来場者数12,190人を記録!平成最後を締めくくる世界最大級ダンスイベント「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2019 FINAL」全4ステージ満員御礼にて幕を閉じる

 株式会社アノマリー (本社:東京都渋谷区、代表取締役:カリスマカンタロー)は、 2019年4月21日(日)に国内発信で世界最大級のストリートダンスイベント「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2019 FINAL(マイナビダンス アライブ ヒーローズ ニセンジュウキュウ ファイナル)」を、両国国技館にて開催いたしました。今年で14回目を迎えた本イベントは、来場者数12,190人(延べ)を記録し、平成最後の春を大いに盛り上げ、幕を閉じました。

当日は、全国各地で行われた予選を勝ち抜いたFINALISTや、国内外問わず活躍しているダンサー達が一堂に集結。白熱したバトルや圧巻のパフォーマンスで会場を沸かせたダンスショーケースなど、数多くのコンテンツを実施しました。 また、本イベントのプログラムの一つである、高校生ダンス部日本一を決定する「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2019」では、バブリーダンスで世間を賑わせた大阪府立登美丘高等学校のチーム「TDC」が、全国76校103チームの頂点に輝きました。

 

 
  • ストリートダンス日本一が決定!
ストリートダンス日本一の栄光を以下のバトラーが手にしました。


■HOUSE
KAZANE
■BREAK
ISSEI
■HIPHOP
KYOGO
■ALL STYLES
GUCCHON
■KIDS
JJ
■RIZE
日本経済大学/九州男児
 
  • 優勝者紹介
■HOUSE
ダンサーネーム:KAZANE
所属チーム:LUCIFER
年齢:23歳
DANCE ALIVE HERO’Sの歴史とともに歩んできたKAZANE。KIDS時代を含め11年間挑戦し続け、7度のFINAL出場の末ようやく手に入れた優勝となりました。

 


■BREAK
ダンサーネーム:ISSEI
所属チーム:FOUND NATION / 九州男児
年齢:22歳
世界王者対決となったBREAKの決勝戦。大舞台を自分の空気に染め上げたISSEIが優勝し「本当に楽しかったです!」とコメントしました。


■HIPHOP
ダンサーネーム​:KYOGO 
所属チーム:D’OAM
年齢:非公開 
会場に飲まれてしまったと振り返りながらも、KYOGOらしいグルーヴィーなパフォーマンスで会場を魅了し、HIPHOPの頂点に輝きました。


■ALL STYLES
ダンサーネーム:GUCCHON
所属チーム:Co-thkoo/FAB5BOOG ALL STARz
年齢:38歳
前日予選で見事勝ち上がり、実力を見せつけたGUCCHON。決勝ではレジェンドと呼ばれているYUKIと対戦。ルパン3世の名曲で、平成の歴史に残るバトルを繰り広げました。


■KIDS
ダンサーネーム​:JJ 
所属チーム:―
年齢:13歳
過去に2度決勝大会に出場していたものの、1回戦目で敗退していたため、メインのステージに上がったのは初。
「三度目の正直という言葉の通り、このステージに上がれてしかも優勝できたのでめちゃくちゃ嬉しいです。」と爽やかな笑顔でコメントしました。(※1回戦目は屋外のサブステージで行われる)


■RIZE
チームネーム ​:九州男児
大学名:日本経済大学
年齢  :19歳2名・21歳3名
圧倒的なスキルとチーム力を見せつけた九州男児。
「バトル中は記憶がないほど楽しかった」とコメントしました。

 
  • マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2019
■洗練されたテーマとストーリー性のあるパフォ―マンスに審査員が大絶賛
 両国国技館のメインステージとなる「MYNAVI STAGE」にて、高校生ダンス部の日本一を決める「マイナビHIGH SCHOOL DANCE COMPETITION 2019 」の決勝戦を行いました。
 関西代表としてバブリーダンスで一躍有名になった「大阪府立登美丘高等学校 / TDC」、中部代表として予選5連覇中の「桜丘高等学校 / Mighty@mind」、関東代表として予選初優勝のダークホース「日本大学明誠高等学校 / Leap Lore」が出場。傘を用いたユニークな振り付けと全身を使ったダイナミックな動きで独自のワールドを繰り広げた、「大阪府立登美丘高等学校/TDC」が見事優勝に輝きました。
 結果発表で審査員を務めたTweetBoogieは、「テーマを持って踊る人は意外と少ないが、どのチームもそれぞれテーマを持って表現していて素晴らしかった。素敵なパフォーマンスをありがとう。」と、高校生たちのパフォーマンスを大絶賛しました。

 
  • 主催者メッセージ
株式会社アノマリー代表取締役:カリスマカンタロー

今年も無事に盛大に終えることができました。ご来場いただきましたダンサーやダンスファンの皆様、本当にありがとうございました。
2005年から開催し続けているこの大会は、気がつけばあって当たり前の大会に成長してきたのだと思います。
ダンスバトルという文化に対して、こういう競技化が生み出す新しい枝がまた違う形の文化を形成していくと確信しています。
プロデュースには終わりがなく、常にアップデートをし続け、そして感動の上書きを継続できるようにしていかなければなりません。
今後も成長していくマイナビDANCE ALIVE HERO’Sをどうかよろしくお願いいたします。
ここまで闘ってきたバトラーにリスペクトと、支えてくださった多くのダンスファン、関係者の皆様に心から感謝申し上げます。
 

ストリートダンスを軸としながら様々なエンタテイメントの企画、制作、運営を行ってまいります。 
クールでエッジの効いた最上のブランディング&エンタテイメントを皆様にお届けいたします。
名称     :株式会社アノマリー
代表取締役  :カリスマカンタロー
所在地   :〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-3 カリスマヒルズレジデンス国立競技場前 
設立     :2004年6月3日
資本金    :8,001,500円
ホームページ  :http://www.anomaly.co.jp/
事業内容    :ストリートダンスを軸にエンターテインメントを多くの人に楽しんでもらうために企画・運営
を行ってまいります。また、イベントプロデュース、ダンサーキャスティングから、デザイン、映像制作までトータルでサポートが可能です。




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アノマリー >
  3. 来場者数12,190人を記録!平成最後を締めくくる世界最大級ダンスイベント「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2019 FINAL」全4ステージ満員御礼にて幕を閉じる