Arm、半導体関連スタートアップ企業を支援する新プログラムを発表

世界で最も広範に使用されるチップ設計へのアクセスを無償で提供

英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)は、好評を博しているArm Flexible Accessプログラムを発展させた、「Arm® Flexible Access for Startups」の提供開始を発表しました。この新たな取り組みは、初期段階の半導体関連スタートアップ企業を対象としたもので、業界をリードするArmの膨大なIPへのアクセスを無償提供すると同時に、グローバルなサポートとトレーニングのリソースも提供します。これによりスタートアップ企業は、半導体の商用生産とビジネス拡大への道のりを歩み始めることが可能となります。

発表の概要:
  • 新プログラム「Arm Flexible Access for Startups」の提供により、世界で定評のある広範なArm IP、各種ツール、トレーニングを無償提供し、半導体設計における実験や評価、試作をフルサポート
  • 新プログラムとArmエコシステムを活用することで、リスクを抑えつつ、市場投入までの期間を6~12カ月短縮可能に
  • 半導体スタートアップを専門とするインキュベーター企業であるSilicon Catalyst社と協業

Armのオートモーティブ/IoT事業部門シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるディプティ・ヴァチャーニ(Dipti Vachani)は、次のように述べています。「今日の厳しいビジネス環境では、イノベーションをいかに実現できるかが成否を分ける鍵となります。素晴らしいアイデアを持つスタートアップ企業にとって今まで以上に必要なのは、成功と規模の拡大に向けた、最もスピーディかつ信頼できる道のりです。Arm Flexible Access for Startupsは、半導体分野への新規参入を目指す企業にとって、実用に向けた試作を行う上での迅速かつコスト効率に優れた手段となり、今後の資金調達に関して投資家からの信頼を獲得する上でも有効です」

Arm Flexible Access for Startupsにより、初期段階の半導体スタートアップは広範なArm IPに無償でアクセスし、製品開発サイクル全体にわたってさまざまなArmソリューションを活用しながら、半導体設計における実験や評価、試作を行えるようになります。Armでは、最大500万ドルの資金を獲得しているスタートアップ企業を「初期段階(アーリーステージ)」と定義しています。こうした基準を満たすスタートアップ企業は、Arm Cortex®-A/-R/-Mプロセッサファミリー、一部のArm Mali™ GPU、ISP、その他の基本的なSoCのビルディングブロックを含む、Armベース・プロセッサの広範なIPポートフォリオを利用できます。さらに、スタートアップ企業の社内のスキルや経験を補うものとして、半導体デバイス設計やソフトウェア開発、サポート、トレーニング、ツールなどを提供するArmの包括的なエコシステムも活用できます。

Semico Research社によるレポート(*1)が示した新たな知見からも明らかな通り、エッジAI、自動運転車、IoTなどの分野で新たなユースケースが登場しており、新世代の半導体スタートアップの勢いが高まっています。本レポートの主な内容は以下の通りです。
  • 2016年から2019年にかけて、調達資金は10倍に上昇。半導体スタートアップの過去5年間の調達資金は、総額13億米ドルを上回ります。
  • 過去5年間で誕生したスタートアップ企業の3分の1以上は、自動車業界をターゲットとしており、さらに3分の1はIoTアプリケーションに関連しています。
  • 重要な課題として、半導体スタートアップが有する小規模なエンジニアリング・チームは、SoC設計の複雑化に直面しており、多様化の進む顧客と市場からの要件に対して、可能な限り短期間で対応する必要があります。
  • 市場投入の時期を逸することは、成功と失敗の分岐点となる可能性があります。スピードと高いコスト効果を維持しつつ、自社製品を概念実証(PoC)段階からその先の段階へと進めるにあたって、迅速かつ低コスト、堅牢な製品開発を実現する強力なエコシステムの存在は、企業にとって大きな頼りとなります。
*1) Armの委託による調査レポートです。こちらよりご覧いただけます。
https://pages.arm.com/semicoreport.html

Arm Flexible Access for Startups導入の一環として、Armでは、半導体ソリューションの開発の迅速化を目指すスタートアップに特化したインキュベーター企業であるSilicon Catalystとの戦略的パートナーシップも発表しました。Silicon Catalystの投資企業は今後、ArmのIP、EDAツール、プロトタイプ・シリコンを無償で利用でき、事業立ち上げの重要な段階におけるコストを大幅に削減できます。

Arm Flexible Accessが期待を上回る成果を達成
昨年提供開始(*2)したArm Flexible Accessは、パートナー企業が年間利用料を支払うだけで広範なテクノロジー・ポートフォリオを直ちに利用できるプログラムとして、いち早く好評を博しており、本日の発表は、その成果を踏まえたものとなっています。プログラムの勢いは著しく、採用企業数は40社を上回り、IoT、エッジAI、自動運転車、医療用ウェアラブル端末などの分野を網羅しています。革新的な小規模企業とのパートナーシップに関しては、Armはすでに優れた実績を有します。AIチップ・ベンダーのHailo社や、ファブレス半導体企業のAtmosic社をはじめ、数百社もの顧客企業がArmテクノロジーを活用して大きな成功を収めています。今回の新プログラムは、新興の半導体スタートアップとのエンゲージメントをさらに推し進めるものです。
*2) https://www.arm.com/company/news/2019/07/arm-flexible-access

Armのオートモーティブ/IoT事業部門シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるディプティ・ヴァチャーニ(Dipti Vachani)によるブログ記事(*3)では、この新しい取り組みと、Armとスタートアップ企業とのこれまでの成功事例に関する詳細について解説しています。
*3) https://www.arm.com/blogs/blueprint/arm-flexible-access-for-startups

Arm Flexible Access for Startupsの対象となるArm IPの一覧は、こちら(*4)をご覧ください。
*4) https://www.arm.com/products/flexible-access/product

Armについて
Armのテクノロジーは、コンピューティングとデータによる革命の中心として、人々の暮らしや企業経営のあり方に変革を及ぼしています。そのエネルギー効率に優れた高度なプロセッサ設計は、1,600億個以上のチップを通してインテリジェントなコンピューティングを実現してきました。Armのテクノロジーは各種センサーからスマートフォン、スーパーコンピュータまで、さまざまな製品をセキュアにサポートしており、世界人口の70%以上に使用されています。さらに、このテクノロジーにIoTソフトウェアやデバイス管理プラットフォームを組み合わせ、顧客がコネクテッドデバイスからビジネス価値を生み出すことを可能にしています。Armは現在1,000社以上のテクノロジーパートナーとともに、チップからクラウドまで、演算が行われるあらゆる分野における設計、セキュリティ、管理を支える技術の最先端を担っています。

全ての情報は現状のまま提供されており、内容について表明および保証を行うものではありません。本資料は、内容を改変せず、出典を明記した上で自由に共有いただけます。ArmはArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。© 1995-2020 Arm Group.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アーム株式会社 >
  3. Arm、半導体関連スタートアップ企業を支援する新プログラムを発表