鎌倉市がスーパーシティ構想の連携事業者に株式会社リーバーを採択

神奈川県鎌倉市が推進する「鎌倉市スーパーシティ構想」において、株式会社リーバー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊⼀郎)が連携事業者に採択されました。医療分野の広範な課題解決に向けて、遠隔医療相談アプリ「リーバー」で得られた知⾒を活⽤し、鎌倉市のスーパーシティ型国家戦略特別区域への指定に向けて協⼒していきます。

 

鎌倉市スーパーシティ構想は、内閣府の「スーパーシティ型国家戦略特区」の指定取得へ向けた鎌倉市の取り組みです。全国的に見ても少子高齢化が顕著である同市を対象に、先端技術を活かして地域の様々な社会課題の解決を⽬指すものです。今回、株式会社リーバーでは重点分野である健康・医療に関して遠隔医療相談アプリ「リーバー」、およびデジタル健康観察表「LEBER for School」で得られた知⾒を活⽤し、鎌倉市のスーパーシティ型国家戦略特別区域への指定に向けて協⼒していきます。

連携事業者公募の結果(鎌倉市HP)
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/seisaku-souzou/super.html

■株式会社リーバーについて
株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2⽉に遠隔医療相談サービスを⾏う⽬的にて創⽴されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての⼈々に適切な医療が⾏き渡るよう努めています。
〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市⾼野1155-2
代表者:伊藤俊⼀郎
設⽴:2017年2⽉
URL:https://www.leber.jp
事業内容:アプリの企画・開発・運営

<この記事に関するお問い合わせ>
メールアドレス:info@leber.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リーバー >
  3. 鎌倉市がスーパーシティ構想の連携事業者に株式会社リーバーを採択