47都道府県に迫る気候危機を描く「未来47景」を公開 6月の環境月間をきっかけに環境問題への意識を高めよう!

東京スカイツリー®がウォーターツリーに!? 熊谷、新記録更新中!?

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:末吉竹二郎、以下WWFジャパン)は、6月の「環境月間」に合わせ、世界的な気候変動による危機が私たちの身近な場所でも進行していることを周知するため、都道府県を入力すると、その地域に起こり得る今世紀末の未来が見られる特設サイト「未来47景」を2020年6月25日(木)より公開いたします。

    

 

          未来47景 特設サイト: https://www.wwf.or.jp/mirai47kei/

今や地球温暖化は「気候危機」と言われ、国際社会が十分な対策をとらなければ21世紀末には約4℃気温が上昇し、海面上昇や生態系の損失、台風の強大化など多くの影響が懸念されています。気候危機は自然界の動植物はもちろん、猛暑に伴う熱中症患者の増加や、洪水被害、感染症を媒介する蚊の生息域の拡大など、我々人間の暮らしにも甚大な被害を及ぼします。私たちの身近な地域もその例外ではありません。

WWFジャパンは気候危機に警鐘を鳴らし、温暖化対策を促すための活動を行なっています。今回、気候危機に対して多くの人が目を向け、身近に感じて欲しいとの想いから、日本で予測される未来の気候危機を都道府県別に表した「未来47景」を制作いたしました。東京都では、東京スカイツリーⓇが強大化する台風による洪水で水に浸かってしまったり、埼玉県では、気温上昇によって暑さで有名な熊谷の温度計がMAXに振り切れてしまったりと、都道府県別で起こりうる気候危機を描いています。出身地や現在お住いの都道府県名を入力すると、その地域の未来をイメージさせるイラストと解説が表示され、気候危機について学び、一人ひとりにできるアクションを知っていただくことができます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を環境の側面から見てみると、経済活動の停滞に伴い、エネルギー消費が抑制され、二酸化炭素排出量が減少しているとの推計もあります。しかしこの現象は一時的なものであり、再び化石燃料依存型の経済活動に戻るならば、二酸化炭素排出量も元に戻ってしまいます。コロナ後の経済回復については温暖化対策の視点を交えて検討・実施し、脱炭素社会への移行につなげていくことが重要となります。

「未来47景」では気候危機の防止に向けて、自治体や団体の皆様に掲出いただきたいポスターの公開や、一般の方に実施いただきたいアクションを提案しています。

■「未来47景」体験フロー
名   称:未来47景  開 始 時 期:2020年6月25日(木)~
特設サイト:https://www.wwf.or.jp/mirai47kei/

■47都道府県ポスターフリーダウンロードを実施!

 

 

自治体や団体の皆様向けに「未来47景」で使用されている都道府県別のイラストを活用したポスターも作成。下記URLよりご自由にダウンロードいただけますので是非、町の掲示板への掲出やSNSなどでの情報発信にご活用ください。

 

市民の皆様に意識を持って行動いただくことが大事です。「気候危機」を自分事として認識してもらい防止に向けた行動を促すために、ご協力をお願いいたします。
【ポスターダウンロードURL】
https://www.wwf.or.jp/campaign/mirai47kei/download.php

 

▲ポスター例:東京都


■後援 環境省

■賛同団体
「未来47景」では地球規模で起こっている気候危機の解決に向けて、さまざまな団体とともに、広く社会に問題提起しています。
▼気候変動イニシアティブ(JCI)
https://japanclimate.org/
▼プラン・インターナショナル
https://www.plan-international.jp/news/info/20200616_22800/
▼東京動物園協会
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
▼横浜市温暖化対策統括本部
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/ondanka/



 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WWFジャパン >
  3. 47都道府県に迫る気候危機を描く「未来47景」を公開 6月の環境月間をきっかけに環境問題への意識を高めよう!