「36ぷらす3」各ルート内で停車する駅について


2020年秋に運行を開始する「36ぷらす3」。木曜日~月曜日に運行する各ルート内で、お客さまが乗降する駅とは別に、雰囲気を楽しんでいただくために停車する駅が決定しましたので、お知らせします。

木曜日・金曜日ルート木曜日・金曜日ルート

【木曜日ルート 博多(10時頃)→ 熊本 → 鹿児島中央(16時半頃)】

 

①玉名駅(熊本県玉名市) 木曜日11時頃に20分程度停車
 玉名地区を中心に、地域の特産品の販売を予定しています。

②牛ノ浜駅(鹿児島県阿久根市) 木曜日14時半頃に20分程度停車 ※調整中
 東シナ海・牛ノ浜海岸の絶景をお楽しみいただくほか、特色ある商品の販売を予定しています。

牛ノ浜駅 こ線橋からの眺望牛ノ浜駅 こ線橋からの眺望

【金曜日ルート 鹿児島中央(12時頃)→ 宮崎(16時頃)】

③大隅大川原駅(鹿児島県曽於市) 金曜日13時半頃に50分程度停車
 森の中の雰囲気を楽しんでいただけます。特産品の販売や、カフェを予定しています。
 

大隅大川原駅大隅大川原駅

 

 

 

 

土曜日・日曜日ルート土曜日・日曜日ルート

 

【土曜日ルート 宮崎空港・宮崎(11時半頃)→大分・別府(16時半頃)】

①延岡駅(宮崎県延岡市)
 土曜日13時頃に10分程度停車延岡地区を中心に、地域の特産品の販売を予定しています。

延岡駅 特産品の販売(商品イメージ)延岡駅 特産品の販売(商品イメージ)

②宗太郎駅(大分県佐伯市) 土曜日13時半頃に10分程度停車
 大分南部の宮崎県との県境に接する駅。「宗太郎峠」越えをお楽しみください。

宗太郎駅 ホームの様子宗太郎駅 ホームの様子

③重岡駅(大分県佐伯市) 土曜日14時頃に20分程度停車
 “九州一広い”佐伯市を中心に、地域の特産品の販売を予定しています。
 

【日曜日ルート 大分・別府(11時頃)→ 小倉・博多(16時半頃)】

④杵築駅(大分県杵築市) 日曜日12時頃に15分程度停車
国東半島、杵築地区を中心に、地域の特産品の販売を予定しています。

⑤中津駅(大分県中津市) 日曜日13時頃に10分程度停車
中津・耶馬渓地区を中心に、地域の特産品の販売を予定しています。

・門司港駅(福岡県北九州市)日曜日14時半頃に30分程度停車
2019年3月に復原が完成した門司港駅舎を中心に、門司港の雰囲気を感じていただけます。

門司港駅門司港駅

 

月曜日ルート月曜日ルート

【月曜日ルート 博多→長崎、長崎→博多】

・肥前浜駅(佐賀県鹿島市) 月曜日13時頃に50分程度停車
 多良岳の水から生まれる美味しい日本酒の蔵元が付近に数多く存在する駅として、日本酒の飲み比べや
 特産品の販売を予定しています。

肥前浜駅肥前浜駅

「36ぷらす3」でのご旅行イメージ(月曜日)「36ぷらす3」でのご旅行イメージ(月曜日)

<参考 「36ぷらす3」概要>

■ 列車名「36ぷらす3」について
世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」は、5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで、お客さまをお迎えします。
ぜひ全ルート楽しんで、お客さまご自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい― そんな想いを込めました。
この列車で、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになって、39(サンキュー!) = 「感謝」の輪を広げていきます。

■ 運行開始       2020年 秋

■ コンセプト    「九州のすべてが、ぎゅ―っと詰まった“走る九州”といえる列車」

■ 運行ルート   九州7県をめぐる、新たな運行ルートです。
 

運行ルート運行ルート

■ 車両構成
  1号車    グリーン個室(定員4席、4室)
      2号車  グリーン個室(定員6席、3室)、車いす対応席
      3号車  グリーン個室(定員2席、6室)、ビュッフェ
  4号車  マルチカー
  5号車  グリーン席(30席) 
  6号車  グリーン席(27席)         合計103席予定

■ 特設サイト https://www.jrkyushu.co.jp/train/new_d_and_s/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 九州旅客鉄道株式会社 >
  3. 「36ぷらす3」各ルート内で停車する駅について