JR東日本他主要31カ所にジャパンハートの大型看板を掲出

ジャパンハートはSDGs達成に貢献します

特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区、理事長 吉岡春菜、以下ジャパンハート)は、2020年5月15日~31日の間、JR東日本他主要31カ所に大型看板を掲出いたします。この看板は、株式会社エヌケービー(東京都千代田区、代表取締役社長 外谷敬之、以下NKB)のご支援により制作・掲出していただきました。看板では、ジャパンハートが取り組むSDGsの課題を紹介しています。


■看板掲出の経緯
新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃を受ける中、「このような時だからこそ、できる支援を」とNKBからのお申し出により、同社のサービスの一つである駅のホームへの掲出看板の制作および掲出を無償で実現していただくこととなりました。

■看板の掲出駅
JR東日本他主要31カ所に掲出中です。
駅名とホームナンバーはこちらから>>>https://www.japanheart.org/topics/office/20200515.html

■ジャパンハートが取り組む社会課題
ジャパンハートは、SDGs達成のため以下の課題に取り組んでいます。

3. すべての人に健康と福祉を
4. 質の高い教育をみんなに
10. 人や国の不平等をなくそう


企業・団体の皆様とお互いの特長を活かした協働によって、共に「医療の届かないところに医療を届ける」活動を実現しています。ジャパンハートでは、ご相談いただいた企業・団体の皆様と目的を共有し、ご支援の希望をうかがいながら、活動地でのニーズをマッチさせて最適なご支援方法・活動をご提案させていただいています。

 今後もジャパンハートでは、皆様のご理解とご協力を頂きながら、
「医療の届かないところに医療を届ける」活動に真摯に取り組んでまいりたいと思います。


【株式会社エヌケービー】http://www.nkb.co.jp/
NKBは、交通広告をはじめとする広告代理店業務、および新媒体の開発、広告の企画制作。商業施設の設計、施工、管理。コンピュータによる情報システムの開発および販売、情報サービスを提供しています。
同社は、ジャパンハートへのご支援の他、新型コロナウィルス感染症と最前線で闘う医療機関の皆さまに、トップシェフ達が料理を届け感謝と応援を伝えるSmileFoodProject(https://smilefoodproject.com/)を現在実施しています。



【(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート】https://www.japanheart.org/
2004年、国際医療ボランティア団体として設立された、日本発祥の国際医療NGOです。「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に活動しており、海外では、アジア諸国において無償で子どもの
診療・手術を実施し、その数は年間約3万件に上ります。国内では僻地・離島への医療者派遣、小児がんの子どもとその家族の外出を医療者がサポートする「SmileSmilePROJECT」を実施しているほか、ASEAN圏内で起こる大規模災害に医療支援チームを派遣する「国際緊急救援」事業も行っています。


 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人ジャパンハート >
  3. JR東日本他主要31カ所にジャパンハートの大型看板を掲出