成田国際空港運用状況(2016年暦年)

航空機発着回数をはじめ以下の項目について開港以来最高となりました。
= 航空旅客数3,900万人、国際線外国人旅客数1,300万人、国内線旅客数700万人突破! =
2016年暦年の空港運用状況】
【航空機発着回数】
○航空機発着回数
年間を通じて新規就航、新規路線開設、増便が相次ぎ、国際線・国内線ともに好調だったことから、前年比5%増の243,474回と5年連続で最高値を更新
○国際線発着回数
2016年元日の深圳航空を皮切りに、LOTポーランド航空、四川航空など、新規就航が9社あったこと、また韓国、香港、台湾などのアジア方面を中心とした新規路線開設や増便が相次いだことで旅客便が好調となり、前年比6%増の192,104回と2年連続で最高値を更新
○国内線発着回数
ピーチ・アビエーション/那覇線やSpring Japan/札幌(新千歳)線・大阪(関西)線の新規路線開設などにより、前年比0.3%増の51,370回と最高値を更新(2年ぶり)。

【航空旅客数】
○航空旅客数
国際線外国人旅客数や国内線旅客数の増加により、前年比5%増の39,053,652人と3年連続で最高値を更新(初の3,900万人超え)。
○国際線外国人旅客数
航空路線の拡充や、日本全体で取り組んでいる訪日プロモーションが功を奏し、特に旺盛な訪日需要がある韓国、香港、台湾などのアジア方面を中心に旅客が増加したため、前年比11%増の13,920,866人と3年連続で最高値を更新(初の1,300万人超え)。
なお、暦年として初めて国際線外国人旅客数が国際線日本人旅客数を上回りました。
○国内線旅客数
那覇線、札幌(新千歳)線、福岡線などが好調だったことにより、前年比4%増の7,004,576人と7年連続で最高値を更新(初の700万人超え)。

【国際航空貨物量】
○仮陸揚貨物量
前年比11%増の770,097t(積込:389,437t、取卸:380,660t)と4年連続で最高値を更新


【空港運用状況(暦年推移)】
【航空機発着回数】
○航空機発着回数
前年比5%増の243,474回と5年連続で最高値を更新


○国際線発着回数
前年比6%増の192,104回と2年連続で最高値を更新
 


○国内線発着回数
前年比0.3%増の51,370回と最高値を更新(2年ぶり)。


【航空旅客数】
○航空旅客数

 

前年比5%増の39,053,652人と3年連続で最高値を更新(初の3,900万人超え)。


○国際線外国人旅客数
前年比11%増の13,920,866人と3年連続で最高値を更新

○国内線旅客数
前年比4%増の7,004,576人と7年連続で最高値を更新(初の700万人超え)。

【国際航空貨物量】
○仮陸揚貨物量
前年比11%増の770,097t(積込:389,437t、取卸:380,660t)と4年連続で最高値を更新


【2016年12月の空港運用状況】 (以下について12月として過去最高)


 

  1. プレスリリース >
  2. 成田国際空港株式会社 >
  3. 成田国際空港運用状況(2016年暦年)