【三浦工業株式会社】新規開発の低NOxバーナを搭載した水素燃料ボイラが 全国初!東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器に認定 決定

 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社 本社 愛媛県松山市、代表取締役 宮内大介 は、 水素 燃料ボイラの低NOx仕様のバーナ開発にかねてより取り組んでまいりました。今回開発した低NOxバーナを搭載した水素燃料貫流ボイラ(SI-2000AS-H2A)が、全国の自治体で初めて水素燃料を使用する蒸気ボイラとして 2021年5月21日に開催された「東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器委員会」(※1)の認定審査を受け、新たな認定区分(グレード H)(※2)として認定されました。

▲水素燃料貫流蒸気ボイラ(SI-2000AS-H2A)▲水素燃料貫流蒸気ボイラ(SI-2000AS-H2A)

 

▲グレードHの認定証票▲グレードHの認定証票


 水素は燃焼時の生成物が水のみであることから、CO2 排出ゼロのクリーンエネルギーとして注目されています。2050 年の温暖化ガス排出量実質ゼロを目指す脱炭素社会の実現に向けて、水素は重要なエネルギーと位置付けられており、様々な分野での水素利活用が期待されています。弊社では2017 年からその一翼を担う機器として、広く熱源として利用されている貫流ボイラで日本初(※3) の100%水素燃料ボイラを製品化してまい
りました。


【開発の背景】
 現在、水素燃料ボイラの燃料は工場から出る副生水素が主流ですが、今後は太陽光発電等の再生可能エネルギーから水電解で製造した水素や、CCS(二酸化炭素回収貯留)を用い褐炭から製造する水素などのCO2フリーの水素利用でも需要が増加することが見込まれます。
 一方、今後の水素燃料ボイラの普及に向けては、環境規制の厳しい都市部においても設置可能な都市ガス燃料ボイラのNOx排出量と同レベルまで抑えられる低NOxバーナの開発が必須でした。
 その理由は水素の特性にあり、天然ガスやA重油と比べて燃料時の火炎温度が高く、サーマルNOxの発生量が多くなるという課題がありました。そこで、産業用貫流蒸気ボイラの主力容量にあたる相当蒸発量2000kg/hにおいて、東京都のガス燃料用蒸気ボイラ低NOx認定機器基準である50ppm以下を目標に低NOxバーナの開発を行いました。

 今回開発した低NOxバーナは、燃焼用空気を高速で噴出することで炉内の燃焼ガスを誘引し、燃焼反応を緩慢化させ、局所的な火炎の温度上昇を抑制することでNOxを低減しました。これにより全運転範囲においてNOx排出量を40ppm(O2=0%換算値)以下の大幅なNOx低減に成功しました。(特許出願中)

▲今回新たに開発したバーナのNOx排出量 従来機との比較▲今回新たに開発したバーナのNOx排出量 従来機との比較



  ミウラグループは「熱・水・環境の分野で、環境に優しい社会、きれいで快適な生活の創造に貢献します」という企業理念のもと、世界を舞台に省エネルギーと環境保全でお役に立つため、今後も水素エネルギーをはじめとする新たな技術を中心としたトータルソリューションビジネスを積極的に取り組んでまいります。

 以上

<関連ページ>
・2017/1/23:水素ボイラに関するリリース情報 https://www.miuraz.co.jp/news/newsrelease/2017/831.php

<注記>
※1. 小規模燃焼機器から排出される窒素酸化物(NOx)及び二酸化炭素(CO2)を削減するため、NOxとCO2の排出が少ない小規模燃焼機器の認定審査等について都が意見を聴取する機関(主催:東京都環境局)
※2. 東京都環境局HP 
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/air/air_pollution/torikumi/nox_co2/equipment_list.html


※3. 三浦工業調べ
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三浦工業株式会社 >
  3. 【三浦工業株式会社】新規開発の低NOxバーナを搭載した水素燃料ボイラが 全国初!東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器に認定 決定