【セミナー】物流オーナーの“現場目線”に立ったM&A活用について解説「新春業種特化セミナー 物流業界M&A 2021年のM&A振り返りと2022年の展望」

2022年2月3日 東京・オンライン開催

株式会社日本M&Aセンター(以下、日本M&Aセンター、本社:東京都千代田区 / 代表:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、物流業界に特化したセミナー「新春業種特化セミナー 物流業界M&A 2021年のM&A振り返りと2022年の展望」を、2022年2月3日に東京会場およびオンラインにて開催いたします。
 ■参加お申込み:
https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/logistics2201/
(参加費は無料です。)

日本M&Aセンターでは、2022年新春特別企画としてIT、製造、建設、美容など9業種に特化したセミナーを、オンラインとリアル会場にて開催いたします。

今回フォーカスする物流業界では、2024年4月以降にドライバーの時間外労働時間上限が制限されることによって発生する諸問題、いわゆる「2024年問題」を前にM&Aを活用した戦略が目立っています。エリア代表格の物流企業が大手物流企業へグループ入りしたり、水面下での中小企業同士のM&Aも増加しています。

今回のセミナーでは、大手M&A仲介会社で唯一、物流業界専門チームを持つ日本M&Aセンターの物流専門コンサルタント(運行管理者資格保有)が、業界分析と実際のM&A戦略について具体例を用いて紹介します。激動の2021年を振り返り、2022年の展望をお話しすることで戦略作りをサポートします。

 
セミナー概要
「2021年のM&A振り返りと2022年の展望」
2021年の物流業界のM&Aの振り返りと、2022年の展望についてお話します。

講師:日本M&Aセンター 業種特化事業部 業界再編部 部長 山本 夢人

東京大学工学部卒。野村證券株式会社を経て、土木資材メーカーの副社長として経営に参画し、2016年に日本M&Aセンターに入社。経営者としての経験を基に中小企業オーナーの立場に立ったM&Aを提案。2021年4月より現職。

 


お申込み
https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/logistics2201/

 
日程および会場
東京
2022年2月3日(木) 16:00~17:00(受付15:30~)
日本M&Aセンター 東京本社 「セミナールーム」
千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング(JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分)

ライブ配信
2022年2月3日(木) 16:00~17:00
オンラインセミナー参加のためのURLは、事前にメールでご連絡いたします

 
新春業種特化セミナーのご紹介

 



【株式会社日本M&Aセンター】
株式会社日本M&Aセンターは、2021年4月に創業30周年を迎えました。M&A仲介業のリーディングカンパニーとして、「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことを企業理念とし、創業以来累計7,000件を超えるM&A支援実績を有しています。会計事務所・地域金融機関・メガバンク・証券会社との連携も深めており、事業承継やM&Aに関する相談機会の創出を加速し、マッチングを強化しています。国内7拠点、海外5拠点(日本M&Aセンターホールディングスの現地法人含む)を構えています。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社日本M&Aセンター 広報担当 pr@nihon-ma.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本M&Aセンターホールディングス >
  3. 【セミナー】物流オーナーの“現場目線”に立ったM&A活用について解説「新春業種特化セミナー 物流業界M&A 2021年のM&A振り返りと2022年の展望」