水に浸して約5分で膨らむ、取っ手付きで便利な土のう袋「DCMブランド 水で膨らむ土のう袋」新発売

2019年7月5日(金)より、全国のDCMグループ店舗(一部店舗を除く)で販売開始

 ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:久田宗弘)は、水に浸して約5分で膨らむ、取っ手付きで便利な「DCMブランド 水で膨らむ土のう袋」を、2019年7月5日(金)より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや・ケーヨーデイツー店舗(一部店舗を除く)にて販売いたします。

 近年、各地で記録的な豪雨や地震等の多発に伴い、減災や迅速な復旧のため土のう袋の需要が上昇しています。しかし、従来の土のう袋は土や砂を詰めるのが大変、地域によってはいざという時に土や砂が身近にない、という声がありました。そこで当社では、これからの台風・豪雨シーズンに備え、普段はコンパクトに収納でき、水に浸すだけで膨らむ吸水タイプの土のう袋を販売します。

■コンパクトに収納でき、使用時には水に浸して約5分で膨らむ。取っ手付きで積み上げしやすい。
 

 このたび発売する「DCMブランド 水で膨らむ土のう袋」は、土や砂がなくても水に3~5分浸すだけで約15㎏まで膨らみ、すぐに使用することのできる土のう袋です。取っ手付きのため、持ち運びや積み上げもしやすい仕様となっています。使用前は約2.5㎝と薄く、コンパクトに収納できます。使用後は14日ほど天日干しで乾燥させることで元のサイズに戻り、一般ごみとして処分することが可能です。止水効果をアップさせるため、養生シートを併用することをおすすめします。

 



■【商品概要】

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DCMホールディングス株式会社 >
  3. 水に浸して約5分で膨らむ、取っ手付きで便利な土のう袋「DCMブランド 水で膨らむ土のう袋」新発売