沖縄)、関西発のグランキャンピング施設「パームガーデン舞洲 by WBF」(大阪)等、個性あふれる宿泊施設を全国に37軒展開しております。2020年には北海道、神奈川、大阪、京都、沖縄に合計7軒のホテルが開業する計画で、2020年末には全国45施設規模のチェーンに急成長する見通しです。

  • 会社概要

【WBFホテル&リゾーツ株式会社】
本社:大阪市北区豊崎3-14-9
創立:平成21年12月1日
従業員数:769 名(2018年12月31日現在)
ホームページ:https://www.hotelwbf.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WBFホールディングス株式会社 >
  3. ウィルスや浮遊菌を強力分解します!「クリーンアップルーム」光触媒を利用して除菌・脱臭する客室が登場!! 「ホテルWBF淀屋橋南」2020年2月20日(木)販売開始!