産経電子版に「産経新聞データベース」プランを追加リリース 6月1日からサービス提供開始

産業経済新聞社と産経デジタルは6月1日、産経電子版の企業・団体向けサービスとして、新たな商品プラン「産経新聞データベース」を追加リリースいたしました。日々の産経新聞紙面をパソコンやスマートフォンで読める機能に加えて、産経新聞の過去記事データベースを利用できるサービス(※1)です。貴メディアでのご紹介、宜しくお願いいたします。

データベースは1992年9月以降の記事テキストデータを蓄積し、2014年1月以降の東京朝刊、大阪夕刊は切り抜きイメージも表示できます。

データベースサービスは、検索した記事ごとに別ウィンドウで表示することが一般的ですが、この産経新聞データベースサービスでは検索結果を表示した見出し一覧画面の中で、位置を変えずに記事を開くようにしました。これにより同じ記事を繰り返し開いてしまう誤操作を減らし、操作性を向上しました。

システムは、電子新聞で実績のある(株)Slow-walkers(東京都港区・代表取締役 竹尾然生)の電子新聞システム「ePaper」と記事DB検索システムを活用しています。

利用料金は1アクセスあたり月額11,000円(消費税別、原則1年契約)から。アクセス数に応じてご相談を承ります。

【商品概要】
商品プラン名:産経新聞データベース
提供開始日 :2017年6月1日
収録期間  :1992年9月7日から現在までの東京朝刊・夕刊(東京夕刊は2002年3月30日まで)と
       1998年12月15日から現在までの大阪朝刊・夕刊を収録。
利用料金  :1アクセス 月額11,000円 年額132,000円
       2アクセス 月額17,500円 年額210,000円
       3アクセス 月額24,000円 年額288,000円
       いずれも消費税別、原則1年契約。4アクセス以上は応相談。
ウェブサイト:http://denshi.sankei.co.jp
お申し込み・お問合せ:https://denshi.sankei.co.jp/service/corporation_contact

(※1)データベース検索はブラウザでの利用となります。産経電子版アプリではご利用いただけません

■企業情報
▽株式会社産業経済新聞社について
1933年6月、日本工業新聞(現・「産經新聞」)を創刊。現在、産經新聞をはじめ、サンケイスポーツ、夕刊フジを発行しています。(URL:http://sankei.jp/

▽株式会社産経デジタルについて
2005年11月1日設立。産経新聞グループ各媒体のウェブサイト運営をはじめ、ポータルサイト・モバイル端末などへのニュース配信、スマートデバイス向け電子新聞事業などを手がけています。(URL:http://www.sankei-digital.co.jp

データベースご利用の申し込み先
産経電子版 法人お問合せ https://denshi.sankei.co.jp/service/corporation_contact
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 産経新聞社 >
  3. 産経電子版に「産経新聞データベース」プランを追加リリース 6月1日からサービス提供開始