NTT-AT、ネットワーク通信の状況とセキュリティリスクを可視化する「セキュリティ可視化ソリューション」を提供開始!

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、ネットワーク通信の状況を把握し、セキュリティリスクを可視化する「セキュリティ可視化ソリューション」を、提供しています。
■サイバー攻撃に対する課題
近年、特定企業や組織、個人などをターゲットにしたサイバー攻撃が増加しており、企業の機密情報や個人情報が盗まれるなどのセキュリティ被害が増加しております。また、サイバー攻撃により企業や個人の情報が侵害されたことに気づかないまま、ネットワークを運用されるケースも多く、被害がより深刻化しております。

本ソリューションでは、パロアルトネットワークス株式会社の次世代ファイアウォールを一定期間、企業ネットワーク内に設置させていただきます。これにより、企業ネットワーク内のデータ通信を収集することで、ネットワーク上のアプリケーションや通信を可視化し、さらにセキュリティリスクにつながる通信を特定します。

■構成図


■調査の流れと調査内容
本ソリューションでは、以下の流れで調査を実施し、調査内容を報告します。
1.サービス内容のご説明
2.セキュリティデバイスの準備
3.現地設置
4.リスク分析レポート作成
5.レポート報告会
報告内容:
1.ネットワーク上の通信状況やアプリケーションを可視化
2.セキュリティリスクの洗い出し
3.対策案のご提案


■提供価格
・50万円~

■問い合わせ先
・以下のウェブサイトの「資料請求・お問い合わせ」からお問い合わせください。
https://www.ntt-at.co.jp/product/paloalto/


Palo Alto Networks、およびPalo Alto Networksロゴは米国およびその他の国におけるPalo Alto Networksの登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NTTアドバンステクノロジ株式会社 >
  3. NTT-AT、ネットワーク通信の状況とセキュリティリスクを可視化する「セキュリティ可視化ソリューション」を提供開始!