イセトー、Verse環境におけるメール誤送信対策として、「SPC Mailエスティー」を導入

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、株式会社イセトー(以下、イセトー)が、メールシステムをVerseに移行した際のメール誤送信対策として、ソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」を導入したことを発表します。
イセトーでは、従来、メール送信時の添付ファイルの暗号化や、上司のアドレスを追加する作業を、従業員が手作業で実施していました。しかし、ミスや漏れといったヒューマンエラーによって、重大なセキュリティインシデントを引き起こす可能性があり、メール送信時のセキュリティポリシーを漏れなく、確実に適用するため、システムによる自動化を検討していました。

メールシステムをNotesメールからVerseへと刷新するにあたり、この環境に対応したクラウドメール誤送信対策を検討した結果、以下のポイントが評価され、「SPC Mailエスティー」が選定されました。

・Verseに対応している
・コストパフォーマンスが優れている
・運用負荷の少ないクラウドサービスとして利用可能である
・イセトーの求める誤送信対策の機能を網羅している
・サポート体制が整っている

導入後は、ユーザーが強く意識をしなくても自然とセキュリティポリシーが確実に適用され、情報漏えいなどの不正行為に対する抑止効果、さらには、万が一メールによる漏えいが発生した際にも迅速に追跡・確認できるようになりました。

ソースポッドでは、VerseをはじめとするOffice 365やG Suiteなどのクラウド環境だけでなく、オンプレミスやホスティング環境などのあらゆるメールシステムをご利用のお客様向けに、高機能のメール誤送信対策を「手軽に・すぐに・リーズナブルに」提供することで、企業や法人のメールによる情報漏えいの削減・メールコンプライアンスの強化を支援してまいります。

■イセトー導入事例掲載ページ
https://www.source-pod.co.jp/case/entry/20190729.html

■「SPC Mailエスティー」について
クラウドメール誤送信・情報漏えい対策「SPC Mailエスティー」の詳細については、下記を参照ください。
https://www.source-pod.co.jp/service/cloud/st/

■株式会社イセトーについて
印刷事業を中核に、金融機関や官公庁をはじめとする顧客へのメーリングサービスやエントリー業務、コールセンター業務、Webサービスなどを組み合わせて、各種BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスをワンストップで提供。和洋紙の卸問屋として江戸末期1855年の創業以来、「紙」を事業の基盤に、絶えず変革を繰り返しながら、現在ではクラウド環境を利用したパーソナル動画サービスなど、印刷業界という枠にとらわれることなく事業を展開するICT技術を活用した新たな事業領域も積極的に展開しています。
https://www.iseto.co.jp

■株式会社ソースポッドについて
ソースポッドは、メールシステムに特化したプロフェッショナル集団です。「お客様のご要件を100%+α満たす」メールシステムを追求し、主にクラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションなどの事業を展開しています。
https://www.source-pod.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社ソースポッド 営業部
担当:小松田/関本/山口
TEL:03-5213-4842
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソースポッド >
  3. イセトー、Verse環境におけるメール誤送信対策として、「SPC Mailエスティー」を導入