アクセサリーパーツブランド「PARTS CLUB」が、東京モード学園にてオンラインケーススタディとコンテストを実施

「PARTS CLUB」が専門学校との取り組みで、未来のアパレル業界人材育成を目指す

ビーズやアクセサリーパーツなどの企画・製造・販売をする株式会社エンドレス(本社:東京都台東区、代表:代表取締役 蕭(しょう)易風(えきふう))が運営する「PARTS CLUB (パーツクラブ)」は、未来のアパレル業界人材育成の一環として、自社のリサイクルビーズを提供し、2021年2月10日(水)に専門学校 東京モード学園にて自社主催となるケーススタディとコンテストを実施しました。PARTS CLUBの東京モード学園との取り組みは、2019年に続き今回で2回目の実施となります。

 

講義受講の様子講義受講の様子

 

 
  • ケーススタディとビーズの基本技法をオンラインでレクチャー
今回ケーススタディ実施の一番の狙いは、将来のアパレル業界・アクセサリー業界を担うであろう専門学校生への直接的な支援です。

はじめに、自社アクセサリーパーツ専門店「PARTS CLUB」の商品ヒストリー(商品の企画・製造・検品・販売までの一連ものづくりの流れ)の説明から始まり、現在アパレル業界が深刻に抱える在庫問題や環境への配慮等を知ってもらう為の講演を実施しました。

次に自社企画デザイナーによる、ヤットコやニッパーなどの道具を使用したビーズの基本技法をレクチャー。
近年DIY業界で人気を集める、UV/LEDライトを照射し樹脂を固めて制作をする「レジンアクセサリー」についての基礎知識も紹介をしました。

従来であれば、スタッフが生徒と対面し個別の技術指導も行いますが、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクが続いていることを鑑み、関係者の健康面を考慮して、オンラインでのケーススタディおよび実技指導を行いました。

9ピン・Tピンを使用したビーズの基本技法の実技9ピン・Tピンを使用したビーズの基本技法の実技

 

 
  • リサイクルビーズの寄付、作品制作をコンテスト形式で実施
今回、自社が在庫として持つリサイクルビーズ(規格外品)を寄付し、イヤーアクセサリー制作の課題をコンテスト形式で提案しました。

授業の受講者約80名が、作品とコンセプトシートを提出しコンテストに参加。
厳正な審査の結果、10点の受賞作品を決定、3月8日(月)には、オンラインで授賞式の開催と作品講評を実施しました。
受賞者には賞品としてPARTS CLUB onlineで利用できるクーポンを贈呈。
さらに最優秀賞受賞作品は、フォロワー約16万人を抱えるPARTS CLUB公式インスタグラム(https://www.instagram.com/partsclub_official/)にて投稿・紹介を行います。


以下、最優秀賞を受賞した作品をご紹介します。



◆最優秀賞◆
作品名:Holo i moa(前向きに)
制作者:吞澤 咲楽(のみさわ さくら)さん
学科:スタイリスト学科

<作品コンセプト>
南国のイメージをアクセサリーに起こしました。
左は、ヤシの木をモチーフにしたデザインでシルエットをストレートにすることですっきりとした印象を与え
右は、白いハイビスカスと太陽を掛け合わせたデザインで華やかで明るい印象にしました。
したたかで華やかなデザインから、どんな困難があっても前を向けるような女性に着用してもらいたく
「Holo i moa(前向きに)」というテーマにいたしました。

<講評>
”Holo I moa(前向きに)”という、時流にマッチしているテーマに惹かれました。
テーマをアクセサリーで大変上手に表現されており、華やかで素敵な作品です。
アシンメトリーなデザインながら、バランスが良く上手にまとまっています。



◆優秀賞◆ 3名
吉澤 凌 さん(ファッションビジネス学科)
ジョ  イビン さん(ファッションビジネス学科)
廣村 唯 さん(スタイリスト学科)

◆佳作◆ 6名
渡邉 優香 さん(スタイリスト学科)
久米田 香織 さん(スタイリスト学科)
外間 寧々 さん(スタイリスト学科)
木原 有彩 さん(スタイリスト学科)
リ サイゼン さん(スタイリスト学科)
仕子 朱音 さん(ファッションビジネス学科)
 
  • PARTS CLUB / 会社概要

 


ビーズ・アクセサリーパーツショップのPARTS CLUBでは「アクセサリーをつくる楽しさと身に着ける喜びを世界中の方に届けたい」というスローガンのもと、ビーズやアクセサリーパーツ、キットを展開・販売しています。

全国に約90店を展開するPARTS CLUB店内の手作りスペースでは、アクセサリー製作の技術を持つスタッフが講師を務める「手作り教室」や、アクセサリー作家講師を招いた「講習会」を定期的に開催中。
ハンドメイド作家さまの他、お子様からご年配の方まで、老若男女幅広い層のお客様がご来店されるのも『PARTS CLUB』の特徴です。

2020年4月には新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足やステイホームの状況を踏まえ、既存のアクセサリーの枠にとらわれず、新たに布製のマスクや手作りマスクキット、マスク関連商品(ガーゼ・マスクゴム・ノーズワイヤー等)の販売に踏み切りました。 (同年7月より、姉妹ブランド「MASK CLUB」として展開中。)


公式サイト・SNS

◆PARTS CLUB(オンラインストア)  https://www.partsclub.jp/

◆PARTS CLUB twitter  https://twitter.com/partsclubonline

◆PARTS CLUB facebook  https://www.facebook.com/partsclub

◆PARTS CLUB Instagram  https://www.instagram.com/partsclub_official/

 

JR総武線 浅草橋駅 東口から徒歩30秒のパーツクラブ本店JR総武線 浅草橋駅 東口から徒歩30秒のパーツクラブ本店

本店の売場面積と商品数(約6万点以上)は世界トップレベル本店の売場面積と商品数(約6万点以上)は世界トップレベル


 

社名 株式会社エンドレス
代表取締役 蕭 易風(しょう えきふう)
設立 平成13年7月9日
事業内容 アクセサリーパーツ類の製造
ビーズ全般・マスク関連商品の小売・卸販売
ビーズ・アクセサリー・マスク店舗の運営
資本金 4,000万円
住所 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-20-1 エンドレスビル
TEL<代表> 03-5821-7482


 

  • 専門学校 東京モード学園

新宿(西口)駅前、徒歩3分。東京モード学園はファッションからインテリア、グラフィック、美容業界まで、ひとり1人の個性を見つけ伸ばし、即戦力となるプロを育成する専門学校です。
ひとり1人を希望する業界のプロへと導く業界直結のカリキュラムで、14年連続※希望者就職率100%を達成。「就職」と「美容師の国家資格」を保証する2大保証制度と生涯バックアップシステムは自信の証明です。
(※2007年度以降の実績です。)

https://www.mode.ac.jp/tokyo

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エンドレス >
  3. アクセサリーパーツブランド「PARTS CLUB」が、東京モード学園にてオンラインケーススタディとコンテストを実施