ルクセンブルク大公国を代表するワイナリーベルナール・マッサール社の100周年記念クレマン※

日本では7月7日よりリンベルECサイトにて限定一部独占販売

リンベル株式会社(以下リンベル、本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林 秀典)は、7月7日よりリンベルWEBサイトにてルクセンブルクワイン、クレマン・ド・ルクセンブルクの販売を開始いたします。                  ※クレマン:シャンパーニュと同じ製法で作られるスパークリングワイン

 

​今回販売するのは、クレマン・ド・ルクセンブルク《キュヴェ1921》 《キュヴェ・プレスティージュ》の2種。2021年に100周年を迎えるルクセンブルク大公国を代表するワイナリー、ベルナール・マッサール社100年の感動と家族の歴史を記念する、特別なクレマンです。


原料にはベルナール・マッサール社所有のブドウ畑から採れる、最高のブドウだけを使用。一般的なクレマンが9ヶ月なのに対し、3年という長い醸造期間を経て生み出された、ベルナール・マッサールの技術と努力の結晶ともいえるワインです。そんな逸品を、100周年限定ラベルと限定ボックスでお届けします。《キュヴェ・プレスティージュ》に関しては日本での取り扱いはリンベルだけです。

商品特長
AOP(保護原産地呼称)の称号を得たルクセンブルク・モーゼルのクレマンとして、手摘みしたブドウを丸ごとプレスするなど、規定を忠実に遵守。一部の醸造には泡の除去にも伝統方式を採用しています。ブレンドした後、ワイン・酵母・糖を混ぜたリキュールを加え、瓶詰を行います。瓶内での発酵によりワインを発泡性にし、長期に渡って醸造した後に、酵母の残りかすを除去。仕上げに、香りづけのためのリキュール・デクスペディション(門出のリキュール)と呼ばれる少量のリキュールを加え、完成させました。

《キュヴェ1921》は、黄金色の輝きとクリアできめ細かい泡が特徴的な清涼感あふれるスパークリングで、桃や白い花、蜂蜜などの強い香りに、口に含むと洋ナシやリンゴのようなフレッシュな果実感があります。余韻の最後は爽快感があり、非常に心地の良い微かな酸味が感じられます。お祝い事など、大切な日のスタートを食前酒として華やかに演出するワインです。適温は5~7℃で、薄味の料理に良く合います。醸造から3年以内が飲み頃です。

《キュヴェ・プレスティージュ》は非常に豊かでタンニンがしっかりとしたワイン。印象的な深みや花の豊かな香り、みずみずしい洋ナシや赤い小さな実のフルーツ、レモンクリームの清々しい香りも感じられます。味わいは心地良いボリューム感とエレガントさを兼ね備え、微かに感じられるレモンと程よいアルコールが、このクレマンを類稀な一品にしています。的確な爽やかさを備えた、長く残る余韻が楽しめます。食前酒として、または魚の前菜と合わせるのもおすすめです。

リンベルのワインについて
リンベルがワインの輸入販売を始めたのは2009年。直輸入しているワインは東京・銀座のフレンチレストラン「アルバス」のオーナーソムリエの仲田勝男氏に認められたもののみを厳選。年々その種類を増やし、2016年には欧州6ヵ国から直輸入したワイン専門のカタログギフト「リンベル ワインカタログギフト」を発売しました。これに合わせてリンベルの山形の物流拠点に10万本の貯蔵および出荷が可能なワイン専用の定温倉庫を新設。多くの仲介業者や輸送業者を経ることによるワインの劣化を防ぐべく、独自の輸入ルートを開拓するとともに、徹底的な温度管理のもと、良質なワインの提供を実現しています。また、2014年からは女性が審査する国際的なワインコンペティションである「サクラアワード」に出品しており、毎年数種類が受賞しています。

ルクセンブルク大公国について
ルクセンブルク大公国(通称ルクセンブルク)は、西ヨーロッパに位置する大公国家。フランス、ベルギー、ドイツに囲まれており、面積は南北82km、東西57km程度の小国で、人口は約62万人。20年以上も1人当たりのGDPが世界第1位であり、世界屈指の富裕国としても有名です。

ルクセンブルクワインについて
ルクセンブルクはフランス、ベルギー、ドイツに囲まれた小国ながら、国民1人あたりのワイン消費量は世界2位の多さを誇ります。しかし、ルクセンブルクで生産されているワインの大半を、周辺国への輸出と自国での消費が占めており日本への輸出量は少ないため、知る人ぞ知るワインでもあります。

ルクセンブルクのワイン造りの歴史は古代ローマ時代にまで遡り、2000年以上の長い歴史をもつ伝統的なワイン産地です。ブドウが栽培されているのは、ドイツとの国境になっているモーゼル川の西側のみで、フランスと国境を接するシェンゲンの村から、南北42キロの国道がワイン街道と呼ばれるワインの産地になっています。ワイン街道にはおよそ340のブドウ栽培農家と60のワイナリーがあります。

ルクセンブルクのワインは、冷涼な産地ということもあり、スパークリングワインと白ワインが主です。隣国であるフランスとドイツの食文化の影響を強く受けており、美食の国としても知られ、ワインもフランスとドイツの影響を受けた味わいの高品質なワインが生産されています。

ベルナール・マッサールとは

 

ベルナール・マッサール社のワインのキャップシールには、ルクセンブルク大公宮殿御用達を意味するエンブレムが入っています。ベルナール・マッサール社のワインのキャップシールには、ルクセンブルク大公宮殿御用達を意味するエンブレムが入っています。

ルクセンブルクで5世代に渡り継承される家族経営のワイナリー。1931年にはルクセンブルク大公国宮御用達となり、ルクセンブルクを代表するワイナリーのひとつとして高品質なワイン造りを行っています。設立者であるジャン=ベルナール・マッサール氏は、フランス・シャンパーニュ地方での経験を基に、ルクセンブルクに自身の名を冠したカーブ(貯蔵庫)を設立。その当時から今日に至るまで、ワイン造りに情熱を注ぐオーナー一家の手により、上質なスティルワインと発泡性ワインを世に送り出しています。

 

 


ルクセンブルク大使 ピエール・フェリング氏 コメント
ルクセンブルクの民間ワイナリー最大手であるベルナール・マッサールの創立100周年を心よりお祝いします。今回、記念ワインであるキュヴェ1921が日本に輸入されるので、私も祝杯を上げたいと思います。同社は日本にて30年以上の実績がありますが、今後も日本の食卓の洗練されたパートナーであり続けることを願っております。

■商品概要

 

クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ1921》クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ1921》

商品名 : クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ1921》
品種 : シャルドネ、ピノ・ノアール、リースリング、ピノ・ブラン、ピノ・グリ
成分 : アルコール度% vol: 12.0
残糖度;g/l: 9.1
総酸度;g/l H2SO4 : 4.2
販売期間 : 2021年7月7日~2021年12月末(予定)
内容量 : 750ml
販売価格 : 3,960円(税込) ※ギフトBOX入り、ECサイト限定先行販売
限定数 : 300本
 

 

 

クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ・プレスティージュ》クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ・プレスティージュ》

商品名 : クレマン・ド・ルクセンブルグ《キュヴェ・プレスティージュ》
品種 : シャルドネ、ピノ・ノアール
成分 : アルコール度% vol: 12.0
残糖度;g/l: 9.1
総酸度;g/l H2SO4 : 4.2
販売期間 : 2021年7月7日より予約受付開始(お届けは秋頃を予定)
内容量 : 750ml
販売価格 : 8,250円(税込) ※ギフトBOX入り
限定数 : 120本(予定)

商品紹介のリーフレット(日本語版)もご用意しています。


■取り扱い
リンベル公式ECサイト(https://www.ringbell.co.jp/
リンベルカタログギフトへの掲載

■会社概要
商号 : リンベル株式会社
代表者 : 東海林 秀典
本社所在地 : 東京都中央区日本橋3丁目13番6号
設立年月日 : 1987年7月3日
資本金 : 354,467,500円
事業内容 : ギフトの企画・販売、卸売業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンベル株式会社 >
  3. ルクセンブルク大公国を代表するワイナリーベルナール・マッサール社の100周年記念クレマン※