山梨県「富士吉田水素発電所」の起工式を実施

                                                                                                                     2021年9月16日

 Press Release

                                                                                                                 イーレックス株式会社

                                                        国内初の商用の水素専焼発電所
                                      山梨県「富士吉田水素発電所」の起工式挙行のお知らせ

 
 イーレックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 本名 均)は、山梨県富士吉田市において建設を推進しております国内初水素専焼発電所の起工式を下記の通り執り行いましたので、お知らせいたします。

                                                                           記

 本水素専焼発電所は、Hydrogen Technology株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山本 泰弘)の水素の供給・保守技術とイーレックス株式会社の発電所運転、電力小売の知見を組合せ、安定的に水素専焼で発電を行い、電力小売りで活用するプロジェクトです。水素発電は、発電段階でCO2を排出しないため、脱炭素に寄与する電源として注目されております。水素の大量・安価・安定的な供給の課題、水素発電の課題、水素由来の電気の販売についての課題を抽出し、大型水素発電への展開を計画しております。

起工式の様子


 当日は、富士吉田市長をはじめ、水素発電事業の関係者など総勢30名程の皆様にご列席を頂き、工事の安全を祈願いたしました。
 富士吉田市長は「富士吉田市に商業運転として日本初の水素発電所の起工式を迎えられたこと、おめでとうございます。脱炭素社会を目指し、世界の課題に取り組んで参りたい。」との祝賀をいただきました。
 また、イーレックス株式会社 代表取締役社長 本名 均は「本プロジェットは、国内外におけるクリーンエネルギーを活用した事業を積極的に推進することで、地球温暖化の防止と循環型社会の形成に貢献して参ります。近い将来、大型の水素発電所の開発も目指して参ります。」と述べました。

 今後も、国内外におけるクリーンエネルギーを活用した事業を積極的に推進する事で、地球温暖化の防止と、脱炭素社会の実現に向けて貢献して参ります。

 

【富士吉田水素発電所概要】

 

                                   
                                                                                                                     以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イーレックス株式会社 >
  3. 山梨県「富士吉田水素発電所」の起工式を実施