LEXUS初のブランド体験型施設「LEXUS(レクサス) MEETS(ミーツ)…」にて“東大王によるクイズ勉強法” “昆虫ブームの仕掛け人と行く23区採集ドライブ”

夏休みに親子で学ぶ・絆が深まる唯一無二のアカデミックな体験 「LEXUS AMAZING SUMMER LABO(レクサスアメージングサマーラボ)」を開催

LEXUSの世界観を体験できる新たなブランド体験型施設「LEXUS MEETS...」では、新たな特別体験型試乗イベントとして、親子の時間が増える夏休みに、親子の絆が深まる唯一無二のアカデミックな親子体験「LEXUS AMAZING SUMMER LABO」を開催します。
「親子揃って楽しみながら、知識を探求する」をコンセプトに実施する今回のゲストは2組。現役の東京大学の医学部生かつクイズ番組でも活躍されている水上颯さんを招いた「受験でも使える 究極のインプット・アウトプット方法」。そして、昆虫博士として子どもに大人気で、発行部数が累計14万部の「昆虫はすごい」を執筆した九州大学総合研究博物館助教の丸山宗利さんと、現代の鳥獣戯画と言われ、昆虫のゆるふわな絵や漫画が大人気で、20万人のSNSフォロワー数を誇るじゅえき太郎さんの、昆虫界の2大巨頭が送る「生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険」となります。LEXUS MEETS...内でのトークショーに加え、限定で有識者と共にLEXUSに乗り、東京都内でフィールドワークを行う特別な試乗体験をご用意します。この体験を通じて親子で学び・絆を深めつつ、より深い知識の探求や夏休みの宿題である自由研究に活用ください。

「LEXUS MEETS...」は、2018年3月29日(木)にオープンし、LEXUSに「出会う、触れる、乗る」をテーマに、全てのお客様が気軽に訪れることができ、LEXUS車の魅力とブランドの世界観を様々なかたちで体験することで、LEXUSをより身近に感じていただくことを目的としたブランド体験型施設です。
LEXUSは、唯一無二の驚きと感動の体験を提供し、より多くのお客様に応援いただけるよう、これからもチャレンジを続けて参ります。日本発のラグジュアリーライフスタイルブランドを目指すLEXUSの世界を体現した「LEXUS MEETS…」にご期待ください。

 

 



<開催概要>
■イベント名
LEXUS AMAZING SUMMER LABO(レクサス アメージング サマー ラボ)

■開催日時
①受験でも使える 究極のインプット・アウトプット方法
・8月23日(木):トークショー:13:00~14:30/特別試乗体験:15:15~17:15
②生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険
・8月25日(土):トークショー:15:00~16:30/特別試乗体験:17:15~19:15

■集合・解散場所
LEXUS MEETS...(東京ミッドタウン日比谷)

■募集人数
・トークショー:各日15組30名
・特別試乗体験:
①受験でも使える 究極のインプット・アウトプット方法
⇒1組2名
②生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険 
⇒2組4名


※トークショーは先着順になります。11時より、整理券を配布させていただきます。
※開場はトークショー開始の30分前に実施します。
※特別試乗体験は当日抽選とさせていただきます。
※小学生のお子様と、その親御様の1組2名を対象としたイベントの為、それらの方にお席をご案内させていただきます。ご了承ください。
※②生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険では、実際に昆虫スポットに向かうために虫刺され対策として、長袖、長ズボンを着用ください。


■使用車両
①受験でも使える 究極のインプット・アウトプット方法
⇒LEXUS RX450h
②生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険 
⇒LEXUS RX450h、IS300h

※使用する車両は変更となる可能性がございます

■詳細ページ
https://lexustokyo.jp/lexusmeets
※詳細は上記webページをご覧ください。

■コース内容と有識者の紹介
<受験でも使える 究極のインプット・アウトプット方法>
日程:8/23(木) トークショー:13:00~14:30/特別試乗体験:15:15~17:15
有識者:水上颯

現役東京大学の医学部生で、クイズ王として話題の水上颯さんによるトークショーと特別試乗体験を実施。
トークショー内では、インプットとアウトプットの究極形であるクイズの作り方を実際に水上さんと共に学びます。受験勉強でも使える現役東京大学生が教える知識の吸収方法から、その知識を応用して、クイズとしてアウトプットする方法、最後には実際に作成したクイズを活用した水上さんとのクイズ対決を実施します。特別体験試乗では、実践編として水上さんと共に、東京都内のフィールドワークを行い、知識を吸収しながらクイズの作成を実施します。
お題は本年は平成最後の夏のため、平成史として、平成に関係のあるスポットを巡り知識の探求を行います。

<水上颯(みずかみ そう)プロフィール>
1995年8月19日山梨県生まれの現職の東京大学医学部生。東京大学クイズ研究会の会員や、伊沢拓司が編集長を務めるwebメディア「QuizKnock」のライターとしても活躍中。知能だけでなく、端正な顔立ちから「東大医学部のプリンス」とも呼ばれ、女性の人気も高く、卓球では甲府市優勝経験を持つ。今、メディアや講演会にひっぱりだこで大人気のまさに非の打ち所がない天才現役東大生!

<生物多様性と環境問題 東京23区内から消えた昆虫を巡る冒険>
日程:8月25日(土):トークショー:15:00~16:30/特別試乗体験:17:15~19:15
有識者:丸山宗利、じゅえき太郎

昆虫博士として、子どもに大人気かつ、発行部数が累計14万部の「昆虫はすごい」を執筆した 九州大学総合研究博物館助教である丸山宗利さんと、現代の鳥獣戯画と言われ、昆虫のゆるふわな絵や漫画が大人気でSNSのフォロワー数が20万人を超えるじゅえき太郎さんの昆虫界の2大巨頭が送るプレミアムなトークショーと特別な試乗体験を実施します。開発が進み昆虫が少なくなったと思われる東京23区内ですが、実はまだまだ、昆虫が多く生息しています。トークショーでは、そんな昆虫を題材に、生物多様性と環境問題を学びつつ、23区内に住む昆虫の生態や生息地をお二人の講義を交え、楽しく学びます。特別試乗体験では、実際に多様性の現場を体験する企画として、昆虫学者がこぞって採取・観察に行くという23区内の秘密の昆虫スポットに出向きます。実際にフィールドワークを行い、カブトムシやクワガタを採取し、実物を見ながら生態を観察、研究します。

<丸山宗利(まるやま むねとし)プロフィール>
1974年生まれ、東京育ち。北海道大学大学院農学研究科博士課程を卒業。国立科学博物館、シカゴのフィールド自然史博物館研究員を経て、現在は九州大学総合研究博物館の助教となる。専門はアリと共生する昆虫。子どもから大人まで、大人気の昆虫学者として、メディアや講演会にひっぱりだこになっている。2014年に発売された著書「昆虫はすごい」は、発行部数が累計14万部を超えるベストセラーとなった。他にも著書の「昆虫こわい」や「きらめく昆虫図鑑」は人気の昆虫本として、子どもから大人まで読まれている。最近では、国立科学博物館の大規模特別展「昆虫」の監修を行う。また、今年の7月には洞窟で一生を暮らす「洞窟性アリ」を日本で初めて発見し、世界でも2例目という世界的な大発見をした。

<じゅえき太郎プロフィール>
イラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選作家。身近な虫をモチーフに様々な作品を制作している。
SNSで大人気のイラスト投稿アカウントの「ゆるふわ昆虫図鑑」で一躍有名に。今では、SNSの総フォロワー数は20万人を超える。擬人化され、顔がついている昆虫達の思わず「クスッ」と笑える日常が面白い、可愛いと男性だけでなく女性のフォロワーも多い。昆虫博士の丸山宗利さんとの共著の「昆虫戯画びっくり雑学事典」では、写真を一切使わず、全ての虫がイラストで描かれているため、昆虫が苦手な女性や子どもも楽しく昆虫に触れられると大絶賛の声がSNS上であがっている。最近では、国立科学博物館の大規模特別展「昆虫」の会場mapのイラストを担当。他にも著書に「ゆるふわ昆虫図鑑 気持ちがゆる~くなる虫ライフ」(宝島社)「じゅえき太郎の昆虫採集ぬり絵」(KADOKAWA)、「じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科」(実業之日本社)がある。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LEXUS PR事務局 >
  3. LEXUS初のブランド体験型施設「LEXUS(レクサス) MEETS(ミーツ)…」にて“東大王によるクイズ勉強法” “昆虫ブームの仕掛け人と行く23区採集ドライブ”