【神戸ポートピアホテル】2022年夏、本館屋上に展望デッキを新オープン!

地上約110mから眺める神戸の街、夜は1000万ドルの夜景を

神戸ポートピアホテルは2022年の夏、ホテル本館の屋上に屋外型の展望施設を新たにオープンいたします。神戸の街並みを海・山・空とともに一望する地上約110mの屋外展望施設を設けることにより、神戸の観光資源を掘り起こし、地域発展に貢献してまいります。

株式会社神戸ポートピアホテル(神戸市中央区、総支配人 伊藤 剛)は、2022年の夏、ホテル本館の屋上に屋外型の展望施設を新たにオープンいたします。神戸の街、六甲山系を一望できるスポットとして神戸観光の魅力創出につなげてまいります。

屋上展望デッキ(夜)イメージパース屋上展望デッキ(夜)イメージパース

ポートピアホテル本館の屋上は地上から約110mの高さにあたり、現在はゲスト用には使用されていないこの屋上に、安全に眺望を愉しめる展望デッキを設置いたします。オープンエアの展望施設は東西南北360度のパノラマビューで、ポートタワーやメリケンパークなどのウォーターフロントエリア、六甲山系、神戸空港、淡路島や明石海峡大橋、大阪湾や紀淡海峡を見渡すことができ、夜には1,000万ドルと称される夜景をご覧いただけます。床面のウッドデッキにより、まるで大きな船の甲板にいるような気分を味わえ、非日常のエモーショナルなひとときをお過ごしいただけます。
 

ポートアイランドは海に囲まれたロケーションで、神戸の街並みを海・山・空とともに一望できます。この感動的な眺めを、地上約110mの屋外から眺められるのは唯一この場所だけとなります。都会の喧騒から離れたポートアイランドに新たなスポットを設けることにより、人の流れを創出し、地域の活性化、神戸夜景という観光資源を掘り起こし、神戸の発展に貢献してまいります。

施設名称 :屋上テラス ソラフネKOBE(仮)

オープン予定:2022年8月頃
 

ホテル本館と展望デッキの場所ホテル本館と展望デッキの場所

屋上展望デッキ(昼)イメージパース屋上展望デッキ(昼)イメージパース

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社神戸ポートピアホテル >
  3. 【神戸ポートピアホテル】2022年夏、本館屋上に展望デッキを新オープン!