埼玉県戸田市立新曽小学校6年生が教職員会に学校のルール変更についてプレゼンテーションを実施

埼玉県戸田市立新曽小学校6年生児童は、総合的な学習の時間で「卒業プロジェクト」をテーマに、学校のルールをよりよいものにするPBL(Project Based Learning=課題解決型学習)に取り組んでいます。この活動の出発点は、社会科の学習で立法・行政の役割を学んだことです。「これまでは多くのルールを先生たちが決めてくれていたけれど、自分たちの学校を自分たちの手でよくしたい。」という思いが活動の原動力となっています。
夏休み前には、今年度配備された1 人1台の学習者用端末の使用ルールをつくる活動を行ってきました。今回は、学校教育目標と照らし合わせて、「筆記用具等の持ち物」「登下校」「特別教室の使い方」「放課後の遊び方」等の新たなルールの実現に向けて、校務運営委員会(職員会議で検討する前段階として行う学年主任等による会議)でプレゼンテーションを行います。
学校のルールづくりを自分事とする主権者教育の一環となる取組です。
  • 日時
​2021年12月1日(水)、午後2時50分から(1時間程度)
  • 場所
埼玉県戸田市立新曽小学校(戸田市新曽南2-13-8)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 埼玉県戸田市 >
  3. 埼玉県戸田市立新曽小学校6年生が教職員会に学校のルール変更についてプレゼンテーションを実施